PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】斉藤立に90kg級の「爆弾」コンビ、若き日本代表による序列破壊に期待/グランドスラム・バクー2021最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2021年11月7日)

※ eJudoメルマガ版11月7日掲載記事より転載・編集しています。
斉藤立に90kg級の「爆弾」コンビ、若き日本代表による序列破壊に期待
グランドスラム・バクー2021最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
4月の全日本選抜体重別を制し、ブダペスト世界選手権では団体戦代表を務めた増山香補。

■90kg級 強豪ずらりのハイレベル階級、日本の「爆弾」増山香補と田嶋剛希の序列破壊に期待

(エントリー23名)

トップ選手多数のハイレベル陣容。2017年ブダペスト世界選手権王者のネマニャ・マイドフ(セルビア)を筆頭に、ベカ・グヴィニアシヴィリとルカ・マイスラゼのジョージアの強力二枚、ママダリ・メフディエフ(アゼルバイジャン)、ガンツルガ・アルタンバガナ(モンゴル)と世界大会でもメダルを狙えるクラスの強豪が多数揃った。ここに日本代表の増山香補(パーク24)と田嶋剛希(パーク24)の2名も加わり、見どころ実に豊富。ここまでに名前を挙げた選手に絶対的な力の差はなく、全員に優勝の可能性があると考えて良いだろう。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る