PAGE TOP ↑
eJudo

東京都の「代替大会」は国士舘が優勝、決勝はライバル日体大荏原を振り切る/第70回東京都高等学校学年別柔道大会3年生男子団体試合

(2020年10月5日)

※ eJudoメルマガ版10月4日掲載記事より転載・編集しています。
東京都の「代替大会」は国士舘が優勝、決勝はライバル日体大荏原を振り切る
第70回東京都高等学校学年別柔道大会3年生男子団体試合
eJudo Photo
決勝。今季の最終戦は岡田陸と海堀陽弥のライバル対決。

コロナウイルス禍によって中止になったインターハイの東京都における「代替大会」となった第70回東京都高等学校学年別柔道大会(2020 Tokyo Thanks Match)が3日、東京武道館(足立区)で行われ、高校3年生男子団体試合(3人制点取り)は国士舘高が優勝した。

国士舘は準決勝までを順当に勝ち上がり、決勝ではライバル・日体大荏原高と対戦。中堅戦で磯田海成が挙げた「指導2」の1点をテコに、大将戦は主将の岡田陸が海堀陽弥とのエース対決を引き分け、1-0で勝利を決めた。

国士舘は軽量級で組んだBチームもベスト4入りと大健闘。ルール上個人戦との掛け持ちが出来ない中、「最後はフルメンバーで荏原と戦いたい」と訴えたAチーム、「団体戦で終わりたい」と個人タイトルの可能性を捨てて臨んだBチームともに、奪われた時間を取り戻さんとするような、思いの溢れた戦いぶりだった。

優勝した国士舘には文部科学大臣特別賞、準優勝の日体大荏原にはスポーツ庁長官特別賞が授与された。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る