PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】古枝あさひがキャリア初の全国制覇、決勝は長谷川瑞紀を支釣込足「一本」/2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会女子78kg級レポート

(2021年12月7日)

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。
古枝あさひがキャリア初の全国制覇、決勝は長谷川瑞紀を支釣込足「一本」
2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会(女子37回)78kg級レポート
日時:2021(令和3)年11月25日
会場:千葉ポートアリーナ(千葉市)

取材・文:小林大悟/eJudo編集部
写真:辺見真也/eJudo編集部

eJudo Photo
準決勝、古枝あさひが松本りづから大外巻込「一本」

【決勝まで】

決勝進出者は古枝あさひ(環太平洋大4年)と長谷川瑞紀(近畿大3年)。

古枝は1回戦で森心晴(山梨学院大)を小外刈「技有」の優勢で下すと、2回戦では第1シードの田中怜奈(東海大)と対戦。この試合をGS5分10秒、大内刈崩れの外巻込「技有」で制してベスト8入りを決める。続く準決勝では梶原菜望妃(九州共立大)を1分53秒、大外巻込「技有」から後袈裟固で抑え込んでの合技「一本」で一蹴。準決勝では先月の全日本学生優勝大会の準々決勝、チームの勝敗がかかった試合で敗れている松本りづ(龍谷大)を畳に迎える。相手の肩車で何度も転がり掛けるが、怯まず前に出て奥襟を叩き続け、3分40秒、クロスグリップの大外刈から大外巻込に繋いで「一本」。みごと強敵にリベンジを果たし、決勝への勝ち上がりを決めた。

eJudo Photo
準々決勝、長谷川瑞紀が池田紅から袖釣込腰「一本」

一方の長谷川は、全試合で、しかも本戦での一本勝ちを収めるという抜群の勝ち上がり。まず1回戦の傍嶋美遥(高岡法科大)戦を2分55秒の崩袈裟固「一本」、2回戦の落合梨杏(中京大)戦を3分14秒の崩袈裟固「一本」と2試合連続で「腹包み」からの「舟久保固め」で勝利してベスト8入り。迎えた準々決勝では一転して豪快な投げ技を披露、池田紅(東海大)を3分17秒、相手がバウンドする勢いの両袖の袖釣込腰「一本」。続く準決勝は佐藤香菜(龍谷大)を相手に1分4秒、再び「腹包み」からの崩袈裟固で抑え込んでの一本勝ち。寝技に担ぎ技と高校時代の真っ向から奥を叩いて一発を狙うスタイルとは異なるハシゴを掛けて、決勝まで勝ち上がった。

eJudo Photo
古枝あさひが長谷川瑞紀から支釣込足「一本」

【決勝】
古枝あさひ(環太平洋大)○支釣込足(3:11)△長谷川瑞紀(近畿大)
古枝、長谷川ともに右組みの相四つ。両者勢い良く飛び出し、「バチバチ」の激しい組み手争い。長谷川が引き手で襟、さらに釣り手で奥襟を得ると、これを嫌った古枝は右外巻込で掛け潰れる。どうやら地力は長谷川が上。この攻防が以後は基本の形となり、組み合って勝負したい長谷川に組み際の巻き込みを狙う古枝という構図で試合が進む。長谷川は44秒に奥を叩きながらの右大内刈、1分8秒に低い右一本背負投と積極的に技を出すが、いずれも形が不十分であと一歩決めきれない。一方の古枝は巻き込み掛け潰れを繰り返しながらも、2分30秒間際には右大外巻込で大きく長谷川を崩し、徐々に自身のリズムを作っていく。良い流れを実感したか、2分半過ぎからは古枝が組み立てを変えて自ら奥を叩き、組み合っての勝負を挑む。長谷川はこれを嫌って両手で相手の釣り手を切ってしまい、2分41秒に「指導」を失う。古枝は再び自ら引き手で腋下、釣り手で奥を持っての組み合いを挑む。これに長谷川が応じると、これまでの巻き込み攻勢から一転、思い切り良く間合いを詰め、得意の支釣込足で勝負に出る。長谷川が大きく崩れると引き手を脇に差し入れて抱き、時計回りに捻じり倒して3分11秒「一本」。序盤戦から強豪を連破して来た古枝、勢いに乗ってついに学生王座も獲得。決勝の「一本」はひときわ見事な技だった。

成績上位者と古枝のコメント、準々決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
78kg級優勝の古枝あさひ(左)、2位の長谷川瑞紀。

【成績上位者】
(エントリー26名)
優 勝:古枝あさひ(環太平洋大)
準優勝:長谷川瑞紀(近畿大)
第三位:松本りづ(龍谷大)、佐藤香菜(龍谷大)

古枝あさひ選手のコメント
「優勝の実感はまだありませんが、頑張れたと思います。初戦は緊張がごく、もしかしたら今日は調子が悪いんじゃないかなとも思いましたが、その後立て直すことができました。初戦はたくさん息が上がったので、逆に緊張がほぐれたのだと思います。決勝は逆に楽しんで出来たことが良かったです。(古賀先生について)技術面でも精神面でもすごくお世話になりました。今大会に来る途中にも、みんなで古賀先生のお墓参りをしました。亡くなった実感はまだないんです。私達みんなに平等に話しかけてくださって、大好きな先生でした。先生への思いもあり、初の個人戦日本一になれて良かったです。」

【準々決勝】
古枝あさひ(環太平洋大)○合技[大外巻込・後袈裟固](1:53)△梶原菜望妃(九州共立大)
松本りづ(龍谷大)○内股(3:00)△松田美悠(東海大)
長谷川瑞紀(近畿大)○袖釣込腰(3:17)△池田紅(東海大)
佐藤香菜(龍谷大)○GS横四方固(GS2:36)△佐藤亜美(国士舘大)

【準決勝】
古枝あさひ○大外巻込(3:40)△松本りづ
長谷川瑞紀○袈裟固(1:04)△佐藤香菜

【決勝】
古枝あさひ○支釣込足(3:11)△長谷川瑞紀

→全試合結果
→当日ニュース

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る