PAGE TOP ↑
eJudo

【ニュース】冨田若春が最重量級連覇、70kg級は寺田宇多菜が初優勝/2020年度講道館杯全日本柔道体重別選手権第1日女子

(2020年10月31日)

※ eJudoメルマガ版10月31日掲載記事より転載・編集しています。
冨田若春が最重量級連覇、70kg級は寺田宇多菜が初優勝/2020年度講道館杯全日本柔道体重別選手権第1日女子
70kg級、78kg級、78kg超級
eJudo Photo
78kg超級準決勝、冨田若春が山部佳苗から一本背負投「一本」。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中断していた国内の柔道競技がようやく本格再開。今年度初めての全国大会となる講道館杯全日本柔道体重別選手権(兼全日本選抜柔道体重別選手権)大会が31日、千葉ポートアリーナ(千葉市)で開幕。初日は男子4階級、女子3階級の競技が行われた。

女子78kg超級は第1シードの冨田若春(コマツ)が2連覇達成。準々決勝で稲森奈見(三井住友海上)を体落「技有」、準決勝で山部佳苗(ミキハウス)を一本背負投「一本」とベテラン2人の重囲を突破すると、決勝では同門の先輩・橋本朱未(コマツ)と対戦。手堅い戦いで3分6秒の間に3つの「指導」を得て優勝を決めた。3位には一昨年度の王者秋場麻優(ALSOK)と、世界ジュニア王者の高橋瑠璃(山梨学院大3年)が入賞した。

70kg級は学生カテゴリの強者・寺田宇多菜(桐蔭横浜大4年)が大ブレイク。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る