PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】東海大に「不思議の勝ちなし」、勝つための論理突き詰めた姿勢に凱歌/全日本学生柔道優勝大会マッチレポート④「評」

(2021年12月4日)

※ eJudoメルマガ版12月2日掲載記事より転載・編集しています。
【レポート】東海大に「不思議の勝ちなし」、勝つための論理突き詰めた姿勢に凱歌
/全日本学生柔道優勝大会(男子70回)マッチレポート④「評」
日時;2021(令和3)年11月13日~14日
会場:千葉ポートアリーナ(千葉市)
文責:古田英毅

③決勝レポートからつづく)

■ 決勝評 的確過ぎるワンショット処方、「先鋒・安部」策が力引き出す
eJudo Photo
決勝は5-0、大差で東海大の勝利となった

【決勝】
東海大 5-0 筑波大
(先)安部光太○腕挫十字固(1:38)△田中航太
(次)中村雄太○大外落(3:11)△千野根有我
(五)石川智啓×引分×阿部拓馬
(中)村尾三四郎○内股(0:25)△戸高淳之介
(三)鈴木直登○合技[隅落・裏投](3:38)△日野山剛
(副)松村颯佑○裏投(2:26)△長谷川功斉
(大)中島大貴×引分×関根聖隆

eJudo Photo
試合の行方を決めた先鋒・安部光太の腕挫十字固「一本」

先鋒・安部の勝利ですべてが決まったと言っていい試合。以後の盤面全てを東海大にとっての「表」に規定、両軍全員の振る舞いを決定づけた。得点計算的にはもちろん、早い時間の「一本」というインパクトによる士気の醸成(筑波大にとっては精神的なダメージ)も大きかった。東海大にとっては勝利が「あと少し手を伸ばせば届く」極めて現実的な目標となり、筑波大にとっては何か大きなことを2つ、3つと重ねなければならない、個々1人1人の力ではコントロール出来ない彼方側に落ちてしまった。戦力に勝る東海大の地力がまっすぐ発揮されるフィールドがこの試合で出来上がった。順行運転が出来れば優勝間違いなし、総合力ナンバーワンの東海大に、これを発揮させる起動スイッチである異端の寝業師・安部の存在。終わってみれば「先鋒・安部」はこれ以上ない必殺の策だった。戦後、上水監督が「今回のテーマは安部。安部をスターターに据えることこそがポイント」との旨語ったことはまさに納得。準々決勝の天理大戦で、「局面ごとにはさほどの差がないが、スコア的には大きな差がついた」旨書かせて頂いたが、つまりはこれも、安部という着火装置の存在の差が、スコアに反映されたということだろう。準決勝、安部に代わって出た先鋒で出動した笹谷健はしっかり仕事を果たし、手堅く引き分けて試合を作ったが、後衛はここまで爆発力のある試合は出来なかった。上水研一朗監督が「4年生が大人しい」と語る今代にあって、安部で着火、以降で爆発というこの戦型は、適切というような生易しいものではなく、むしろ「これしかない」という形だったのかもしれない。

eJudo Photo
準決勝で腿を肉離れした松村颯祐の選択は「両足で踏ん張れる」裏投だった。

東海大の特徴である「考える力」の高さも際立った。準決勝では大将・中島の状況を読んだ冷静な振る舞いとして発揮されたこの力は、決勝では選手個々の「取り方」として現れた。真骨頂は主将・松村。準決勝の投げで軸足の腿を肉離れ、この試合では得意の片足技(内股)が掛けられない状況にあったが、残った材料から解を導き出し、両足で踏ん張る裏投で勝負をつけた。支釣込足で弾き、位置を変えて側面に付くことで背中にアプローチしにくい相四つ相手に裏を取った作りも見事。開けたい引き出しに対してきちんと階段を持っていた。相手の組み手を利用しての肘下大外落で「一本」を取った中村(作りも適切だった)、試合を決める大一番でありながら冷静に状況を利用して「後の先」の技で2発取った鈴木、外側の大技で作って内側の大技で取った村尾、いずれも実によくディティールが研がれていた。単に強いから勝つのではなく、どの振る舞いにも思考の跡が濃い。「不思議の勝ち」がない、いかにも東海大らしい勝ち方だった。

