PAGE TOP ↑
eJudo

「何があろうとブレずに」五輪代表新井千鶴が合同取材に応じる

(2020年9月7日)

※ eJudoメルマガ版9月7日掲載記事より転載・編集しています。
「何があろうとブレずに」五輪代表新井千鶴が合同取材に応じる
eJudo Photo
オンラインで取材に応じた新井千鶴

東京五輪女子70kg級の代表に内定している新井千鶴(三井住友海上)が7日、オンラインでの合同取材に応じた。

五輪の延期については「(中止ではなく)出られる希望が持てただけで良かった。」と前向きにコメント。緊急事態宣言以降は1人での自重トレ、器具を使ってのトレーニング、道場に出ての打ちこみと徐々に稽古段階を上げて来ており、いまは海外勢の筋力アップを念頭に置いた体力面の強化と、課題の組み手の研究に時間を割いているとのこと。

報道陣からは延期についての質問が相次いだが、新井は一貫して「ブレずに、いまやっていることをしっかりやる」と返答。10月末に講道館杯、12月にグランドスラム東京と出場権のある大会があるが、試合出場についてはもっか未定と語った。

コメント要旨は下記。

―――オリンピック延期が決まったときの心境は?

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る