PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]竪山将が青木大の連覇阻んで初優勝、81kg級は強豪立て続けに破った山本悠司が戴冠/ 全日本実業柔道個人選手権大会最終日

(2021年12月19日)

※ eJudoメルマガ版12月18日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]竪山将が青木大の連覇阻んで初優勝、81kg級は強豪立て続けに破った山本悠司が戴冠
第51回全日本実業柔道個人選手権大会・最終日男子(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)
eJudo Photo
60kg級決勝、竪山将が青木大を攻める。

eJudo Photo
決勝を戦う山本悠司。

第51回全日本実業柔道個人選手権大会は19日、滋賀県立武道館(滋賀県大津市)で最終日の競技が行われ、男子60kg級で竪山将(パーク24)、66kg級で浅利昌哉(東海げんき整骨院クラブ)、73kg級で福岡克仁(京葉ガス)、81kg級で山本悠司(旭化成)がそれぞれ優勝を飾った。

竪山は決勝で前回王者の青木大(パーク24)との同門対決を「指導3」の反則で制し、初の優勝を決めた。

81kg級の山本は準々決勝で丸山剛毅(パーク24に大内刈「技有」、準決勝で江畑丈夫(パーク24)に「指導3」の反則と強豪を立て続けに破って決勝進出。決勝では伊藤悦輝(アドヴィックス)を「指導3」の反則で退けた。

73kg級の福岡は得意の足技が冴え渡り、準々決勝、準決勝といずれも払釣込足で鮮やかな一本勝ち。勢いをそのままに迎えた決勝は、吉田優平(自衛隊体育学校)を巴投と横四方固の合技「一本」で破った。

60kg級の浅利は決勝で大島優磨(旭化成)から腕挫十字固「一本」を奪って優勝を決めた。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

※写真提供:全日本実業柔道連盟

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級を制した竪山将

(エントリー30名)

【入賞者】
優 勝:竪山将(パーク24)
準優勝:青木大(パーク24)
第三位:大島拓海(日本エースサポート)、宮之原誠也(ひらまつ病院)

【準決勝】
青木大○GS技有・巴投(GS4:23)△大島拓海
竪山将○GS技有・内巻込△宮之原誠也

【決勝】
竪山将○反則[指導3](2:55)△青木大

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級優勝の浅利昌哉

(エントリー53名)

【入賞者】
優 勝:浅利昌哉(東海げんき整骨院クラブ)
準優勝:大島優磨(旭化成)
第三位:五味佳将(日本エースサポート)、髙市賢悟(旭化成)

【準決勝】
大島優磨○優勢[技有・小内巻込]△五味佳将
浅利昌哉○GS技有・内股(GS2:24)△髙市賢悟

【決勝】
浅利昌哉○腕挫十字固(2:37)△大島優磨

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級優勝の福岡克仁

(エントリー70名)

【入賞者】
優 勝:福岡克仁(京葉ガス)
準優勝:吉田優平(自衛隊体育学校)
第三位:石郷岡秀征(センコー)、込山龍哉(了徳寺大学職)

【準決勝】
福岡克仁○払釣込足(1:22)△石郷岡秀征
吉田優平○GS巴投(GS0:51)△込山龍哉

【決勝】
福岡克仁○合技[巴投・横四方固](3:22)△吉田優平

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級優勝の山本悠司

(エントリー52名)

【入賞者】
優 勝:山本悠司(旭化成)
準優勝:伊藤悦輝(アドヴィックス)
第三位:江畑丈夫(パーク24)、藤岡将吾(センコー)

【準決勝】
山本悠司○GS反則[指導3](GS1:20)△江畑丈夫
伊藤悦輝○優勢[技有・崩袈裟固]△藤岡将吾

【決勝】
山本悠司○GS反則[指導3](GS1:55)△伊藤悦輝

※ eJudoメルマガ版12月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る