eJudo Photo
表彰式に臨む筑波大

筑波大は大健闘。コロナ禍による1年半近くの試合休止で各校の戦力読みがたい大会だったのだが、その極まりがこの筑波大。選手の名前だけで言えば、率直に言ってここまで”やる”チームとは予想しがたがったのだが、錬磨のレベルが他とは一段違った。たとえ試合がなくても、自分たちがどれだけ強いかは稽古でわかる。1年生2人を前衛に突っ込んだ準決勝などは、自軍の稽古に対する誇りと信頼、そして「見る目」への自信が匂い立った。大会全体を通じてどのチームも稽古不足・経験不足が否めず、「鍛えこまれた」とまで呼べるチームはなかったというのが総評なのだが、その中にあって錬磨そのもので立った筑波大は際立った存在だった。伝統のオーダー戦略の冴えも十分発揮。配列の妙で圧勝した準決勝はもちろん、敗れた決勝も開示の時点で「筑波大は怖い」と当方の心胆寒からしめる、迫力ある布陣だった。決勝進出の勲章を得るに足るチームだったと評したい。

■ 総評 「不思議の勝ちなし」、勝つための論理突き詰めた東海大に凱歌
eJudo Photo
観客席に手を振る東海大の面々

総評として。前段の繰り返しになるが、コロナ禍の影響か、各校いずれも仕上がりに難のある大会であった。同じチーム内でも選手のコンディションに差のあるケースがかなり見られたし、ひとつの「弾み」で全体が壊れていく、あるいは極端に上手く流れる試合も多く、フィジカルコンディションはもちろん精神面での仕上りの甘さが強く感じられた。
ほとんどのチームが練習すること自体で手一杯、決められた大会、決められた日にしっかりピーキングするというレベルまでまだ辿り着いていないのではないだろうか。大学生はここから4週間弱でさらに2大会をこなすわけだが、ゆえに、体重別個人、そして尼崎の体重別団体ともに、選手の出来不出来この時点では読みがたい。今回良かった選手がそのまま活躍するとは限らないし、今回の不調がそのまま次回の不出来に繋がるとも言い切れない。過密日程による調整の難しさもこの混沌を加速するはずで、「当日良い選手が勝つ」不確定要素多い2大会になるだろう。

そして今回は、その不確定要素多い状況だからこそ、考える力に長け、論理を突き詰め、徹底して不確定要素に向き合うことがポリシーの東海大の力が一段増幅された大会であったと言える。育成、戦略から戦術的なディティールに至るまで嘘なく本質的に、勝つための思考を突き詰めた東海大の優勝は妥当なものであった。

この「勝つための論理」の傘は既に次の大会まで及んでいる。試合後に上水監督が語ったところによると、今回の大きなテーマは、まだこの大会自体を知らない1年生と2年生に優勝を味わわせ、勝利の経験値を次代に繋ぐことだったという。準決勝で敗れた1年生中村と2年生鈴木の決勝起用は、この観点からとも。視座が大きい。実際に鈴木が決勝で披露した戦いは明らかに一皮むけていた。中村、鈴木ともに確実に次代の柱に育っていくであろう。勝つのみならず、来年以降に向けてしっかり種を撒いた大会でもあった。

ただでさえ巨大戦力の東海大が、ひたすら勝つための論理を突き詰め、「勝つこと」に思考を投じ続け、さらに来期に向けた種蒔きまでやってのける。他から一段抜けた意識の高さ。東海大の勝利は必然であったと言える。東海大の勝ちに「不思議の勝ちなし」。5連覇の偉業を心から称えたい。

→⑤インタビューに続く)

■ 記録
eJudo Photo
5連覇達成の東海大

eJudo Photo
準優勝の筑波大

(エントリー61校)

