PAGE TOP ↑
eJudo

きょうからグランドスラム・アブダビ、日本から田中志歩と中内柚里がエントリー

(2021年11月26日)

※ eJudoメルマガ版11月26日掲載記事より転載・編集しています。
きょうからグランドスラム・アブダビ、日本から田中志歩と中内柚里がエントリー
eJudo Photo
60kg級のヤン・ユンウェイ

eJudo Photo
70kg級に田中志歩がエントリー

eJudo Photo
100kg超級にはロシア期待のヴァレリー・エンドヴィツキーが出場する

2021年のIJFワールドツアー最終戦となるグランドスラム・アブダビ2021がきょう26日から28日まで、アラブ首長国連邦の首都アブダビで開催される。

41か国から計223人がエントリー。男子は81kg級に世界王者マティアス・カッス(ベルギー)、60kg級に東京五輪銀メダリストのヤン・ユンウェイ(台湾)がエントリーするなど各階級に軸となる選手がしっかりおり、3週間前のバクー大会に比べてもむしろ豪華なメンバー。100kg超級には同じく3週間前の欧州U-23選手権を素晴らしい内容で制したロシア期待のヴァレリー・エンドヴィツキー(ロシア)が出場する。

女子はフランスが今回も意欲的な派遣、52kg級に東京五輪銀メダリストのアモンディーヌ・ブシャー、48kg級に五輪代表シリーヌ・ブクリ、52kg級に期待の若手ファイザ・モクダにここにきて充実のプリシラ・ネトとかなり厚い陣容。52kg級はチェルシー・ジャイルス(イギリス)にジェフェン・プリモ(イスラエル)と対抗馬のレベルも高く、初日の3階級はかなり充実。

日本からは70kg級の田中志歩と52kg級の中内柚里、JR東日本所属の2人がエントリー。70kg級は新添左季(自衛隊体育学校)に寺田宇多菜(JR東日本)と日本勢が立て続けに良い結果を出しており、田中もここは譲れないところ。世界王者マリー=イヴ・ガイ(フランス)を倒し、しっかり結果を残したい。

eJudoでは今大会も男女14階級のプレビュー、ニュース記事を配信する。

※ eJudoメルマガ版11月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る