PAGE TOP ↑
eJudo

【速報】勢い止まらぬブクリがついに欧州の頂点極める、57kg級は30歳カラカスが初優勝/欧州柔道選手権2020第1日女子 (48kg級、52kg級、57kg級)

(2020年11月20日)

※ eJudoメルマガ版11月20日掲載記事より転載・編集しています。
【速報】勢い止まらぬブクリがついに欧州の頂点極める、57kg級は30歳カラカスが初優勝
欧州柔道選手権2020第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
48kg級決勝、シリーヌ・ブクリがアンドレア・ストヤディノフを絞め上げ、「参った」を引き出して優勝決定。
Photo: European Judo Union

写真提供:European Judo Union
※写真は権利者の許諾を得て掲載しています。無断転載、転用を禁じます


今年のヨーロッパ王者を決める欧州柔道選手権2020が19日、チェコ・プラハで開幕。初日の女子は3階級の競技が行われた。

48kg級は今季大躍進の21歳、シリーヌ・ブクリ(フランス)が初優勝。準々決勝のGS延長戦でこの階級きってのパワーファイター、東京五輪でも優勝候補に挙がるディストリア・クラスニキ(コソボ)を正面きっての大外刈「一本」に斬り落として会場を驚かせると、若手対決となった決勝はアンドレア・ストヤディノフ(セルビア)を僅か40秒の袖車絞(いわゆる「ネクタイチョーク」の形)「一本」に仕留めた。この大会では形上の国内第一人者であるワールドランキング5位のメラニー・クレモンも派遣されているが、こちらは3位決定戦でクラスニキに送襟絞「一本」(いわゆる「カントチョーク」の形)で敗れるなど2敗を喫して5位。昨年まったく目のなかったブクリの五輪フランス代表選出が、いまや現実的なものとして見えて来ている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る