PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]90kg級は岩渕晃大が初優勝、100kg級は石山潤平が決勝の同門対決制す/全日本実業柔道個人選手権大会第1日男子

(2021年12月18日)

※ eJudoメルマガ版12月17日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]90kg級は岩渕晃大が初優勝、100kg級は石山潤平が決勝の同門対決制す
第51回全日本実業柔道個人選手権大会第1日男子(22歳未満、90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
90kg級決勝、岩渕晃大が篠崎忠史から後袈裟固「一本」

第51回全日本実業柔道個人選手権大会は18日、滋賀県立武道館(滋賀県大津市)で開幕。初日の男子は4階級の競技が行われ、90kg級で岩渕晃大(京葉ガス)、100kg級で石山潤平(パーク24)、100kg超級で上田轄麻(日本製鉄)、22歳未満で小田春樹(ダイコロ)がそれぞれ優勝を飾った。

岩渕は準決勝で第48回大会優勝者の前田宗哉(自衛隊体育学校)を裏投「一本」で破ると、決勝では同門の篠崎忠史(京葉ガス)を後袈裟固「一本」で下して初優勝を果たした。

100kg級決勝も石山と伊藤好信(パーク24)の同門対決。石山が巧みな組み手で主導権を握り続け、3つの「指導」を奪って優勝を決めた。

eJudo Photo
100kg超級決勝、上田轄麻が小川竜昂から払腰「技有」

100kg超級は七戸龍(九州電力)が当日欠場、木元拓人(日本製鉄)と一色勇輝(日本中央競馬会)が2回戦で両者反則負け、第一シードの田中源大(日本製鉄)が準決勝を棄権と注目選手が次々欠ける波乱の展開となった。この階級も決勝は上田と小川竜昂(日本製鉄)の同門対決となり、上田が払腰「技有」で勝利して優勝を決めた。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

(写真提供:全日本実業柔道連盟)

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級優勝の岩渕晃大

(エントリー50名)

【入賞者】
優 勝:岩渕晃大(京葉ガス)
準優勝:篠崎忠史(京葉ガス)
第三位:前田宗哉(自衛隊体育学校)、田嶋剛希(パーク24)

【準決勝】
岩渕晃大○GS技有・小外掛(GS1:26)△前田宗哉
篠崎忠史○GS肩車(GS4:17)△田嶋剛希

【決勝】
岩渕晃大○後袈裟固(0:53)△篠崎忠史

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級優勝の石山潤平

(エントリー26名)

【入賞者】
優 勝:石山潤平(パーク24)
準優勝:伊藤好信(パーク24)
第三位:安田圭吾(センコー)、山田友基(東レ)

【準決勝】
伊藤好信○一本背負投(0:24)△安田圭吾
石山潤平○不戦△山田友基

【決勝】
石山潤平○GS反則[指導3]△伊藤好信

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級優勝の上田轄麻

(エントリー31名)

【入賞者】
優 勝:上田轄麻(日本製鉄)
準優勝:小川竜昂(日本製鉄)
第三位:田中源大(日本製鉄)、岩尾敬太(京葉ガス)

【準決勝】
上田轄麻○不戦△田中源大
小川竜昂○GS上四方固(GS1:23)△岩尾敬太

【決勝】
上田轄麻○優勢[技有・払腰]△小川竜昂

■ 22歳未満
eJudo Photo
22歳未満優勝の小田春樹

(エントリー19名)

【入賞者】
優 勝:小田春樹(ダイコロ)
準優勝:辻本智大(大阪ガス)
第三位:小山敬生(大阪ガス)、増田良生(豊田自動織機)

【準決勝】
小田春樹○内股(2:30)△小山敬生
辻本智大○反則(2:03)△増田良生

【決勝】
小田春樹○内股返(0:40)△辻本智大

※ eJudoメルマガ版12月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る