PAGE TOP ↑
eJudo

リネール国内大会で思わぬ敗退、主審の判定には苦言

(2020年10月4日)

※ eJudoメルマガ版10月4日掲載記事より転載・編集しています。
リネール国内大会で思わぬ敗退、主審の判定には苦言
eJudo Photo
写真は今年2月、グランドスラム・パリ時。

オリンピック100kg超級を2連覇中の絶対王者テディ・リネール(フランス)が国内大会で思わぬ敗北を喫した。3日にフランス西部のブレストで行われたフランスクラブ選手権(団体戦)に所属のパリ・サンジェルマンの一員として出場し、準々決勝で対戦したスーシー・ジュードー(SUCY JUDO)のジョセフ・テヘーに「指導3」の反則で敗れた。

テヘーは25歳。昨年のフランス国内選手権では優勝しているが、ワールドツアー大会には9度出場して決勝ラウンド進出はゼロ。今年抜擢されたグランドスラム・パリでも2回戦でアフメド・ワヒド(エジプト)に「指導3」の反則で敗れるなど、国際大会ではほとんど実績を残せていない。

試合は徹底して袖を絞って前に出続けるテヘーを、リネールがいなして組みなおすという展開。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る