PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】植岡虎太郎が初優勝、「これしかない」背負投の威力際立つ/2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会男子100kg級レポート

(2021年12月6日)

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。
植岡虎太郎が初優勝、「これしかない」背負投の威力際立つ
2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会(男子40回)100kg級レポート
日時:2021(令和3)年11月26日
会場:千葉ポートアリーナ(千葉市)

取材・文:古田英毅/eJudo編集部

eJudo Photo
1回戦、植岡虎太郎が宗石忠士から小内刈「一本」。強烈な一撃だった。

eJudo Photo
準決勝、植岡が皆川大記から背負投「一本」

【決勝まで】

決勝に進んだのは植岡虎太郎(天理大3年)と中野智博(早稲田大1年)。

ともに登場は1回戦から。植岡はまず宗石忠士(福井工業大)を3分42秒右小内刈「一本」に沈めて大会をスタート。釣り手一本で放った技だが、肘の操作の巧みさと何より刈りのあまりの強さと深さに、インパクトの瞬間相手は真っ逆さま。一瞬で頭から畳に沈んで「一本」、人型に痕が残るのではないかというほどの強烈な一撃だった。2回戦は須藤駿(札幌大)の右大内刈を吸い込むように呼び込み、体捌き良く綺麗に払って56秒大内返「一本」。3回戦は山本瑛介(國學院大)をGS延長戦2分32秒「指導3」対「指導1」で凌いで勝利。勝負どころの準々決勝は関根聖隆(筑波大)の厳しい組み手と片手技の前になかなか形を作れなかったが組み際の担ぎ技を中心にじわじわ陣地を広げ、残り1分を過ぎたところで釣り手一本から引き手を拾いながら動き鋭く右小内刈。相手の予想より少し刈り込み大きく、相手の反応より少し早く乗り込んで瞬間的に体側を着かせて「技有」確保。このポイントによる優勢勝ちでベスト4入りを果たす。準決勝は同学年のインターハイ王者皆川大記(東洋大)をGS延長戦1分16秒右背負投「一本」に屠り、みごと決勝に勝ち上がることとなった。

eJudo Photo
準々決勝、中野智博が上田虎徹を左体落「一本」に仕留める。

一方の中野は初戦で竹村侑大(日本文理大)を相手に一方的な試合。まず左背負投で「技有」、1分51秒には左大外刈「一本」と連取して順調に大会を滑り出す。2回戦は金澤聡瑠(国士舘大)にGS延長戦1分55秒「指導2」対「指導3」で競り勝ち、3回戦は八木郁実(日本体育大)に乗り込み鋭い左背負投「技有」から袈裟固に繋いで3分26秒合技「一本」。迎えた準々決勝は上田虎徹(皇學館大)を1分12秒二段モーションの左体落「一本」に沈めてベスト4入りを果たす。準決勝は粘戦ファイター畠山竜弥(山梨学院大)との大接戦をGS延長戦1分22秒「指導2」対「指導3」で制し、1年生ながら見事決勝の畳に辿り着くこととなった。

eJudo Photo
決勝、中野は植岡の釣り手を潰しに掛かる。

【決勝】
植岡虎太郎○背負投(2:09)△中野智博

植岡が右、中野が左組みのケンカ四つ。植岡両襟からスタート、中野は肘を載せて相手の釣り手を落とし、引き手で袖を掴んで切らんとする。この駆け引きのさなかに植岡が低く右背負投、中野が外側に逃れ、たたらを踏んで両者が立ち直るという攻防で最初のターンは終了。以降も植岡の釣り手の「効き」の有無を前線とした釣り手の陣地争いと、これに絡めての引き手争いが続く。中野が左小外刈ではたくと植岡これをきっかけに釣り手の手首を立てて右小内刈、この技の最中に引き手で袖を拾って座り込みの右背負投へと繋ぐ。独特のタイミングで放った避けにくい技、深く股中に飛び込んだかに思われたが中野の上体は崩れ切らず。またいで受けてしまった中野は高低差で出来上がったスペースを利用して素早く外側へ。植岡の伸びあがりの寸前に力の圏外まで逃れ、なんとか膝を着いて潰し「待て」。多くの選手が嵌って来たこの植岡が作り出す時間と空間の「ギャップ」に乗らず、さすがというところを見せる。

