PAGE TOP ↑
eJudo

【速報】イゴルニコフ異次元の強さで2度目の欧州制覇、100kg超級はバシャエフがタソエフにリベンジ/欧州柔道選手権2020最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2020年11月22日)

※ eJudoメルマガ版11月20日掲載記事より転載・編集しています。
【速報】イゴルニコフ異次元の強さで2度目の欧州制覇、100kg超級はバシャエフがタソエフにリベンジ
欧州柔道選手権2020最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
90kg級準決勝、ミハイル・イゴルニコフがニコロス・シェラザディシヴィリから内股「一本」。
Photo: European Judo Union

写真提供:European Judo Union
※写真は権利者の許諾を得て掲載しています。無断転載、転用を禁じます


今年のヨーロッパ王者を決める欧州柔道選手権2020が21日、チェコ・プラハで最終日を迎え、男子は90kg級、100kg級、100kg超級の3階級の競技が行われた。

好役者揃った90kg級はミハイル・イゴルニコフ(ロシア)が全試合一本勝ちの圧勝。準々決勝では2018年の世界王者ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)を得意の左内股で高々放り投げ「一本」。鮮やか過ぎる一撃で会場の度肝を抜くと、準々決勝はママダリ・メディエフ(アゼルバイジャン)を僅か13秒の左大内刈「一本」、決勝も2017年の世界王者ネマニャ・マイドフ(セルビア)をまったく相手にせず、1分14秒、相手に背中を叩かせておいたところから捩じり落としての隅落「一本」。単なる勝ち負けの範疇に収まらない、異次元級の強さだった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る