PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】明治大の勢い止まらず、逆転で国士舘大退け12大会ぶりの決勝進出/全日本学生柔道体重別団体優勝大会レポート②準決勝(1)

(2021年12月17日)

※ eJudoメルマガ版12月15日掲載記事より転載・編集しています。
【レポート】明治大の勢い止まらず、逆転で国士舘大退け12大会ぶりの決勝進出
全日本学生柔道体重別団体優勝大会(男子23回)レポート③準決勝
日時:2021(令和3)年12月8日(水)~9日(木)
会場:ベイコム総合体育館(尼崎市)
取材・文:古田英毅/eJudo編集部
写真:坂口美貴/eJudo編集部
→全試合結果

eJudo Photo
先鋒戦、明治大・岩井涼真は前進圧力と良いタイミングの足技で三谷大を圧倒。

明治大 2-1 国士舘大
[先鋒・73kg級]岩井涼真×引分×三谷大
[次鋒・100kg超級]羽田野竜輝×引分×髙橋翼
[五将・81kg級]平野龍也×引分×竹市大祐
[中堅・60kg級]末松賢△優勢[技有・隅返]〇近藤隼斗
[三将・66kg級]佐藤大知〇優勢[技有・一本背負投]△唯野己哲
[副将・100kg級]藤鷹裕大×引分×金澤聡瑠
[大将・90kg級]森健心〇優勢[技有・谷落]△中西一生

先鋒戦(73kg級)は明治大・岩井涼真と国士舘大・三谷大ともに右組みの相四つ。岩井「はじめ」が宣されるなり勢いよく奥襟を叩いて先制攻撃。崩すとすかさず寝勝負に持ち込んで「待て」。以後も引き手の把持が極めて早く、そして組み手争いに絡めての足技が止まらない。特に右足の膝車が良く効き、三谷は組み手争いの端緒で崩され、たたらを踏まされ、容易に岩井の体にアクセスできない状態。岩井はこの崩しを軸に前進圧力を染み込ませ、まさに前日代表戦で三谷が繰り広げた戦いのお株を奪った格好。岩井は組み際の足技で崩しては右背負投に肩車、抗した三谷の左小外刈を切り返しての右内股と4分間ほぼ攻めっぱなし。抗した三谷が左一本背負投に小内巻込と放ち、届かず崩れたところで試合終了。この試合は引き分けに終わった。前戦を逆転で制した明治大の勢いが存分に感じられる内容だった。

eJudo Photo
次鋒戦は羽田野竜輝の組み手が一枚上、髙橋翼を相手に組み勝ち、圧を掛ける。

次鋒戦(100kg超級)は明治大・羽田野竜輝と国士舘大・髙橋翼ともに右組みの相四つ。組み手争いから羽田野がしっかり引き手を絞って奥襟圧力、髙橋の頭が下がる。この攻防を受けて高橋一手目に慎重となり、羽田野が応じる形でやや状況膠着。42秒双方に「取り組まない」咎で「指導」。ここから羽田野は攻勢、力関係と組み手の練度に自信を感じたか今度は引き手前襟に釣り手奥襟の強気の組み手で引きずり回し、足元を蹴り崩す。さらに相手の左側を両手で抑える「ケンカ四つクロス」の右内股で大きく崩し、髙橋が膝を屈して「待て」。この時間帯はほぼ一方的攻勢、あるいは高橋に「指導」があってもおかしくない展開であったが主審ここはスルー。高橋が奥襟を持ち返し、双方が再びの膠着に陥るまで待って1分35秒両者に「取り組まない」咎で2つ目の「指導」を宣告する。以後も組み手の攻防はやはり羽田野が有利。引き手を先に得て蹴り崩し、たとえこれを切られても釣り手一本のままでいなし、崩して進退が出来る。一方釣り手が命の髙橋は時折背を伸ばして上から奥襟を叩く工夫を見せるが、羽田野の巧みな間合いの出し入れの前に距離が噛み合わない。なかなか持てず、持っても効かせることが出来ないまま切られ、あるいは自らやり直すこととなる。この試合はこのまま4分間が過ぎ去り、引き分け。羽田野は中盤の攻勢を評価してもらえなかったことで勝ちへのプランは崩れてしまったが、危なげのない試合だった。一方の髙橋は「取り役」として考えた場合いかに取るかのルートが感じられず、相四つ相手の引き出しも明らかに不足。どうプランして臨んだのかが読み取りにくい試合であり、率直に言って散漫な4分間だった。

