PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】序盤の大物狩りで得た勢い止まらず、谷口由夏が初優勝飾る/2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会女子48kg級レポート

(2021年12月7日)

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。
序盤の大物狩りで得た勢い止まらず、谷口由夏が初優勝飾る
2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会女子48kg級レポート
日時:2021(令和3)年11月26日
会場:千葉ポートアリーナ(千葉市)

取材・文:原輝地/eJudo編集部
写真:辺見真也/eJudo編集部

eJudo Photo
準決勝、この日の台風の目・谷口由夏が岩瀬茉莉に一本勝ち。ついに決勝の畳に辿り着くことになった。

eJudo Photo
準決勝、西村瑞穂が稲垣若菜から隅落「技有」

【決勝まで】

谷口由夏(環太平洋大4年)と西村瑞穂(帝京科学大2年)が決勝へと勝ち上がった。

谷口は1回戦で松倉光里(北海道大)を僅か7秒の大内刈「一本」に仕留める良い滑り出し。大一番の2回戦は優勝候補、第1シードの吉岡光(東海大)を畳に迎える。この試合は双方が相手の出方を窺って組み手の攻防に終始。ともに「取り組まない」咎で「指導2」を失いながら、これぞの機を待ち続ける耐久戦となる。そのまま本戦が終わるが、GS延長戦開始直後の29秒、谷口は吉岡が背負投を仕掛けた際に釣り手が残ったチャンスを逃さず、そのまま跨ぎ潰して腕挫十字固「一本」。勝負どころを乗り越えた谷口、準決勝は宮城杏優菜(明治国際医療大)を21秒の大内刈「一本」と初戦に続く「秒殺」で試合を終わらせると、準決勝では岩瀬茉莉(帝京科学大)にGS3分57秒の小外刈「技有」で勝利。大物を食った勢いそのままに決勝へと勝ち上がった。

一方の西村は1回戦で森結愛(龍谷大)にGS1分47秒の背負投「技有」で勝利して大会を滑り出す。2回戦で布谷咲花(山梨学院大)を大内刈「技有」の優勢で下すと、準々決勝では門出七海(福岡大)にGS3分47秒、背負投で一本勝ち。準決勝では稲垣若菜(桐蔭横浜大)を、GS延長戦開始直後の15秒、相手の「韓国背負い」を手前に引き落としての隅落「技有」で退けて決勝進出を決めた。

eJudo Photo
決勝は谷口の豪快な腰車「技有」で決着

【決勝】
谷口由夏○GS技有・腰車(GS2:25)△西村瑞穂
谷口が右、西村が左組みのケンカ四つ。試合開始早々、谷口が引き手で前襟、釣り手で背中を同時に確保する強気の組み手で前進。圧力を掛けて西村を場外まで追いやると、開始12秒、いきなり西村に場外の「指導」。その後も地力に勝る谷口が巴投からの寝勝負と前進圧力を与えながらの密着勝負で主導権を握る。しかし決定的なポイントは入らぬまま試合は進み、1分59秒に両者に消極的の咎で「指導」、本戦残り3秒で谷口に手指を握り合わせた咎で「指導2」が与えられ、双方「指導2」を失ったタイスコアで本戦4分が終了。試合はGS延長戦へ突入する。延長戦に入っても展開は変わらず、谷口が両手を同時に確保してからの右大内刈、さらに背後から潰しての寝勝負と先手を打ち続ける。バッティングで西村が出血し一時中断を挟んで迎えた延長2分10秒、谷口が引き手で西村の釣り手を抑えながら釣り手で前襟を得るケンカ四つクロスの形で相手を固定しにかかる。嫌った西村が釣り手の拘束を解こうと身体を開くと、瞬間谷口が一気に距離を詰めて右腰車一閃。西村が完全に宙を舞ったこの一撃に「技有」が宣告されて勝負あり。試合時間は延長2分25秒、終始攻め続けた谷口が豪快な投げで試合を締めくくり、見事優勝を決めた。

成績上位者と谷口のコメント、準々決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
48kg級優勝の谷口由夏(左)と2位の西村瑞穂

【成績上位者】
(エントリー28名)
優 勝:谷口由夏(環太平洋大)
準優勝:西村瑞穂(帝京科学大)
第三位:岩瀬茉莉(帝京科学大)、稲垣若菜(桐蔭横浜大)

谷口由夏選手のコメント
「階級を52kg級から変更して初めて挑戦した大会で、チャレンジャーとして暴れてやろうと思って臨みました。優勝できて良かったです。階級変更の不安はなく、初戦から緊張もしなかったです。一番の得意は寝技ですが、これからもスキルアップしていかないといけないと思っています。全国大会での優勝は嬉しいですが、これからも謙虚に、着実に、成長していきたいと思います。」

eJudo Photo
準々決勝、西村瑞穂が門出七海から「韓国背負い」で「技有」

【準々決勝】
谷口由夏(環太平洋大)○大内刈(0:21)△宮城杏優菜(明治国際医療大)
岩瀬茉莉(帝京科学大)○GS技有・背負投(GS2:18)△荒川朋花(東京学芸大)
西村瑞穂(帝京科学大)○GS背負投(GS3:47)△門出七海(福岡大)
稲垣若菜(桐蔭横浜大)○優勢[技有・背負投]△宮川桃香(国士舘大)

【準決勝】
谷口由夏○GS技有・小外刈(GS3:57)△岩瀬茉莉
西村瑞穂○GS技有・隅落(GS0:15)△稲垣若菜

【決勝】
谷口由夏○GS技有・腰車(GS2:25)△西村瑞穂

→全試合結果
→当日ニュース

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る