PAGE TOP ↑
eJudo

「稽古は積めている、あとは試合勘」/原沢久喜選手コメント要旨

(2020年11月6日)

※ eJudoメルマガ版11月14日掲載記事より転載・編集しています。
「稽古は積めている、あとは試合勘」/原沢久喜選手コメント要旨
eJudo Photo
稽古に勤しむ原沢久喜。思い切りの良い技を見せる。
写真提供:全日本柔道連盟

5日、天理大学での全日本強化合宿中に合同取材に応じた73kg級東京五輪代表・大野将平選手(旭化成)のコメント要旨は下記。


――― 3月から練習に制限が掛かりました。どのように過ごされていましたか?

緊急事態宣言の間はラントレや自宅トレが中心。明けてから徐々にNTC等で打ちこみを開始することが出来て、段階的を経て出来ることを増やしてきました。乱取りは6月とか7月くらいですかね。柔道着を着てトレーニングができなかったのは、2か月間くらいです。

――― 新しい取り組みなどは?

特に変わったことをしたわけではないです。出来ることが限られていたので基礎的な体力トレーニングが中心、ただ、あらためてその大事さがわかった。

――― 五輪が延期になって、どんな思いでしたか?

今年のオリンピックに向けてしっかり作っていたので少し残念でしたが、すぐに、あと1年あるということで、出来ることが増えたなとプラスに捉えるようになりました。

――― 今回の合宿について。練習試合もあるとお聞きしています。

前回に続いて2回目の合宿。なかなかこうやって集まってまとめて稽古が出来るという機会がありませんでしたので、ここで1度追い込むというか、来年、勝負の年に向かって下地を作っていきたい。練習試合については、試合に近い状況で戦うのはひさしぶり。本当の試合だと思って、いまの自分をしっかり確認したい。

――― どの部分に上積みが必要と考えますか?

練習は凄く出来ていると思いますけど、試合がない。やはり試合勘を戻して戦える準備をしたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る