PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】女子7階級直前展望/2020年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会

(2020年10月30日)

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】女子7階級直前展望/2020年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
eJudo Photo
角田夏実

→組み合わせ(全日本柔道連盟ウェブサイト)

■48kg級 角田夏実の2連覇濃厚、古賀若菜らライバルが具体的な「角田封じ」持つかが焦点

第一人者渡名喜風南(パーク24)と最後まで五輪代表を争ったリオデジャネイロ五輪銅メダリスト・近藤亜美(三井住友海上)が大会直前に現役引退を表明。今大会は、近藤が抜けて名実ともに空席となった国内2番手の席を争う戦いとなる。

序列上、この席にもっとも近いのは大会2連覇を狙う角田夏実(了徳寺大職)と昨年の選抜体重別王者・古賀若菜(山梨学院大1年)の2人。強化サイドもこの認識は変わらず、トーナメントは角田が第1シード、古賀が第2シードにそれぞれ配されることとなった。昨年2位の渡邉愛子(東海大1年)が欠場する中、これを追う勢力として長年国内のトップクラスに座り続けるテクニシャン遠藤宏美(ALSOK)、パワーファイターの山﨑珠美(自衛隊体育学校)、昨年3位の学生体重別連覇者小倉葵(岡山県警察)、さらに52kg級から降りてきた立川莉奈(福岡県警察)らが挙げられるという構図だ。

実力、そして相性を考えても優勝候補筆頭は断然角田。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る