PAGE TOP ↑
eJudo

【速報】松村颯佑が最重量級制覇、100kg級は植岡虎太郎、90kg級は押領司龍星が得意の背負投で「一本」連発V/全日本学生柔道体重別選手権最終日男子

(2021年11月27日)

※ eJudoメルマガ版11月27日掲載記事より転載・編集しています。
【速報】松村颯佑が最重量級制覇、100kg級は植岡虎太郎、90kg級は押領司龍星が得意の背負投で「一本」連発V
2021年度全日本学生柔道体重別選手権(男子40回)・最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
決勝、松村颯佑が東部直希に背中を抱かせて対峙。

eJudo Photo
この形から右足車を決めて「一本」

eJudo Photo
100kg級決勝、植岡虎太郎が中野智博から背負投「一本」

eJudo Photo
90kg級決勝、押領司龍星が中西一生から背負投「一本」

今年の学生柔道日本一を争う全日本学生柔道体重別選手権大会は26日、千葉ポートアリーナ(千葉市)で最終日の男女合わせて7階級決勝までの競技を行った。

男子100kg超級は14日の全日本学生柔道優勝大会で5連覇を達成した東海大の主将・松村颯佑(東海大4年)が優勝。準決勝では東京柔道選手権を制した高橋翼(国士舘大2年)を裏投「技有」に隅落「技有」と2度投げつける完勝。決勝は東京予選決勝で苦杯を喫した東部直希(日本大4年)と再戦。優勝大会で負った腿の肉離れのため「内股は痛過ぎて掛けられない」(本人談)厳しい条件の中で、「抱き勝負」が得意な相手が背中に回り込んでくる動きを見極め、巧みに呼び込んで右足車。試合中に「この技ならいける」と思いついたという方法がピタリ噛み合い、豪快「一本」で勝負を決めた。

100kg級は植岡虎太郎(天理大3年)が初優勝。「背負投しか出来ない」(本人談)との言葉の通り、背負投で崩し、背負投で投げ切るこの人らしい柔道で「一本」を連発。準決勝は同学年のインターハイ王者皆川大記(東洋大3年)をGS延長戦1分16秒背負投「一本」に沈め、決勝は混戦を勝ち上がって来た中野智博(早稲田大2年)を2分9秒、これも豪快な背負投「一本」に仕留めて優勝を決めた。植岡はキャリア初の全国制覇達成、試合後は「選抜にも出て、海外の大会でも活躍したい」と力強く次の目標を語っていた。

90kg級も背負投ファイターが優勝。押領司龍星(國學院3年)が全試合を担ぎ技「一本」で駆け抜けた。対戦した相手はこれぞという強豪ばかり、勝ち上がりは初戦から順に戸髙淳之介(筑波大1年)を一本背負投「一本」、海堀陽弥(日本体育大1年)を一本背負投「一本」、枇杷木勇樹(国士舘大4年)を背負投「一本」、準決勝は吉野弘人(鹿屋体育大4年)を背負投「一本」。決勝も東京地区予選王者・中西一生(国士舘大3年)との鍔迫り合いをあくまでこの技で突破、背負投「一本」に沈めて優勝を勝ち取った。釣り手一本でも抜き上げれば終わり、打点高く縦に投げ切る、押領司の特徴が遺憾なく発揮された1日だった。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果は下記。

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級優勝の押領司龍星(左)と2位の中西一生。

(エントリー51名)

【入賞者】
優 勝:押領司龍星(國學院大)
準優勝:中西一生(国士舘大)
第三位:吉野弘人(鹿屋体育大)、藤永龍太郎(国士舘大)

【準々決勝】
押領司龍星(國學院大)○背負投(0:33)△枇杷木勇樹(国士舘大)
吉野弘人(鹿屋体育大)○優勢[技有・小外掛]△瀧澤秀人(東海大)
中西一生(国士舘大)○GS技有・小外刈(GS3:48)△笹谷健(東海大)
藤永龍太郎(国士舘大)○優勢[技有・内股返]△中村俊太(國學院大)

【準決勝】
押領司龍星○背負投(2:51)△吉野弘人
中西一生○GS背負投(GS0:52)△藤永龍太郎

【決勝】
押領司龍星○GS背負投(GS5:19)△中西一生

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級優勝の植岡虎太郎(左)と2位の中野智博。

(エントリー52名)

【入賞者】
優 勝:植岡虎太郎(天理大)
準優勝:中野智博(早稲田大)
第三位:皆川大記(東洋大)、畠山竜弥(山梨学院大)

【準々決勝】
皆川大記(東洋大)○優勢[技有・小内刈]△尾上進介(鹿屋体育大)
植岡虎太郎(天理大)○優勢[技有・小内刈]△関根聖隆(筑波大)
畠山竜弥(山梨学院大)○GS反則[指導3](GS0:56)△梅野雅崇(国士舘大)
中野智博(早稲田大)○体落(1:12)△上田虎徹(皇學館大)

【準決勝】
植岡虎太郎○GS背負投(GS1:16)△皆川大記
中野智博○GS反則[指導3](GS1:22)△畠山竜弥

【決勝】
植岡虎太郎○背負投(2:09)△中野智博

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級優勝の松村颯祐(左)と2位の東部直希。

(エントリー50名)

【入賞者】
優 勝:松村颯祐(東海大)
準優勝:東部直希(日本大)
第三位:髙橋翼(国士舘大)、千野根有我(筑波大)

【準々決勝】
髙橋翼(国士舘大)○GS反則[指導3](GS1:21)△石川智啓(東海大)
松村颯祐(東海大)○払腰(1:43)△山本亮馬(天理大)
東部直希(日本大)○GS技有・大外刈(GS0:48)△山本亮太(天理大)
千野根有我(筑波大)○優勢[技有・支釣込足]△寺本靜矢(天理大)

【準決勝】
松村颯祐○合技[裏投・隅落](2:19)△髙橋翼
東部直希○反則[指導3](2:50)△千野根有我

【決勝】
松村颯祐○GS足車(GS0:45)△東部直希

※ eJudoメルマガ版11月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る