PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】第1シードの山口葵良梨が優勝、地力の高さテコに激戦階級を制す/全日本ジュニア柔道体重別選手権女子63kg級

(2022年1月13日)

※ eJudoメルマガ版1月13日掲載記事より転載・編集しています。
第1シードの山口葵良梨が優勝、地力の高さテコに激戦階級を制す
2021年度全日本ジュニア柔道体重別選手権女子63kg級レポート
eJudo Photo
第1シードの山口葵良梨が決勝まで勝ち上がった。

取材・文:小林大悟/eJudo編集部

【決勝まで】

山口葵良梨(国士舘大2年)と石岡来望(創志学園高3年)が決勝へと勝ち上がった。

山口は2回戦から登場、まず鈴野杏優(環太平洋大2年)にGS1分47秒の「指導3」の反則で勝利。続く準々決勝は吉田日和(比叡山高3年)を右内股「技有」から崩袈裟固で抑え込み、2分49秒合技「一本」で退ける。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月13日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る