PAGE TOP ↑
eJudo

新シーズン占う2年生男子の部は修徳が優勝、決勝は3-0の大差で国士舘下す/第70回東京都高等学校学年別柔道大会

(2020年10月5日)

※ eJudoメルマガ版10月4日掲載記事より転載・編集しています。
新シーズン占う2年生男子の部は修徳が優勝、決勝は3-0の大差で国士舘下す/第70回東京都高等学校学年別柔道大会
eJudo Photo
決勝、大将戦で修徳高の濵田哲太が国士舘高・入来院大樹から背負投「技有」

コロナウイルス禍によって中止になったインターハイの東京都における「代替大会」となった第70回東京都高等学校学年別柔道大会(2020 Tokyo Thanks Match)が3日、東京武道館(足立区)で行われ、新シーズンを占う2年生男子団体試合(3人制点取り)は、修徳高が優勝した。

修徳は決勝で優勝候補筆頭の国士舘高と対戦。先鋒戦で新村隼也が金澤聡梧を背負投で投げ落して「ヘッドディフェンス」による反則負けを引き出すと、勝負どころとなった中堅戦では増山陽太が片襟の右背負投に左袖釣込腰と打点の高い担ぎ技を次々繰り出して「指導2」による勝利。これで試合を決めると、大将戦では濵田哲太が相手方のポイントゲッター入来院大樹から左背負投で「技有」奪取。そのまま抑え込んで合技「一本」、3-0の大差で優勝を決めた。

気迫と我慢、尽きぬ戦闘意欲に、機を見ての思い切った大技。久々このチームらしい、修徳イズムの溢れた戦いぶりだった。1年生に有力選手が揃う年ではあるが、無失点、それも国士舘を3-0で下すという今大会の戦果と内容はインパクト十分。全国の注目を集めるに足る戦いぶりだった。

成績上位者と修徳高・大森淳司監督のコメント、準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
表彰を受ける修徳高チーム

eJudo Photo
決勝、先鋒戦で新村隼也が背負投。金澤聡梧の「ヘッドディフエンス」を引き出す。

【成績上位者】
(エントリー44校)
優 勝:修徳高
準優勝:国士舘高
第三位:日体大荏原高、安田学園高

修徳高・大森淳司監督のコメント
「この学年は、中学時代に新人戦で勝ちながら、国士舘に敗れて全国中学校大会に出場出来なかった代。その悔しさを忘れず、本当によく頑張っています。決勝はこちらも驚く出来でした。(-修徳イズムが染みていました。どんな学年ですか?)自立した子たちですね。自分たちでミーティングをして、必要があると思えば『先生、あの練習は止めてください』『この練習の意図はなんですか』と当たり前に物申してくる。泥臭さ、一生懸命さが何より必要だと理解していることはもちろん、意識が非常に高い学年です。きょうも登録5人全員が出たい、自分こそが相手のエースと戦いたいと手を挙げて、オーダーを決めるのが大変でした。付属中から5年間続けている子たちと、高校から入って来た子たちが上手く噛み合って、とても仲がいい一方、練習になったら本当の喧嘩のような激しい稽古をする。メリハリがはっきりしていて、見ていて気持ちがいいです。全体的に体が小さいですし、まだまだ他のチームも強くなるとは思いますが、やれるのではないかと少しだけ自信になった大会でした。」

eJudo Photo
準々決勝、新村隼也が小外刈「技有」

eJudo Photo
準々決勝、増山陽太が巧みな動きから抑え込みに繋ぎ「一本」

eJudo Photo
準決勝、国士舘高の本郷優至が日体大荏原高・大吉諒から小内刈「技有」

eJudo Photo
準決勝、工藤泰樹が背負投「技有」

【準々決勝】

国士舘高1-0 明大中野高
(先)本郷優至×引分×阿出川遥紀
(中)入来院大樹×引分×林壮真
(大)金澤聡梧〇合技[隅落・横四方固]△小林輪音 

日体大荏原高 2-0 足立学園高
(先)日高輝海×引分×宮部正臣
(中)森勇晟〇合技(2:19)△北川拓実
(大)大吉諒〇合技(2:40)△天野武蔵

修徳高 3-0 杉並工高
(先)新村隼也〇合技[小外刈・横四方固](1:49)△桑原和俊
(中)増山陽太〇崩上四方固(1:13)△田中悠翔
(大)濵田哲太〇背負投(0:39)△桑原雅俊

安田学園高 ①-1 早稲田実業高
(先)進藤悠太郎×引分×中島竜生
(中)佐藤尚貴〇背負投(1:10)△池田尚悟
(大)小泉慶翔△優勢[僅差]〇鈴木尊輝

【準決勝】

国士舘高 1-0 日体大荏原高
(先)本郷優至〇優勢[技有・小内刈]△大吉諒
(中)入来院大樹×引分×森勇晟
(大)金澤聡梧×引分×日高輝海

修徳高 2-0 安田学園高
(先)工藤泰樹〇合技[背負投・崩上四方固](1:25)△進藤悠太郎
(中)新村隼也×引分×佐藤尚貴
(大)濵田哲太〇崩上四方固(1:27)△小泉慶翔

【決勝】

修徳高 3-0 国士舘高
(先)新村隼也〇反則[DH](1:48)△金澤聡梧
(中)増山陽太〇優勢[僅差]△吉田秀朝
(大)濵田哲太〇合技[背負投・崩袈裟固]△入来院大樹

※ eJudoメルマガ版10月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る