【入賞者】

優 勝:東海大学
準優勝:筑波大学
第三位:日本体育大学、国士舘大学

優秀選手:村尾三四郎(東海大)、鈴木直登(東海大)、田中航太(筑波大)、戸高淳之介(筑波大)、
グリーンカラニ海斗(日本体育大)、中西一生(国士舘大)、植岡虎太郎(天理大)、羽田野竜輝(明治大)、皆川大記(東洋大)、東部直希(日本大)

【準々決勝】

東海大 5−1 天理大
(先)安部光太○送襟絞(0:32)△山本亮太
(次)鈴木直登△優勢[技有・背負投]○植岡虎太郎
(五)村尾三四郎○内股(1:03)△丸山晃志
(中)石川智啓○崩袈裟固(1:50)△勝部翔
(三)中村雄太○合技[内股返・大内刈](1:56)△新井涼平
(副)松村颯佑○優勢[技有・袖釣込腰]△酒井晃輝
(大)中島大貴×引分×山本亮馬

日本体育大 ①代−1 明治大
(先)海堀陽弥×引分×福永夏生
(次)八木郁実○反則(2:40)△戸髙竜之介
(五)石原樹×引分×森健心
(中)グリーンカラニ海斗×引分×神垣和他
(三)菅原幸大×引分×藤鷹裕大
(副)平山才稀×引分×長岡季空
(大)小嶋洸成△反則(3:24)○羽田野竜輝
(代)グリーンカラニ海斗○合技[抱分・払腰](1:12)△神垣和他

筑波大 2−0 東洋大
(先)日野山剛○背負落(0:32)△兼藤仁士
(次)千野根有我×引分×星田大希
(五)戸高淳之介×引分×飛田歩夢
(中)関根聖隆×引分×皆川大記
(三)阿部拓馬×引分×白石隼人
(副)長谷川功斉×引分×吉井拓実
(大)村岡英哉○優勢[技有・払腰]△後藤颯斗

国士舘大 1−0 日本大
(先)田中優大×引分×松山葵偉
(次)金澤聡瑠×引分×金野晃大
(五)竹市大祐×引分×北條嘉人
(中)大淵泰志郎×引分×東部直希
(三)中西一生×引分×村上優哉
(副)清水雅義○優勢[技有・大内刈]△青柳大虎
(大)髙橋翼×引分×石村健真

【準決勝】

東海大 ③−3 日本体育大
(先)笹谷健×引分×菅原幸大
(次)石川智啓△優勢[技有・浮落]○平山才稀
(五)中村雄太△優勢[技有・背負投]○石原樹
(中)松村颯佑○合技[内股透・内股透](3:01)△小嶋洸成
(三)鈴木直登△内股(2:06)○グリーンカラニ海斗
(副)村尾三四郎○大外刈(2:19)△海堀陽弥
(大)中島大貴○優勢[技有・体落]△八木郁実

筑波大 3−1 国士舘大
(先)田中航太○合技[小外掛・隅落](2:48)△枇杷木勇樹
(次)戸高淳之介○合技[払巻込・外巻込](2:49)△竹市大祐
(五)千野根有我×引分×田中優大
(中)長谷川功斉○優勢[技有・袖釣込腰]△清水雅義
(三)阿部拓馬×引分×髙橋翼
(副)日野山剛×引分×金澤聡瑠
(大)関根聖隆△合技[大内刈・内股](3:01)○中西一生

【決勝】

東海大 5−0 筑波大
(先)安部光太○腕挫十字固(1:38)△田中航太
(次)中村雄太○大外落(3:11)△千野根有我
(五)石川智啓×引分×阿部拓馬
(中)村尾三四郎○内股(0:25)△戸高淳之介
(三)鈴木直登○合技[隅落・裏投](3:38)△日野山剛
(副)松村颯佑○裏投(2:26)△長谷川功斉
(大)中島大貴×引分×関根聖隆

→全試合結果

※ eJudoメルマガ版12月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る