eJudo Photo
竹市大祐は平野龍也との引き手争いに嵌って攻撃散発、この左背負投も効き切らず。

五将戦(81kg級)は明治大・平野龍也が右、国士舘大のポイントゲッター竹市大祐が左組みのケンカ四つ。釣り手一本の攻防がベースとなるが、気合い十分の平野はここから片手の右背負投に肩車、相手の引き手を抑えておいての巴投と印象的な攻めを連発。対する竹市も釣り手一本からの右腰車、肩車と見せるが、この形が本業の感すらある平野の進退と比べるとどうしても散発。なにより、片手の攻防という構図自体が既に「引き分けで良し」の平野のフィールドである。平野、場外に出されたまま横滑りしてしまい2分53秒「指導」を失うが攻めの姿勢を失わず、すぐさま背負投から思い切った両足の巴投を見せてベンチを沸かせる。2度の手指治療による「水入り」もうまく使い、巧みに終盤まで時計の針を進めて視界は良好。竹市、残り41秒で右襟を両手で握っての左背負投、続いて片手の左背負投と見せるがやはり散発。精神的に優位な状況で技の良く見えている平野を崩すには至らない。この試合は引き分け。3試合連続双方ノースコアも、勢いは明治大の側にある状況。

eJudo Photo
中堅戦、近藤隼斗が末松賢から隅返「技有」。先制点は国士舘大。

eJudo Photo

中堅戦(60kg級)は明治大・末松賢が右、国士舘大の近藤隼斗が左組みのケンカ四つ。双方すぐさま引き手で袖を握り合って繋がり、ここから近藤が釣り手で先に良い形を作って腰を切りながら前に引きずる。応じた末松釣り手の陣地を復しながら右内股、ここから立ち戻って再び釣り手の肘を内側に入れんとする。ここで近藤この釣り手争いに付き合うと見せ、肘を入れ返すかというタイミングでツイと体を捨てて隅返に打って出る。末松の内股からここまでがほぼ一呼吸、エアポケットに吸い込まれるように末松大きく回って背から落ち、18秒「技有」。ビハインドの末松激しく前に出るが、この時間の釣り手争いは近藤が優位。近藤これを軸足に独特のタイミングでの内股フェイントの隅返を2度、1分33秒には末松に消極的との咎で「指導」。このあたりから末松がしっかりまず釣り手を作らんとしたこと、そして近藤の隅返に慣れ始めたことで試合は引き手争いに陥って膠着。末松は右背負投と小内刈に奇襲の左背負投、近藤は左背負投に隅返とみせたがともに効なくタイムアップ。この試合は近藤の「技有」優勢による勝利となり、国士舘大が1点を先制。

eJudo Photo
三将戦、明治大・佐藤大知が唯野己哲から左一本背負投「技有」

三将戦(66kg級)はこの大会ここまでの殊勲者同士がマッチアップ、明治大・佐藤大知に国士舘大・唯野己哲ともに右組みの相四つ。佐藤奥襟を2度叩き、絞り落とされるとそのまま右一本背負投に飛び込む思い切った先制攻撃。「待て」が掛かると先んじて開始線に戻って小刻みにジャンプを繰り返し、闘志満々といった様子。唯野奥襟を叩くが佐藤が叩き返すと陣を譲り、組み手争いは両襟を厭わぬ佐藤の側がやや優位。唯野は引き手で襟を高く掴む佐藤のブロックの前になかなか釣り手を内側に入れられず、釣り手で上腕裏を握り、やや正面からずれて進退することが増える。この形のままツト前に出た2分31秒、佐藤僅かに右に重心を移すフェイントから一転左の一本背負投。初動で深く引きずり込まれた唯野必死で回避もあまりにも態勢が悪い。体側から激しく畳に落ちて、「技有」。リードを得た佐藤は以後寝技でしっかり時間を使い、立っては右腰車に右一本背負投と攻め続け骨の太い試合ぶり。容易に隙を見せない。なかなか攻め込めない唯野上から後帯を掴んで頭を下げさせるが、佐藤体を捌いて体側につき、逆に投げを狙ってこの形はリセット。あっと言う間に4分間が過ぎ去り、佐藤の「技有」優勢による勝利で明治大が1点を返す。1-1、ともに「技有」1つの完全なタイスコアである。

