PAGE TOP ↑
eJudo

【ニュース】33歳垣田恭兵が奮闘、今年の「超級王者」3人倒してベスト4入り果たす/全日本柔道選手権

(2021年12月27日)

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。
33歳垣田恭兵が奮闘、今年の「超級王者」3人倒してベスト4入り果たす
令和3年全日本柔道選手権
eJudo Photo
1回戦、垣田は今季の全日本ジュニア100kg超級王者中村雄太を一蹴。僅か39秒、背負投「一本」で勝負を決めた。

26日に行われた令和3年全日本柔道選手権大会で、33歳になった垣田恭兵(九州・旭化成)が3位入賞の快挙を果たした。垣田は8度目の出場、3位入賞は平成25(2013)年大会以来2度目、入賞は5位に入った平成29年(2017)年大会以来3度目。

巧みな組み手と勝負を読む目の確かさ、そして形にとらわれない大胆な攻撃が持ち味の垣田は、この日もベテランらしい旨味のある柔道を披露。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る