PAGE TOP ↑
eJudo

【ニュース】田中志歩、強豪連破も決勝はスコッチマッロに苦杯/グランドスラム・アブダビ2021第2日女子

(2021年11月28日)

※ eJudoメルマガ版11月29日掲載記事より転載・編集しています。
【ニュース】田中志歩、強豪連破も決勝はスコッチマッロに苦杯
グランドスラム・アブダビ2021第2日女子(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
70kg級決勝、ジョヴァンナ・スコッチマッロが田中志歩から小内刈「技有」

アラブ首長国連邦の首都アブダビのジュウジュツ・アリーナ・アブダビ(Jiu-Jitsu Arena Abu Dhabi)で開催されているグランドスラム・アブダビ2021。第2日目となる27日、女子は2階級の競技が行われた。

70kg級は第1シードのジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)が順当に優勝を飾った。初戦(準々決勝)は無名のイダ・エリクソン(スウェーデン)にGS3分26秒での「指導3」反則と意外な苦戦を強いられたが、準決勝はケリー・ピーターセン=ポラード(イギリス)にGS17秒、背負投で一本勝ち。決勝は田中志歩(JR東日本)に終始攻め込まれる苦しい展開。早々に「指導」2つを失ったが、GS延長戦4分15秒、縺れ際に相手が腰を抱いてきたところに小内刈を合わせて「技有」獲得。苦しい戦いを制して優勝を決めた。3位にはマリー=イヴ・ガイ(フランス)、ケリー・ピーターセン=ポラード(イングランド)が入賞した。

日本代表の田中は準々決勝でイーファ・コーグラン(オーストラリア)に大内刈「技有」、準決勝でガイに小内刈「一本」と上位選手を連続で破って決勝まで勝ち上がったが、画竜点睛を欠いた。地力、技とも間違いなく上位クラスだが、勝利した試合も含めて戦術面に甘さあり。決勝も終始優位に立ちながら具体的にどう試合を終わらせるか決め切れず、相手に考える時間を与えた末にまさかの一発を食ってしまった。

eJudo Photo
63kg級決勝、ルーシー・レンシャルがレナタ・ザコワから裏投「技有」

63kg級は第2シードのルーシー・レンシャル(イギリス)が優勝。2回戦でカミラ・バドゥロワ(ロシア)にGS延長戦3分44秒の「指導3」反則で勝利、準々決勝はギリ・シャリル(イスラエル)にGS1分59秒、腕挫十字固で一本勝ち。準決勝ではカタリナ・ヘッカー(オーストラリア)をGS延長戦7秒の大内刈「一本」で下して決勝へと勝ち上がる。迎えた決勝では、準々決勝で2021年ブダペスト世界選手権2位のアンドレヤ・レスキ(スロベニア)を一本背負投「技有」で破ったレナタ・ザコワ(チェコ)とマッチアップ。本戦で「技有」を取り合ってのGS延長戦51秒に一本背負投「技有」を獲得。合技「一本」で優勝を決めた。3位にはレスキとサンネ・フェルメール(オランダ)が入賞した。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果は下記。

■ 63kg級
eJudo Photo
63kg級メダリスト。左から2位のレナタ・ザコワ、優勝のルーシー・レンシャル、3位のアンドレヤ・レスキとサンネ・フェルメール

(エントリー19名)

【入賞者】
1.RENSHALL, Lucy (GBR)
2.ZACHOVA, Renata (CZE)
3.LESKI, Andreja (SLO)
3.VERMEER, Sanne (NED)
5.HAECKER, Katharina (AUS)
5.QUADROS, Ketleyn (BRA)
7.DAVYDOVA, Daria (RUS)
7.SHARIR, Gili (ISR)

【成績上位者】
優 勝:ルーシー・レンシャル(イギリス)
準優勝:レナタ・ザコワ(チェコ)
第三位:アンドレヤ・レスキ(スロベニア)、サンネ・フェルメール(オランダ)