eJudo Photo
副将戦、明治大・藤鷹裕大の圧が良く掛かる。

eJudo Photo
金澤聡瑠は防御姿勢、「指導2」まで失うが粘って引き分けに持ち込む。

副将戦(100kg級)は明治大・藤鷹裕大が左、国士舘大・金澤聡瑠が右組みのケンカ四つ。10月の東京学生体重別選手権では藤鷹が「やぐら投げ」で一本勝ちしているカード。序盤に組み手争いを縫って藤鷹が前へ。40秒過ぎに引き手で袖、釣り手で襟を確保するが、この組み合いは金澤が体を開いて引き手を切ったところで収束。このまま引き手争いとなったところで主審試合を止め、59秒双方に片手のゼスチャーとともに「指導」。再びの引き手争いから展開を変えんとした藤鷹が釣り手をいったん外すと、金澤この機に乗じて素早く引き手で袖を確保。しかし藤鷹は敢えて切らずに持たせたまま引き手一本のみで進退、袖を持ち返すとフリーの釣り手でガッチリ奥襟を握って完璧な組み手を作り出す。金澤腰を突き、頭を下げたまま耐え続け、なんとか頭を上げたところで主審試合を止めて1分42秒金澤に防御姿勢の咎で「指導2」。目論見通り2つ目の「指導」を押し付けた藤鷹は当然ながらペースアップ。すぐさま組み付き、激しく前に出る。金澤まっすぐ下がって場外へ、この際釣り手を両手で叩き切る反則を犯すが主審はスルーして「待て」。手の詰まった金澤はここで、左引き手で相手の左袖を絞り落とすクロス組み手での防御を試みる。片襟の反則を見とがめられる前に形を変えると、続く組み合いではこの反則が「取られない」とみたか、再び正面から左で左袖を絞り落とし、右で首裏を掴んで下側への引き落としを図る。激しくあおり、下がりながら己も腰を折ってはたき込む形で圧を掛け続け、最後は膝を着かせるところまで引き落とす。明確な反則だが主審またしても動かずここで「待て」。以後は藤鷹が組み勝って前に出、金澤が下がりつつも粘って展開を保つという展開。圧を受けた金澤は2分40秒には自ら下がって畳を割り、2分57秒には相手の大内刈を受けて場外へ。しかしあわや場外の「指導」のこの窮地2つを潜り抜けると組み勝って藤鷹の頭を下げさせることに成功。印象取り戻したこの時間帯の形をテコに、残り22秒では相手を場外に追いやり内股の掛け潰れを強いて時間を使う。残り時間僅か、藤鷹釣り手で背中、引き手で脇を差して迫るが金澤容易に頭を下げずに粘り、ついに完全に頭を屈するも数秒経過したところで終了ブザー。この試合は引き分けに終わり、相手方のポイントゲッターを封じた国士舘が陣地を復した格好。スコア1-1のまま勝負の行方は大将戦へと引き継がれる。

eJudo Photo
大将戦、中西一生の右背負投は釣り手が引っ掛かって回転し切れず。

eJudo Photo
森健心すかさず被り返して谷落「技有」

大将戦は明治大・森健心が左、国士舘大のエース中西一生が右組みのケンカ四つ。まず森が釣り手を外側から閂に抱える形で挑み、ここから互いに釣り手一本の引き手争いとなる。森が圧を掛けて展開のスローダウンを図り、中西やや焦ってこれを動かそうという構図。中西の座り込みの右背負投ひとつを経て再び様相は引き手争いとなり、1分22秒双方に片手の咎で「指導」。組み手争いはやや森の側が引き出しの質と数に勝る印象。続く展開で森が釣り手で背中を深く抱えて組み勝つと、中西は引き手の袖をピストルグリップで絞ることで緊急避難。森が引き手を外側に上げてアピールすると右袖釣込腰に座り込んで展開を切りいったん「待て」を貰う。以降も釣り手の組み立ての上手い森が先に良い形を作ることを続け、中西はどこかやりにくそう。2分40秒過ぎには一歩下がることで空間を確保、深く抱えられた釣り手を外して右背負投を試みる上手い仕掛けを見せるも効き切らず。再びの引き手争いとなった3分9秒、双方に片手のゼスチャーとともに「指導2」。中西ここは取るべしと奮起、続く展開で相手の前進に合わせていったん離れ、大きく振りかぶっての右背負投を試みる。しかしこの際森は釣り手で背中を深く掴んでおり、己の釣り手が相手の体に引っ掛かった中西の回転は中途で止まる。自ら大きく仰け反ってしまい、森は冷静に左足を裏に置いて谷落、そのまま中西の胴をまたぐように振り向き制して3分22秒「技有」。寝勝負で時間を使った森は以後は釣り手を争い、両襟を持たれれば引き手で袖を抑え、要所を弁えた進退で危なげなく殿戦を戦い切る。中西に山場訪れぬまま終了ブザーが鳴り響き、この試合は森の「技有」優勢で終了。ここで明治大がこの試合初めて勝ち越し、スコア2-1で決勝進出を決めることとなった。

