PAGE TOP ↑
eJudo

66kg級ワンマッチは12月11日が第1候補、国際大会派遣再開は年明けのワールドマスターズを検討/金野潤強化委員長談話

(2020年9月23日)

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。
66kg級ワンマッチは12月11日が第1候補、国際大会派遣再開は年明けのワールドマスターズを検討
金野潤強化委員長談話
eJudo Photo
金野潤強化委員長
(写真は2020年2月撮影)

23日にグランドスラム東京(12月11日~13日)の中止が正式に発表されたことを受けて、同日夕方、全日本柔道連盟の金野潤強化委員長が代表取材に応じた。

金野委員長は「中止は残念だが、こうなる可能性も考えていた。今出来る強化をしていくことは変わらない」との旨コメント。IJFは新たにグランプリ・ザグレブの開催に言及しているが、強化計画上も海外渡航の難しい現状からも、日本代表は年内の国際大会参加は行わない予定。1月11日からのワールドマスターズ・ドーハへの参加を検討するとのこと。

グランドスラム東京中止に伴う66kg級五輪代表決定戦は、本来同大会の66kg級が行われる予定だった12月11日の実施が第1候補。会場、日程などの詳細は来週以降にあらためて協議される。

コメントの要旨は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る