【準々決勝】
レナタ・ザコワ(チェコ)○優勢[技有・一本背負投]△アンドレヤ・レスキ(スロベニア)
サンネ・フェルメール(オランダ)○優勢[技有・浮落]△ダリア・ダヴィドワ(ロシア)
ルーシー・レンシャル(イギリス)○GS腕挫十字固(GS1:59)△ギリ・シャリル(イスラエル)
カタリナ・ヘッカー(オーストラリア)○優勢[技有・浮落]△ケトレイン・クアドロス(ブラジル)

【敗者復活戦】
アンドレヤ・レスキ(スロベニア)○釣込腰(3:47)△ダリア・ダヴィドワ(ロシア)
ケトレイン・クアドロス(ブラジル)○腕挫十字固(3:27)△ギリ・シャリル(イスラエル)

【準決勝】
レナタ・ザコワ(チェコ)○袖釣込腰(1:18)△サンネ・フェルメール(オランダ)
ルーシー・レンシャル(イギリス)○GS大内刈(GS0:07)△カタリナ・ヘッカー(オーストラリア)

【3位決定戦】
アンドレヤ・レスキ(スロベニア)○GS〓〓(GS1:34)△カタリナ・ヘッカー(オーストラリア)
サンネ・フェルメール(オランダ)○GS反則[指導3](GS1:58)△ケトレイン・クアドロス(ブラジル)

【決勝】
ルーシー・レンシャル(イギリス)○GS合技[裏投・一本背負投](GS0:51)△レナタ・ザコワ(チェコ)

■ 70kg級
eJudo Photo
70kg級メダリスト。左から2位の田中志歩、優勝のジョヴァンナ・スコッチマッロ、3位のマリー=イヴ・ガイとケリー・ピーターセン=ポラード

(エントリー11名)

【入賞者】
1.SCOCCIMARRO, Giovanna (GER)
2.TANAKA, Shiho (JPN)
3.GAHIE, Marie Eve (FRA)
3.PETERSEN POLLARD, Kelly (GBR)
5.KIREEVA, Taisia (RUS)
5.TSERENDULAM, Enkhchimeg (MGL)
7.ERIKSSON, Ida (SWE)
7.COUGHLAN, Aoife (AUS)

【成績上位者】
優 勝:ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)
準優勝:田中志歩(JR東日本)
第三位:マリー=イヴ・ガイ(フランス)、ケリー・ピーターセン=ポラード(イングランド)

【準々決勝】
ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)○GS反則[指導3](GS3:26)△イダ・エリクソン(スウェーデン)
ケリー・ピーターセン=ポラード(イギリス)○GS技有・体落(GS2:02)△タイシア・キリエワ(ロシア)
田中志歩○優勢[技有・大内刈]△イーファ・コーグラン(オーストラリア)
マリー=イヴ・ガイ(フランス)○優勢[技有・小外刈]△ツェレンデュラム・エンフチメグ(モンゴル)

【敗者復活戦】
タイシア・キリエワ(ロシア)○反則[指導3](3:15)△イダ・エリクソン(スウェーデン)
ツェレンデュラム・エンフチメグ(モンゴル)○GS反則[指導3](GS3:38)△イーファ・コーグラン(オーストラリア)

【準決勝】
ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)○GS背負投(GS0:17)△ケリー・ピーターセン=ポラード(イギリス)
田中志歩○GS小内刈(GS1:37)△マリー=イヴ・ガイ(フランス)

【3位決定戦】
マリー=イヴ・ガイ(フランス)○肩固(2:15)△タイシア・キリエワ(ロシア)
ケリー・ピーターセン=ポラード(イギリス)○GS反則[指導3](GS1:34)△ツェレンデュラム・エンフチメグ(モンゴル)

【決勝】
ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)○GS技有・小内刈(GS4:28)△田中志歩

【日本代表選手勝ち上がり】

田中志歩(JR東日本)
成績:2位


【1回戦】
田中志歩○大内刈(1:16)△レイチェル・ホークス(アイルランド)

【準々決勝】
田中志歩○優勢[技有・大内刈]△イーファ・コーグラン(オーストラリア)

【準決勝】
田中志歩○GS小内刈(GS1:37)△マリー=イヴ・ガイ(フランス)

【決勝】
田中志歩△GS技有・小内刈(GS4:28)○ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)

※ eJudoメルマガ版11月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る