PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】全試合担ぎ技「一本」、業師・押領司龍星が初優勝/2021年度全日本学生柔道体重別選手権大男子90kg級レポート

(2021年12月6日)

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。
全試合担ぎ技「一本」、業師・押領司龍星が初優勝
2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会(男子40回)90kg級レポート
日時:2021(令和3)年11月26日
会場:千葉ポートアリーナ(千葉市)

取材・文:古田英毅/eJudo編集部

eJudo Photo
準々決勝、押領司龍星が枇杷木勇樹から背負投「一本」

eJudo Photo
準決勝、押領司が吉野弘人から背負投「一本」。体を縦に深く折る、いかにもこの人らしい豪快な一撃。

【決勝まで】

決勝に進んだのは押領司龍星(國學院大3年)と中西一生(国士舘大3年)。ともに投げ一発の強さで立つ、タイプの違う業師同士が学生日本一の座を巡って戦うこととなった。

押領司は2018年にインターハイ81kg級で準優勝している、豪快な担ぎ技が代名詞の強豪。この日は初戦(2回戦)からいきなりの山場、全日本カデ王者で2019年には高校2年生でインターハイ準優勝を果たしているジュニア世代の主役・戸髙淳之介(筑波大学)とマッチアップ。この試合は左相四つの相手に2分31秒引き手で袖を持って左一本背負投一撃。低く入り、戸髙がバンと手を着いて耐えるとこれを拾って膝を大きく伸ばして縦回転を強い、体1つぶん遠くまで投げ切って文句なしの「一本」。最高の形で大会を滑り出す。続く3回戦はこれも左相四つの海堀陽弥(日本体育大)に釣り手を絞り切られながら、そのまま流して左一本背負投。低く入った技だが崩しと膝の伸展のタイミングが噛み合い、海堀は受けようとしたその形のまま高い位置まで浮き上がり、大きく弧を描いて背中から落下。その胴体に背を合わせ、押領司が天井を向く形で決め切ると2分27秒これも鮮やか「一本」。準々決勝は開始33秒、ケンカ四つの長身・枇杷木勇樹(国士舘大)に奥襟を持たせたまま懐の中で体を回し、打点の高い左背負投一撃。高校時代を思い起こさせるこれぞ押領司という一撃で縦に投げ切り、豪快「一本」。ドスン、という落下音無観客の会場にひときわ大きく響き渡る、強烈な一撃だった。準決勝は吉野弘人(鹿屋体育大)を2分51秒左背負投「一本」に仕留め、全試合一本勝ちで決勝進出を決めた。

eJudo Photo
準決勝、中西一生が藤永龍太郎から背負投「一本」

中西は東京地区大会で優勝、10月末の東京都選手権を勝ち抜いて全日本選手権出場も決めている、今大会のV候補筆頭。1回戦は衛藤力也(皇學館大)に一方的に反則を押し付け、GS延長戦1分8秒「指導3」で勝利。2回戦は前戦で阿部拓馬(筑波大)に勝利している戸田将太(甲南大)に残り22秒で奪った大内刈「技有」を以て優勢勝ちを果たす。3回戦は安藤健志(早稲田大)を相手にせず、後帯を掴むと右大内刈から右釣腰に繋いで2分38秒「一本」。勝負どころの準々決勝は笹谷健(東海大)と対戦、GS延長戦3分36秒に背中を抱いた相手に前技フェイントで剛体を強いると、すかさず右小内刈で叩き落として「技有」確保。これでベスト4入りを決める。準決勝は相手の動きを捉えることが得意な同門の後輩・藤永龍太郎(国士舘大)と激戦も、GS延長戦52秒右背負投を決めて「一本」決着。連戦の疲れかハイコンディション時に比べると技の威力、進退のスピードともいまひとつの印象ではあるが、やはりさすがの強さ。しっかり決勝への勝ち上がりを決めた。

eJudo Photo
押領司(白)と中西による決勝戦

eJudo Photo
本戦終盤、押領司は釣り手側の肩車に活路を見出さんとするが中西は揺るがず。

【決勝】
押領司龍星○GS背負投(GS5:19)△中西一生

ともに大技一撃の威力が持ち味、業師同士の対決は押領司が左、中西が右組みのケンカ四つ。押領司の背負投の生命線は釣り手。良い位置で襟が持てて手首が立てられれば、たとえ片手でも高く抜き上げ、引き手を拾って縦回転で投げ切ってしまう。押領司さっそく釣り手を手繰ると引き手不十分のまま思い切った左背負投に飛び込む。しかし中西心得て潰し、引き手が切れたまま投げ切らんとした押領司を立ったたまま反時計回りに引きずって「待て」。再開されると両袖の右袖釣込腰を放ち、的確に展開を一歩押し戻す。

