PAGE TOP ↑
eJudo

ニュース・マッチレポート一覧

クルパレクに陽性反応、GSブダペストは出場できず

(2020年10月21日)


講道館杯、選手全員に検査実施

(2020年10月20日)


代表合宿再開、井上監督「チーム一丸で五輪へ」(井上康生監督コメント要旨)

(2020年10月17日)


講道館杯組み合わせ発表、男女14階級ひとこと評

(2020年10月16日)


東京都でコロナ下初の柔道大会実施、指導者5氏に聞く「これまで」と「これから」/東京都高等学校学年別柔道大会

(2020年10月10日)


3学年女子63kg級は五十嵐日菜がV/第70回東京都高等学校学年別柔道大会

(2020年10月5日)


新シーズン占う2年生男子の部は修徳が優勝、決勝は3-0の大差で国士舘下す/第70回東京都高等学校学年別柔道大会

(2020年10月5日)


東京都の「代替大会」は国士舘が優勝、決勝はライバル日体大荏原を振り切る/第70回東京都高等学校学年別柔道大会3年生男子団体試合

(2020年10月5日)


鍋倉那美が三井住友海上を退社

(2020年10月5日)


リネール国内大会で思わぬ敗退、主審の判定には苦言

(2020年10月4日)


57kg級芳田司も前向き、「準備期間が延びたことには、いいイメージしかない」

(2020年10月1日)


「1年後、もっと強い自分で挑戦出来る」63kg級代表田代未来が合同取材応じる

(2020年10月1日)


【連載】eJudoマンガ夜話 第6回 好評連載の強みと課題を徹底分析、ビッグ5に迫るには?「もういっぽん!」

(2020年9月29日)


大会支えた名張高・稲澤真人監督に聞く/名張高等学校柔道強化親睦大会

(2020年9月23日)


66kg級ワンマッチは12月11日が第1候補、国際大会派遣再開は年明けのワールドマスターズを検討/金野潤強化委員長談話

(2020年9月23日)


強豪集って区切りの大会開催、3年生の部は名張、新人カテゴリは崇徳が優勝飾る/名張高等学校柔道強化親睦大会

(2020年9月23日)


「開催信じて、出来ることに励む」永瀬貴規が合同取材に応じる

(2020年9月15日)


12・26から男女「全日本シリーズ」実施、会場は講道館大道場

(2020年9月14日)


アン・チャンリン ロングインタビュー③ 「試したことの多さこそ本番の武器、大野将平との6戦を振り返る」

(2020年9月8日)


「何があろうとブレずに」五輪代表新井千鶴が合同取材に応じる

(2020年9月7日)


アン・チャンリン ロングインタビュー②「必殺の一撃を突き詰める必要はない、プロセスとバリエーションがもっとも大事」

(2020年9月6日)


アン・チャンリン ロングインタビュー①「試合は『死合い』、木村政彦本を貪り読んだ中学時代」

(2020年9月3日)


五輪代表は個々に強化継続中、66kg級選考はGS東京中止ならワンマッチの決定戦実施

(2020年8月27日)


すそ野の拡大狙い初の「中長期基本計画」策定へ、学童保育への進出など視野

(2020年8月26日)


ナイダンがモンゴル五輪委会長に就任

(2020年8月19日)


IJFが国際大会再開の詳細規定発表、観客の有無には踏み込まず

(2020年8月19日)


講道館杯の規模は「全体で260名以下」、無観客試合の方針

(2020年8月17日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第104回

(2020年8月10日)


素根輝が環太平洋大を自主退学

(2020年8月2日)


【連載】eJudoマンガ夜話 第5回 高い画力が”小よく大を制す”ファンタジー支える、女子柔道マンガの最高峰!「YAWARA!」

(2020年7月29日)


「練習段階」一律の数値基準は撤廃の方向、講道館杯は従来通りの千葉開催に軌道修正

(2020年7月27日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第103回

(2020年7月27日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第102回

(2020年7月13日)


66kg級代表はGS東京中止でも年内決定の方針、ワンマッチ実施の可能性も

(2020年7月13日)


66kg級代表はGS東京で選考の方向、男女全日本選手権は12月末開催探る

(2020年7月2日)


【連載】eJudoマンガ夜話 第4回 描かれなかった金鷲旗とインターハイを妄想レポート!「帯をギュッとね!」(後編)

(2020年7月1日)


【連載】eJudoマンガ夜話 第3回 いまこそ読むべき、柔道界浮揚のヒントがここにある!「帯をギュッとね!」(前編)

(2020年6月29日)