PAGE TOP ↑
eJudo

【ニュース】黒田亜紀が大会2連覇、最重量級は米川明穂が高校無差別王者橋口茉央を「一本」で破る/全日本ジュニア柔道体重別選手権大会第1日女子

(2021年12月18日)

※ eJudoメルマガ版12月17日掲載記事より転載・編集しています。
黒田亜紀が大会2連覇、最重量級は米川明穂が高校無差別王者橋口茉央を「一本」で破る
2021年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会第1日女子(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg級決勝、黒田亜紀が杉村美寿希を内股で攻める

2021年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会は18日、講道館(文京区)で開幕。初日の女子は3階級(70kg級、78kg級、78kg超級)の競技が行われ、いずれの階級も第1シードの選手が順当に優勝を飾った。

78kg級は黒田亜紀(早稲田大2年)が2019年大会に続く2連覇(2020年は開催されず)達成。決勝では杉村美寿希(比叡山高3年)を組み手で封じ続け、GS1分30秒、右内股「技有」を得て勝負を決めた。この日は4試合を戦って3試合で得意の内股を決める、良いスタッツでの勝利だった。

eJudo Photo
70kg級決勝、桑形萌花が本田万結から小内刈「技有」

eJudo Photo
78kg超級決勝、米川明穂が橋口茉央から内股「一本」

70kgは昨年講道館杯3位、皇后盃3位の大本命・桑形萌花(三井住友海上)が優勝。決勝は先に引き手を得ては打点の高い担ぎ技を仕掛け続け、本田万結(比叡山高2年)を圧倒。1分過ぎに右小内刈で「技有」を奪い、優勢勝ちで優勝を決めた。戦後はインタビューに応えて「講道館杯の優勝が次の目標。今日出た課題をしっかり見つめる」と語り、1月に待ち受ける大一番の準備に余念がない様子だった。

78kg超級は米川明穂(筑波大2年)が優勝。決勝では、前戦で同学年のライバル新井万央(埼玉栄高3年)を「指導3」反則で下して勝ち上がってきた今季の高校無差別王者・橋口茉央(佐賀商高3年)と対戦。相手に内股透を狙われ続ける苦しい展開から、GS2分45秒、組み際に抱きつきながらの左内股で「一本」を得て勝利した。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果は下記。

■ 70kg級
eJudo Photo
70kg級成績上位者。優勝の桑形萌花(三井住友海上)と2位の本田万結(比叡山高2年)。

(エントリー20名)

【成績上位者】
優 勝:桑形萌花(三井住友海上)
準優勝:本田万結(比叡山高2年)
第三位:星野七虹(桐蔭学園高2年)、溝口葵(龍谷大1年)

【準々決勝】
桑形萌花(三井住友海上)○合技[内股・横四方固](3:23)△西木沙耶加(修猷館高3年)
溝口葵(龍谷大1年)○GS技有・大外巻込(GS0:12)△星野七虹(桐蔭学園高2年)
瀬戸亜香音(東京学芸大2年)○合技[隅落・崩袈裟固](4:00)△鈴木胡桃(環太平洋大2年)
本田万結(比叡山高2年)○GS反則[指導3](GS3:12)△山本杏(帝京科学大2年)

【敗者復活戦】
星野七虹○袈裟固(2:53)△西木沙耶加
鈴木胡桃○不戦△山本杏

【準決勝】
桑形萌花(○GS反則[指導3](GS6:04)△溝口葵
本田万結○GS技有・大内刈(GS3:56)△瀬戸亜香音

【3位決定戦】
星野七虹○GS反則[指導3](GS3:16)△瀬戸亜香音
溝口葵○GS反則[指導3](GS1:53)△鈴木胡桃

【決勝】
桑形萌花○優勢[技有・小内刈]△本田万結

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級成績上位者。優勝の黒田亜紀(早稲田大2年)と2位の杉村美寿希(比叡山高3年)。

(エントリー19名)

【成績上位者】
優 勝:黒田亜紀(早稲田大2年)
準優勝:杉村美寿希(比叡山高3年)
第三位:池田紅(東海大1年)、丸山みかの(帝京大1年)

【準々決勝】
黒田亜紀(早稲田大2年)○内股(2:23)△中田杏子(淑徳大2年)
松本りづ(龍谷大2年)○崩袈裟固(2:12)△稲葉千皓(国士舘高3年)
杉村美寿希(比叡山高3年)○GS大外刈(GS0:43)△丸山みかの(帝京大1年)
池田紅(東海大1年)○GS腕緘(GS3:04)△森心晴(山梨学院大1年)

【敗者復活戦】
稲葉千皓(国士舘高3年)○大外刈(2:48)△中田杏子
丸山みかの(帝京大1年)○不戦△森心晴

【準決勝】
黒田亜紀○GS反則[指導3](GS4:46)△松本りづ
杉村美寿希○反則[指導3](3:44)△池田紅

【3位決定戦】
池田紅○GS横四方固(GS2:40)△稲葉千皓
丸山みかの○GS反則[指導3](GS3:19)△松本りづ

【決勝】
黒田亜紀○GS技有・内股(GS1:30)△杉村美寿希

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級成績上位者。優勝の米川明穂(筑波大2年)と2位の橋口茉央(佐賀商高3年)。

(エントリー19名)

【成績上位者】
優 勝:米川明穂(筑波大2年)
準優勝:橋口茉央(佐賀商高3年)
第三位:新井万央(埼玉栄高3年)、山本海蘭(富士学苑高2年)

【準々決勝】
米川明穂(筑波大2年)○合技[内股・袈裟固](3:37)△瀬戸美咲(天理高3年)
竹村安生(近畿大1年)○GS送襟絞(GS1:20)△細野いづみ(柳ヶ浦高1年)
新井万央(埼玉栄高3年)○内股(2:45)△細谷萌恵(帝京大1年)
橋口茉央(佐賀商高3年)○崩上四方固(4:00)△山本海蘭(富士学苑高2年)

【敗者復活戦】
瀬戸美咲○GS技有・払巻込(GS0:19)△細野いづみ
山本海蘭○合技[内股・袈裟固](1:34)△細谷萌恵

【準決勝】
米川明穂○大内刈(0:51)△竹村安生
橋口茉央○反則[指導3](3:52)△新井万央

【3位決定戦】
新井万央○GS横四方固(GS3:23)△瀬戸美咲
山本海蘭○不戦△竹村安生

【決勝】
米川明穂○GS内股(GS2:45)△橋口茉央

※ eJudoメルマガ版12月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る