以後は中西が右内股に袖釣込腰、押領司が左背負投に左一本背負投と放って攻め合う。しかし両袖、あるいは肘載せとしっかり釣り手を潰す中西の側が有利な印象。押領司、1分36秒に放った低い左背負投は相手の膝を着かすところまで歩を進められたが、以降はなかなか有効打が出ない。生命線の釣り手が効かせられず、そして何より、持ったところで本命の担ぎ技が読まれて威力が伝えられない。残り1分を切ってからは釣り手側への肩車を2度見せるが苦し紛れの印象は否めず。いずれもしっかり読んだ中西が潰し、立って捌いて揺るがない。スコア動かずも、潜在的には中西優位の印象のまま試合はGS延長戦へと移る。

eJudo Photo
GS延長戦5分7秒、ついに押領司の背負投が決まって「一本」

GS延長戦に入ると中西これを待っていたかのように攻勢。二本で手繰って釣り手を持つと打点の高い右背負投、押領司はのめって額から畳に落ち、あわやポイント。続いて襟狙いを晒して両袖を握るなり今度は思い切った右袖釣込腰。攻め続けられる押領司は苦しいところだがそれでも右への肩車に左一本背負投と技は出し続け、手数でこの時間帯を乗り切る。一方の中西はGS1分半過ぎにほぼ完璧な組み手を作るも抱き直しての捨身技(浮技)を選択して潰れてしまい、流れを掴み切れず。押領司は組み手の早い中西に一方的に持たれると、大胆な左背負投でこれを切って離脱。直後のGS2分37秒には消極的試合姿勢の咎で中西に「指導」が与えられる。

以降は一進一退の組み手争いにステージが戻る。変わらず組み手は中西が一枚上手、両袖からの右袖釣込腰に片襟の右背負投と攻めるが、GS3分を過ぎたあたりから、これに対抗して打ち込む押領司の担ぎ技に中西が崩れる場面が目立ち始める。立ったまま余裕をもって潰していたこれまでとは少し様相変わり始めた印象。GS4分35秒にはひときわ思い切った左背負投、中西時計回りに釣り手側に動いて引き戻すが、押領司ここから振り回して投げなおし、反時計回りに吹っ飛ばす。両手が離れて中西はたたら、正対して尻餅をついて「待て」。本戦とは押領司の技の「効き」がまったく変わったという印象。

GS5分7秒、両者に「取り組まない」咎による「指導」。直後、「指導2」となった中西がツイと寄って引き手を絞ると押領司応じて持ち返し、思い切って左背負投。エントリーは低く、膝を伸ばして決めは高く。モダンな技法の一撃見事決まり、中西は両足を天井に向けて一回転「一本」。

押領司の粘りと爆発力に凱歌。中西の強烈な投げを耐え切り、巧みな組み手にも技を打ち返してチャンスを待ち、最後に一発決めてみせた精神力は見事。率直に言って、開始1分の様相を見てこの結果は想起し難かった。「業」のあるものの強さを見せつけた試合とも言えるだろう。勝者にふさわしい戦いぶりだった。

成績上位者と押領司のコメント、準々決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
90kg級優勝の押領司龍星(左)と2位の中西一生。

【成績上位者】
(エントリー51名)
優 勝:押領司龍星(國學院大)
準優勝:中西一生(国士舘大)
第三位:吉野弘人(鹿屋体育大)、藤永龍太郎(国士舘大)

押領司龍星選手のコメント
「信じられないくらいうれしいです。1回戦で一本勝ちして、今日はいけると思いました。必ずしも自分のやってきた形で勝てたというわけではないですが、決勝で背負投で勝ててスカッとしました。背負投は小学校の時に初めての試合で勝った技。それからずっとやってきた得意技で優勝を決められて、これも嬉しいです。次は講道館杯が目標。まだまだ頑張ります。」

【準々決勝】
押領司龍星(國學院大)○背負投(0:33)△枇杷木勇樹(国士舘大)
吉野弘人(鹿屋体育大)○優勢[技有・小外掛]△瀧澤秀人(東海大)
中西一生(国士舘大)○GS技有・小外刈(GS3:48)△笹谷健(東海大)
藤永龍太郎(国士舘大)○優勢[技有・内股返]△中村俊太(國學院大)

【準決勝】
押領司龍星○背負投(2:51)△吉野弘人
中西一生○GS背負投(GS0:52)△藤永龍太郎

【決勝】
押領司龍星○GS背負投(GS5:19)△中西一生

→全試合結果
→当日ニュース

※ eJudoメルマガ版12月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る