PAGE TOP ↑
eJudo

令和3年全日本柔道選手権全試合戦評①一回戦

(2022年1月9日)

※ eJudoメルマガ版1月5日掲載記事より転載・編集しています。
令和3年全日本柔道選手権全試合戦評①一回戦
eJudo Photo
小林悠輔が巧みな組み手で主導権確保、細かく技も積んで小川竜昂を完封。

■一回戦

小林悠輔(東海・渡邉電設)○GS反則[指導3](GS1:05)△小川竜昂(近畿・日本製鉄)

ともに左組みの相四つ。双方まず引き手で襟を持たんとするところから組み手争いがスタート。駆け引きの上手い小林、今回はフィジカルの強さも際立つ。片手交換、組みなおし、あらゆるきっかけの中に前進を擦り込み、1分10秒小川のみに「取り組まない」咎による「指導」。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る