PAGE TOP ↑
eJudo

講道館杯組み合わせ発表、男女14階級ひとこと評

(2020年10月16日)

※ eJudoメルマガ版10月16日掲載記事より転載・編集しています。
講道館杯組み合わせ発表、男女14階級ひとこと評
eJudo Photo
16日に公開された大会ビジュアル

16日、「講道館杯全日本柔道体重別選手権大会兼全日本選抜柔道体重別選手権大会」(10月31日~11月1日、千葉ポートアリーナ)の組み合わせが発表された。

男女ともA強化選手(東京五輪代表内定選手および66kg級候補選手)の出場はなし。B強化選手がトーナメントの中軸を張り、これにC(ジュニア)強化選手を加えたところまでがエントリー枠の下限というのがこの、おそらくは1回こっきりの「兼全日本選抜柔道体重別」大会のメンバー構成。B強化選手のうち、最後まで五輪代表の座を争った2番手選手が出場するかどうかは階級ごとにまちまちである。女子は7階級中6階級でこの位置づけの選手が出場、男子は重量3階級のみ。

出場人数を絞っただけあって平均レベルは上がり、大会名そのまま「常の講道館杯の上位対戦+選抜体重別」という印象。規模こそ小さくなったがこの濃さを以て「地獄の講道館杯」は今回も健在といっていい。勝ち上がるのはやはり至難の業である。

→2020年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会兼全日本選抜柔道体重別選手権大会 組み合わせ
(全日本柔道連盟ウェブサイト、PDFファイル)

■ 男子

五輪代表レースを最後まで争った60kg級の永山竜樹(了徳寺学園職)と73kg級の橋本壮市(パーク24)、81kg級の藤原崇太郎(日本体育大4年)は欠場。一方で90kg級は村尾三四郎(東海大2年)が出場、100kg級は羽賀龍之介(旭化成)に飯田健太郎(国士舘大4年)が挑むという豪華陣容となり、100kg超級も今年のグランドスラム・パリでテディ・リネールを破った影浦心(日本中央競馬会)が第1シードで出場する。羽賀・飯田の100kg級はもちろん、特に目を引くのは村尾に増山香補(明治大4年)、田嶋剛毅(パーク24)と次代を担う面白い若手が揃った90kg級。階級変更選手としては長年60kg級を引っ張った志々目徹(了徳寺学園職)の66kg級転向がひときわ目立つ。

【60kg級】 エントリー19名

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月16日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る