PAGE TOP ↑
eJudo

アン・チャンリン ロングインタビュー①「試合は『死合い』、木村政彦本を貪り読んだ中学時代」

(2020年9月3日)

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。
ロングインタビュー「世界王者アン・チャンリンの過去、現在、そしてこれから」(全3回)
第1回「試合は『死合い』、木村政彦本を貪り読んだ中学時代」
eJudo Photo
日本育ちの韓国代表、2018年バクー世界選手権の覇者アン・チャンリン。

2018年バクー世界選手権73kg級金メダリスト、アン・チャンリン(安昌林・韓国)選手のロングインタビューをお届けする。
皆さんは、この春街に貼られたアン選手のポスターを既にご覧になっただろうか。彼が中学生のときに「柔道ノート」に綴った言葉が前面に押し出された、あの迫力のポスターだ。曰く「俺が負ければ家族が泣く」「試合は『死合い』」「負けは死を意味し勝つことは生を意味する」「オーバーワークは一流選手だけが使う言葉」、「センスがなければ三倍努力」、そして「何がなんでも東京五輪で金メダルを獲る」。中学生にしてこの激しさ。日本で在日韓国人3世として育ち、学生王者まで上り詰めるものの国籍上代表を争う権利がなく韓国に渡って世界の頂点を極めたというアン。その密度の濃い出自と波乱の経歴が存分に感じられる、張り詰め切った文字の塊が続く。こう言っては何だが、今の日本のシステムではこういうハングリータイプの選手はちょっと育てられない。少なくとも中学生がこの台詞を吐くことはないだろう。日本の風土で育ち、韓国で成功を手にした彼はいったい何を考え、どう行動して世界の頂点に立つに至ったのか。その言葉、存分に堪能して頂きたい。

インタビューはコロナ下におけるアン選手の活動、日韓の柔道の違い、彼の得意技である背負投について、そしてライバル大野将平選手について(過去6戦をすべて振り返って頂いた)と多岐長時間にわたったが、日ごろ日本のメディアで紹介されることが意外に少ない彼のことを知ってもらうため、まずは彼の来歴を紹介するところから始めたい。時系列に沿って、小・中学校時代を振り返るところから始めさせて頂く。

(聞き手・古田英毅)

※インタビューは7月下旬にオンラインで行われました

*     *     *     *     *

―――新大久保に貼ってあったポスター、見せて頂きました!SNSで紹介したところ凄い反響でした。それにしても、ちょっと今の日本の中学生からはなかなか出てこない、テンションの高い言葉。凄い覚悟で生きていたんですね。

恥ずかしいです(笑)。小学生のときからかなり本を読んでいたんですけど、中学生になって何十回と読んでいたのが木村政彦さんの「わが柔道」、そして石井慧さんの「石井魂」なんです。常に2冊同時並行で本を読んでいて、1冊は好きな小説、もう1冊はこのうちどちらかを繰り返し読んでいるというのが日常でした。骨に染みこむほど読みました。なので、お気づきかもしれませんが、あのポスターの言葉はかなり木村政彦先生に影響されているんです。木村政彦先生の本が好きすぎて授業中もこっそり読んでいて、先生に「何読んでるんだ!」と見つかったことがあるんですが、「これです」と出したら叱られず、逆に褒められたという思い出があります(笑)。

―――先生のほうも、隠れて木村政彦本を読んでいる生徒はちょっと怖かったんじゃないですかね。叱りにくかったと思います(笑)。「三倍努力」の木村政彦さんに石井慧さんと、いずれも「努力」を押し出す方ですね。

もちろん井上康生先生や鈴木桂治先生は尊敬しているんですが、自分が小さい頃から好きだった選手は石井慧さんや西山将士さん、そして吉永慎也さんとか、いぶし銀というか、玄人が好むような選手ばかりだったんです。で、その人たちの背景には努力が透けて見えやすい。努力をすればああなれるんだ、という思いや憧れがあったんですね。木村政彦先生についてはあまりにも好きすぎて、先生の弟子筋にあたる方が同じ関西にいるという噂を聞いて、大阪まで会いに行こうとしたくらいです。「柔道ノート」に書いたあの頃は木村先生の言葉を鵜呑みにしてまっすぐそのまま出しただけですけど、今は時がたって、うまく咀嚼して自分の中に取り込めていると思います。

―――しかし、いるんですね。そういう中学生が。…私、大会会場で小学生が声を揃えて「××選手、ファイットー!」とかやると「ああもう!子どもってのはみんな強いもの好きだよな!相手にだってドラマがあるんだよ!」とちょっと複雑な気分になるんですが、こういう中学生もいるんだなと、非常に痛快です(笑)

子どもの時から、バンバン投げる選手よりも、根性勝負で相手のことを妥協させて「指導」で勝つような選手が好きだったんですよ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る