PAGE TOP ↑
eJudo

強豪集って区切りの大会開催、3年生の部は名張、新人カテゴリは崇徳が優勝飾る/名張高等学校柔道強化親睦大会

(2020年9月23日)

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。
強豪集って区切りの大会開催、3年生の部は名張、新人カテゴリは崇徳が優勝飾る
名張高等学校柔道強化親睦大会
eJudo Photo
1部優勝の崇徳高
※写真は主催者提供

全国の強豪7校が集った名張高等学校柔道強化親睦大会が、19日から22日まで名張市武道交流館いきいき(三重県名張市)で行われ、2年生以下で競われる1部団体試合は崇徳高(広島)、3年生団体試合は地元・名張高(三重)が優勝を飾った。

7階級が行われた個人戦は90kg級で徳持英隼(崇徳高3年)が飯田恒星との同門決勝を制して優勝。100kg超級は藤本偉央(崇徳高2年)、100kg級は平見陸(天理高2年)と2年生の有望選手が優勝、73kg級はかつて全国小学生学年別大会を連覇した小幡礼希(天理高1年)が制した。

大会は21日と22日が試合、19日と22日には合同稽古が行われ、19日には東京五輪73kg級代表の大野将平(旭化成)が来訪。高校生に胸を貸して大いに大会を盛り上げた。

各カテゴリの結果と団体戦スコア、1部団体試合決勝の対戦詳細と崇徳高・加美富章監督のコメントは下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る