PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】きょう皇后盃全日本女子柔道選手権、史上稀に見る混戦

(2021年12月25日)

※ eJudoメルマガ版12月24日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】きょう皇后盃全日本女子柔道選手権、史上稀に見る混戦
eJudo Photo
第1シードは昨年の準優勝者橋本朱未(コマツ)

体重無差別で女子柔道日本一を争う第36回皇后盃女子柔道選手権大会がきょう25日、講道館大道場で行われる。

東京五輪金メダリストの素根輝(パーク24)、ブダペスト世界選手権で優勝した朝比奈沙羅(ビッグツリー)の世界タイトル保持者2人が出場せず、昨年この大会を制した冨田若春(コマツ)もエントリーしていない今年度大会、は史上稀に見る混戦。誰が勝っても初優勝となる。

第1シードに配された昨年の準優勝者・橋本朱未(コマツ)は24日にオンラインで前日会見に臨み「まだ自分には実績が少ない。この大会で勝って一線の選手に続きたい」と抱負を語った。ブダペスト世界選手権で優勝して推薦出場枠を獲得、昨年に続いて出場する48kg級の角田夏実(了徳寺学園職)は初戦で体重105キロの田中里沙(環太平洋大2年)と戦う。「去年は対戦できなかった、大きい選手との戦いは怖いけれど楽しみ。得意の関節技など、寝技は狙っている」と語った。

大会は11時開会。無観客での開催だが、全日本柔道連盟では昨年に引き続いてライブ中継を行う。

橋本、角田両選手のコメントと大会展望は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る