eJudo Photo
12大会ぶりの決勝進出を決めた明治大チーム。

明治大は前戦の勢いをそのままに見事な逆転勝利。岩井、平野、末松、佐藤の軽量級4人の強気の戦いが流れを呼び込んだ。2戦連続で最重要得点を挙げた佐藤の働きは特筆もの。前衛で勢いに乗って得点、後衛のポイントゲッターの藤鷹と手堅い森でまとめるというこの戦型を可能ならしめた、この日の配列順の良さも効いた。また逆説的だが、マトに掛けられると苦しいこの大会の「4分×引き分けあり×体重別」レギュレーションにあって、明治大の面々が個人戦(学生体重別選手権)で結果を残しきれなかった、ターゲットにされにくい「挑む立場」であったことも大きかったように思う。

国士舘は自滅の感あり。戦略、育成ともに大きな課題を残した大会だった。「引き分けあり4分間の体重別試合」は、「取る」ことが仕事の有名選手たちには実に厳しいレギュレーション。このレベルで対戦する大学生プレイヤーはいずれも一筋縄ではいかぬ手練ればかり。戦略のブレ、苦手な形の放置、シチュエーションに応じた引き出しの不足、あらゆる曖昧な要素が即「引き分け」に繋がってしまう。そして名の売れた選手であればあるほど当然ながらマトに掛けられやすく、積み残した弱点も目立ちやすい。課題にのみスポットライトが当てられる場とすら言っていい。高橋翼は相四つ相手にその膂力を伝える手段を確立しておらず、そしてそもそもその「体の力を伝える」ことに柔道の目当てを定め切っていない進退。外野からすれば体の力がめっぽう強く安定感は寝技で既に十分出せている髙橋が袖を浅く持ち、襟をしっかり持つ柔道に軸足を移すという考え方自体が率直に疑問。10月末の東京選手権は初戦で「抱き勝負」を挑まれたことをきっかけに本来の接近戦モードを発動、そのまま優勝という大戦果を挙げたのだがこの学生3大会は別人のような柔道だった。竹市は引き手一本の片手状態の引き出しは豊かだが、「釣り手一本」で進退する相手に高校時代の抱き勝負のような解を見つけ切っておらず、金澤は高校時代のそれこそ高橋翼と「浮落合戦」を繰り広げたような荒々しい魅力が減じて組み手と圧力という体に残った土台のみで戦っている印象。引き出し不足ということで言えば、前日片手柔道を封じられずに一方的に投げられた斉藤立も同根。世代のスターすべてを集めたと言って良い豪華2年生世代が順調に成長出来ているのか、心配になってしまう3大会だった。戦略面で言えば、この試合では中西の無理押しが痛かった。このまま仮に引き分けで終わったとして、代表戦で国士舘が不利をかこつのは抽選で引く可能性がある引き分け4試合のうち100kg級枠の1試合のみ。決して無理をする場面ではなく、本来焦るべきは追いかける柔道が得意とは言えない森のほうだったはず。森に追いかけさせて冷静に取る作戦があって然るべきだったが、実際の試合は中西の焦りを見て取った森のほうがむしろ冷静になり、ハプニングが起こるのを待ち構えたという様相。チームとして、シチュエーションに応じた戦い方の整理が甘かった部分があるかもしれない。この3大会でその実力の高さを見せつけた中西だが、10月末の東京選手権の素晴らしいパフォーマンスに比すると、むしろ今シリーズは疲労感の目立つ試合が多かった印象。3大会に皆勤、その精神的・肉体的疲労が頂点に達した感のある一番でもあった。

eJudo Photo
大将戦、「袖口絞り」はスルー。前戦から打ち続いた審判団の「テクニカルファウルを取らない姿勢」が次なる反則を呼んだ恰好。悪いスパイラルだった。

もう1つ。この試合に関しては審判団に強く物申しておきたい。あまりにも反則を見逃し過ぎだ。それも「消極的試合姿勢」や「押し出し」「ブロッキング」のような主観が絡むものではない。客観的に明らかな、粛々淡々と冷静に取るべきテクニカルファウルを放置してしまった。

