PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】得意の「密着」に戦術眼を上積み、鈴木直登が初の全国タイトル獲得/全日本ジュニア柔道体重別選手権男子100kg級

(2022年1月13日)

※ eJudoメルマガ版1月13日掲載記事より転載・編集しています。
得意の「密着」に戦術眼を上積み、鈴木直登が初の全国タイトル獲得
2021年度全日本ジュニア柔道体重別選手権男子100kg級レポート
eJudo Photo
準決勝、新井道大が中野智博から大外刈「技有」

日時:2021年12月18日~19日
会場:講道館
→全試合結果

取材・文:小林大悟/eJudo編集部

【決勝まで】

決勝に進んだのは新井道大(埼玉栄高2年)と鈴木直登(東海大2年)のふたり。

高校2年生にして今夏のインターハイを制した新井は2回戦で井手翔真(延岡学園高2年)からまず左大外巻込で「技有」を先行、2分38秒には左内股「一本」を決める素晴らしい滑り出し。続く準々決勝では平山才稀(日本体育大2年)を左大外刈から繋いでの右小外掛「技有」の優勢で退け、ベスト4入りを決める。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月13日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る