PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】本命白石響が全試合一本V、ベスト4は環太平洋大勢が占める/2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会女子52kg級レポート

(2021年12月7日)

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。
本命白石響が全試合一本V、ベスト4は環太平洋大勢が占める
2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会(女子37回)52kg級レポート
日時:2021(令和3)年11月26日
会場:千葉ポートアリーナ(千葉市)

取材・文:原輝地/eJudo編集部
写真:辺見真也/eJudo編集部

eJudo Photo
1回戦、白石響が中島幸穂から背負投「一本」

eJudo Photo
準決勝、新城凜子がしぶとい組み手と早い技出しで同門の渋谷舞を封殺。

【決勝まで】

ベスト4を環太平洋大勢が独占、決勝は白石響(環太平洋大2年)と新城凜子(環太平洋大4年)という顔合わせとなった。

白石はここまで全試合一本勝ち、素晴らしい勝ち上がり。1回戦で中島幸穂(仙台大)を2分42秒の背負投「一本」に仕留めると、2回戦では百田久佳(淑徳大)を1分27秒の間に2度投げ、小内刈と背負投の合技「一本」で撃破。準々決勝では渡辺世奈(龍谷大)を僅か16秒の大外返「一本」で一蹴、さらに続く準決勝では大学の後輩の野上莉来奈(環太平洋大)を3分11秒、小内刈「技有」から上四方固で抑え込んでの合技「一本」で退け、決勝進出を決めた。

対する新城はまず1回戦で石川梨夏子(慶應義塾大)に大内刈「技有」で優勢勝ちして大会をスタート。2回戦では実力者の児玉風香(山梨学院大)を背負投「技有」の優勢勝ちで破ると、準々決勝では林美七海(明治国際医療大)との消耗戦をGS3分55秒の背負投「一本」で制してベスト4入りを決める。準決勝の相手はこちらも大学の後輩の渋谷舞(環太平洋大)。この試合はトータル10分に迫る長丁場となるが、新城が1分26秒に得た消極的試合姿勢の「指導」1つのリードをベースに優位に立ち続け、GS5分55秒に渋谷に3つ目の「指導」が与えられて決着。新城が長時間試合2つをしぶとく戦い抜き、決勝へと駒を進めた。

eJudo Photo
決勝、白石が右小内刈。

eJudo Photo
そのまま立たせず、横四方固「一本」で勝負を決めた。

【決勝】
白石響○横四方固(1:35)△新城凜子
白石が右、新城が左組みのケンカ四つ。まず白石が先んじて釣り手を確保、片手のまま右小外刈で新城を伏せさせ「待て」。続く展開、新城が組み際の肩車で展開を押し返しにかかるも白石は崩れず立ったまま受け切り、仕掛けた側の新城が伏せて再び「待て」。経過時間は25秒、白石の地力の優位が明らかとなった印象。ここから試合は加速、白石が組み際の右片襟背負投、右大内刈、右小外刈と相手を伏せさせる展開を3つ立て続けに作った54秒、新城に消極的試合姿勢の咎で「指導1」が与えられる。直後の展開、白石は釣り手を上から入れて右小内刈に飛び込んで新城を畳に這わせると、すかさず離れた引き手で脇を掬って寝技に移行。まず胸を合わせ、流れるように脚を抜いて横四方固で抑え込むと新城全く動けずあっという間に20秒が経過「一本」。試合時間は1分35秒、第1シードの白石が持ち前の膂力で他を寄せ付けず、今年の学生日本一の座に就いた。

成績上位者と白石のコメント、準々決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
52kg級優勝の白石響(左)と2位の新城凜子

【成績上位者】
(エントリー31名)
優 勝:白石響(環太平洋大)
準優勝:新城凜子(環太平洋大)
第三位:野上莉来奈(環太平洋大)、渋谷舞(環太平洋大)

白石響選手のコメント
「優勝できて嬉しいです。決勝は環太平洋大の同門で強い新城凛子先輩が対戦相手でしたが、絶対勝つんだと思って臨みました。内容としては、大会を通して、持ったらすぐに相手を左右に動かして得意の足技を出せたこと、足技から担ぎ技に繋げられた部分が良かったと思います。今はケアをしっかりしているので問題ありませんが中学生の時に右肘を痛めてその後手術を何回か経験しました。その経験のおかげで足技や組み手技術が向上したと思います。講道館杯は48kg級で出場して2回戦敗退(2019年大会)で終わってしまった。次は52kg級で初めて挑戦します。上位進出を狙います。」

【準々決勝】
白石響(環太平洋大)○大外返(0:16)△渡辺世奈(龍谷大)
野上莉来奈(環太平洋大)○GS反則[指導3](GS9:44)△長崎美紘(帝京科学大)
新城凜子(環太平洋大)○GS背負投(GS3:55)△林美七海(明治国際医療大)
渋谷舞(環太平洋大)○優勢[技有・体落]△小川真未(鹿屋体育大)

【準決勝】
白石響○合技[小内刈・上四方固](3:11)△野上莉来奈
新城凜子○GS反則[指導3](GS5:55)△渋谷舞

【決勝】
白石響○横四方固(1:00)△新城凜子

→全試合結果
→当日ニュース

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る