eJudo Photo
植岡が右背負投、大きく伸びあがって決め切り、「一本」

eJudo Photo

eJudo Photo

植岡引き手を左片襟に入れて両手で襟を手繰るが中野素早くこの袖を抑えて左大内刈。さらに膝頭を足首で抑えての左大外刈、大内刈と技を継ぐ。しかしこの良い展開を続けることが出来ず、再び組み手争いとなった1分17秒には双方に「取り組まない」咎で「指導」。中野両襟を起点に技を仕掛けながら引き手で袖を得るが、植岡嫌い過ぎず近い間合いのまま粘り強くこれを持ち返し、袖を得るなり右背負投に入り込む。釣り手を高く、右足の膝と甲を着き、「滑り込む」とでもいうべき独特のタイミングと動き。中野かわせると見て僅かに外側に足を踏み出して跨ぐが、ここからの伸びあがりの大きさが植岡の背負投の真骨頂。植岡が膝を伸ばすと中野の残った左脚の内側に腰が引っ掛かり、中野の腰も大きく浮き上がる。想定される円の軌道が大きく、受けの腹ばいが一瞬想起されたが、植岡の引き手の抱き込みが強く軌道は中途でコンパクトに収縮、中野は頭を低く、腰を高くした恰好のままブンと回されて畳に埋まり、文句なしの「一本」。植岡、この試合も得意の背負投ですべてを解決。見事学生王者の座を射止めることとなった。

「背負投しかない」(本人談)と言いながら、そして実際に背負投による「一本」を連発しながら、植岡の柔道は上質。担ぎ技系にありがちな組み立ての偏狭さがなく、しっかり持ち、釣り手の操作を効かせて足技で崩し、最後は担ぎ技で投げ切る。クラシカルな柔道と現代のルールに向いたスタイルを融合させた、魅力的な進退だった。

そしてこの100kg級はベスト4入りの4名に、それぞれタイプ違えど「担ぎ技ファイター」と規定される選手が植岡、中野、皆川と3名。カラーのはっきりした結果だった。

成績上位者と植岡のコメント、準々決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
100kg級優勝の植岡虎太郎(左)と2位の中野智博。

eJudo Photo
3回戦、植岡虎太郎が関根聖隆から小内刈「技有」

eJudo Photo
1回戦、中野智博が竹村侑大から左大外刈「一本」

【成績上位者】
(エントリー52名)
優 勝:植岡虎太郎(天理大)
準優勝:中野智博(早稲田大)
第三位:皆川大記(東洋大)、畠山竜弥(山梨学院大)

植岡虎太郎選手のコメント
「決勝はなかなか組めなかったのですが、組めた時にいつも通りに入ろう、と自分に言い聞かせて試合をしました。それが出来た、ということです。組み手を妥協せず最後まで粘り強く戦えました。決勝の相手はタイプ的に苦手なイメージもあったのですが、しっかり対応出来たと思います。自分には背負投しかないので、あくまで背負投を狙っていました。目標はまず選抜体重別に出て、海外で戦える選手になること。課題は足技。もっと足技で投げられるようになれば、一段幅が広がって背負投も掛けやすくなり、もう少し楽に戦えるようになると思います。」

【準々決勝】
皆川大記(東洋大)○優勢[技有・小内刈]△尾上進介(鹿屋体育大)
植岡虎太郎(天理大)○優勢[技有・小内刈]△関根聖隆(筑波大)
畠山竜弥(山梨学院大)○GS反則[指導3](GS0:56)△梅野雅崇(国士舘大)
中野智博(早稲田大)○体落(1:12)△上田虎徹(皇學館大)

【準決勝】
植岡虎太郎○GS背負投(GS1:16)△皆川大記
中野智博○GS反則[指導3](GS1:22)△畠山竜弥

【決勝】
植岡虎太郎○背負投(2:09)△中野智博

→全試合結果
→当日ニュース

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る