PAGE TOP ↑
eJudo

国際大会参加視野に実戦的なメニュー取り入れ、全日本男子チームが2度目の強化合宿実施

(2020年11月6日)

※ eJudoメルマガ版11月14日掲載記事より転載・編集しています。
国際大会参加視野に実戦的なメニュー取り入れ、全日本男子チームが2度目の強化合宿実施
eJudo Photo
稽古を見守る井上康生監督
(写真提供:全日本柔道連盟)

東京五輪を目指す男子代表チームが、2日から6日間の日程で、天理大学(奈良県天理市)で合宿を実施。5日には稽古の様子が公開された。新型コロナウイルスの感染拡大を受け中断していた強化合宿は、先月9か月ぶりに再開。今回は、国際大会の出場に向けてより実戦的なメニューが組まれた。6日には大学生との練習試合も行われた。

5日、合同取材に応じた井上康生監督のコメント要旨は下記。


―――2度目の合宿です。

前回お話した通り、1ヶ月に1回ほどは全体の合宿をやって、五輪に向けてチームとして士気を高めていきたい。前回は初めてということもあり、集まってやること自体にまず意味がありました。今回は次なる国際大会に向けての準備、色々な取り組みを入れていきながらこれを進めていこうと思っている。受け入れ先の天理大学の穴井(隆将)監督と話し合う中で、いまの時期がもろもろ環境を作るのにいいということで、こちらにお邪魔することになりました。

―――今回の合宿では練習試合が組まれると聞いています。選手に期待することは?

ここにピークを合わせて試合をするわけではないですし、あくまで現状を知ることが目的。いまどういう体調で、どういう状態なのか。実際の試合のように減量があるわけではないですけれども、その中でも実際に試合をしてみることによってそれぞれ課題が見えてくると思う。それをしっかり生かして次の試合、そしてオリンピックへの準備をしていくということです。だから、ここで特別な試合をしてもらいたいとか、コロナ禍の中で凄いことをやってきていてそれを見たいとかそういう気持ちは一切ないです。半日使って、試合をして、また間隔を開けて試合をするような、ある程度大会に沿った形でやるシステムを汲んでいます。3試合くらいやる予定です。減量がないので少し上の階級の相手も含めて、同じくらいの階級で設定しています。

―――五輪代表同士が試合するケースはありますか?

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る