PAGE TOP ↑
eJudo

「開催信じて、出来ることに励む」永瀬貴規が合同取材に応じる

(2020年9月15日)

※ eJudoメルマガ版9月15日掲載記事より転載・編集しています。
「開催信じて、出来ることに励む」永瀬貴規が合同取材に応じる
eJudo Photo
オンラインで取材に応じた永瀬貴規

男子81kg級の東京五輪代表・永瀬貴規(旭化成)が15日、オンラインで報道陣の合同取材に応じた。

東京五輪の1年延期については「昨年まで足りなかった鍛錬期を貰った。この期間を有効活用したい」と前向きにコメント。「五輪開催が100パーセント決まったわけではないという見方もある」との質問には「開催されると信じ、いま出来ることに励んで照準を合わせるだけ」と冷静に応じていた。講道館杯(10月31日~11月1日)とグランドスラム東京(12月11日~13日)の出場については「特に考えていない。どの試合に出るかよりもまず稽古を積むことが最優先」とのこと。

永瀬選手のインタビュー要旨は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月15日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る