副将戦(100kg級)、「指導」2つを受けたばかりか場外に押し出されることを続けて窮地に陥った金澤は左手で左袖を掴むクロス組み手の反則で時間を使い、これが「取られない」と見るや今度はまたしても同じ挙に出て、今度はこのまま残る釣り手で首を掴んで圧力を掛け、ひたすら引き落として「待て」まで歩を進めて危機を脱している。2度とも明らかに意図的なファウルである。すぐさまの攻撃以外は反則となる形で、崩し技を試みることすらなく、単に圧力を掛け続けることで両者の膠着を企図。反則以外の何物でもない。論が濁るのでここでは置くが、これは同時に「ブロッキング」を犯したダブルファウルでもある。続く大将戦(90kg級)、これも「指導」を失った中西は釣り手で組み負けた悪い形を潜り抜けるため、引き手の袖をまとめて絞るピストルグリップで時間を使い、最終的には右袖釣込腰に潰れることでお茶を濁している。

どちらも審判の技量不足で気づけなかったものではない。副将戦の片襟反則2つに関してはたまりかねた明治大サイドから幾度も「片襟だ」との声が上がっているし(配信映像でも確認出来る)、同じくアピールの声が上がった大将戦のピストルグリップに関してはこの反則を受けた森が高々手を上げ、主審と副審の眼前にわざわざ問題の箇所を晒している。もっと言えば、副将戦はこの事態が起こる直前に、組み手の「両手を使っての叩き切り」もある。せめて映像チェックでその是非を確認し、その上で「ノーファウル」を示すという姿勢があるべきだったのではないか。審判団は、意図をもってテクニカルファウルを見逃していると考えざるを得ない。

これでは、単に自身の責任で大試合の運命を決することを恐れたと取られても仕方がないのではないか。ルールとは順守されるべきもので、もしここになんらか大会レギュレーションに応じた「匙加減」(例えば引き分けありの団体戦ということに鑑みた)のが要るというのであれば、変えるべきは運用ではなくルールそれ自体のはずである。国際大会であればすぐさま「指導」の明確な反則を、将来その国際大会に出るべき選手を育成する場で「まあいいだろう」と見逃す。これでは選手の競技力も上がろうわけがない。ローカルゲームにのみ強い、形上勝利するものを養うだけだ。審判は権威を失い、軽んじられ、選手の競技力は下がり、反則を受けたチームは不当感を抱き、形上利益を得たチームはありもしない忖度を疑われる。まさしくいいことが1つもない。

柔道競技における反則には、投げによる決着を促す、試合のコントロールツールであるという一面がある。だがテクニカルファウルは別だ。淡々とルール通りに捌くことこそが試合を成立させて競技世界を健全に保つ大前提だ。もしこの「見逃し」が、大会の方針として示されたもの、たとえば審判会議で「『指導2』のあとはテクニカルファウルは取るな」などという方針が示されていたのだとしたら、その旨と理由をはっきり明示してもらいたい。ただし同じ準決勝、隣の試合会場では粛々と「両者反則負け」が宣せられているから、この確率は極めて低いと思う。繰り返すが、国際大会と異なる基準での忖度ジャッジに教育上の利得はない。この学生3大会、特に世界に繋がる場であるはずの学生体重別選手権で「IJFの運用と異なる基準」の反則付与判断に物思う場面は多々あった(国際大会視聴にどっぷり浸かっているとカルチャーショックを受ける)し、今大会準決勝でのこの一連はさすがに度を超えているのではないかと思う(3大会の中では近いレベルのものもあったが)。実のところ大きく言うと筆者は「ファンモード」では、学生大会における審判規準の揺れは「そういうもの」として、もはや1つの特徴や文化として楽しんでいる部分もある。そしてこれはいつも言うことだが、ジャッジには当然ミスもあり得る。勝負ごとというのは本来そういうもので、この部分まで呑み込んで戦い、ありうべきものとして見守って良いものではないかとすら思う。ただしここまで堂々と見逃しが横行するとさすがに世界が壊れてしまう。この学生体重別団体のレギュレーションは勝負論という観点からも競技者育成という文脈からも、「見ごたえ」というファン視点に照らしても、非常によく出来ている。だからこそその本来持つ力を生かすべく、一線ははっきり引いておかねばならない。ルールは順守されるべきだ。3大会のまとめとして、この準決勝を依り代に問題提起させて頂く次第である。

→男子レポート③準決勝(2)
→男子レポート①1回戦~準々決勝

※ eJudoメルマガ版12月15日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る