PAGE TOP ↑
eJudo


※eJudo携帯版「e柔道」3月31日掲載記事より転載・編集しています。

(70kg級)前へ  次へ(78㎏超級)

冬季国際大会総括・選抜体重別展望 初日女子
【78kg級】



【冬季国際大会成績・評】

緒方亜香里(筑波大2年)

11年4月1日選抜体重別展望・78㎏級
写真:煮え切らない成績でシーズンを終えた緒方
評価:nanashita.gif
グランドスラム東京:3位
ワールドマスターズ:3位
グランドスラム・パリ:2回戦敗退

岡村智美(コマツ)
評価:yoko.gif
ワールドカップ・オーバーヴァルト:優勝
グランプリ・デュッセルドルフ:5位(3回戦敗退)

穴井さやか(ミキハウス)
評価:shita.gif
グランドスラム東京:準々決勝敗退
グランドスラム・パリ:2回戦敗退
ワールドカップ・オーバーヴァルト:2回戦敗退

池田ひとみ(自衛隊体育学校)
評価:shita.gif
ワールドカップ・プラハ:2位

平岡麻美(平成国際大柔道クラブ)
評価:shita.gif
グランドスラム東京:1回戦敗退

柴野亜希(北関東綜合警備保障)
評価:shita.gif
グランドスラム東京:1回戦敗退

石本智子(福岡教育大3年)
評価:shita.gif
ワールドカップ・プラハ:2回戦敗退

【国際大会総括】

残念ながら評価を上げた選手は見当たらない。
緒方亜香里は連覇を狙ったグランドスラム東京で中堅選手のジャーク(ベルギー)の掬投に沈み3位。続くワールドマスターズも楊秀麗(中国)に「指導2」で敗退し3位。ここまでは一応入賞を確保していたが、2月のグランドスラム・パリではカスティージョ(キューバ)に2回戦敗退。煮え切らない成績でシーズンを終えた。
長期の不調という向きもあるが、大学1年生(当時)がいきなり階級のトップに駆け上がり責任を負わされるという厳しい状況の中で勝ちを重ねた昨年の状態を「良くやっていた」とするべきなのだろう。技と力を磨き、真の実力が問われるのはこれからだ。

岡村智美の評価はほぼ変わらず。
ワールドカップ・オーバーヴァルトではオール一本という爆発的な内容で優勝するも、ハイレベル大会であるグランプリ・デュッセルドルフでは3回戦敗退の5位に終わった。
もともと格下には滅法強く、メダルを競うレベルの強豪になかなか勝てない、自分の試合が出来ないというところが課題だったが、まさにそれを裏付けるような成績と言える。
細かくみると、グランプリ・デュッセルドルフでは優勝したプレブジャルガル(モンゴル)に「指導2」で負けているが、実はこの選手には前週のオーバーヴァルトでは内股「一本」で快勝している。これは「一本」を獲れる選手にも組み手争いで詰まると持ち味を発揮できず「指導」を受けてしまうという岡村が悪いときの典型的なパターン。優勝1つは得たものの、課題は留保したままシーズンを終えた印象だ。

穴井さやかは09年秋からの下向きカーブがなかなか止まらない。グランドスラム東京では緒方の狙いすました内股で一本負け、再起を期したグランドスラム・パリでもキューバ選手に大内返で敗れ初戦で姿を消している。

【選抜体重別みどころ×世界選手権代表展望】

アジア選手権には代表争いと直接関わりのない高橋千尋(三井住友海上)が派遣。
ジックリ代表権をめぐる争いが見れる階級と言いたいところだが、ダークホースに挙げられるべき穴井さやかが負傷のためエントリーせず、緒方亜香里とともにホープとして期待された佐藤瑠香(コマツ)も昨夏の東京世界選手権の大怪我からまだ復帰できず、ラインナップは正直貧弱の感が否めない。
パリ世界選手権代表も戦前にほぼ勝負がついており、緒方と岡村智美の2名が派遣されると見てまず間違いないだろう。

第1シードの緒方は初戦で萩原(旧姓・堀江)久美子(兵庫県警)、準決勝は柴野亜希と池田ひとみの勝者と対戦予定。
第2シードの岡村は初戦が石本智子、準決勝が平岡麻美と濱田尚里(山梨学院大2年)の勝者との対戦となる。
第1シードの緒方のほうがやや歯ごたえのある敵が揃った印象。
初戦で対戦する萩原は皇后盃の近畿予選を久々制して好調。09年の講道館杯の対戦では緒方の内股一発で宙を舞っているが、今回はどのような戦いぶりを見せるか。

(70kg級)前へ  次へ(78㎏超級)

※eJudo携帯版「e柔道」3月31日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る