PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】新井万央が圧勝、人材揃った激戦階級みごと制す/第70回インターハイ柔道競技女子78kg超級レポート

(2021年11月3日)

※ eJudoメルマガ版11月3日掲載記事より転載・編集しています。
新井万央が圧勝、人材揃った激戦階級みごと制す
第70回インターハイ柔道競技女子78kg超級レポート
日時:2021年8月12日
会場:長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)

eJudo Photo
2回戦、新井万央が岡本凛から右外巻込「技有」

eJudo Photo
準決勝、新井が橋口茉央から隅落でまず「技有」

【決勝まで】

3月の全国高校選手権には出場していなかった3年生世代の全国中学校大会準優勝者・新井万央(埼玉・埼玉栄高)が素晴らしい強さを見せて決勝進出。全試合一本勝ち、それも全国高校選手権無差別で他を圧する強さを見せた橋口茉央(佐賀・佐賀商高)と椋木美希(岡山・創志学園高)のファイナリスト2人を直接対決で倒すという文句なしの勝ち上がりである。

新井は2回戦から登場。まず岡本凛(愛媛・新居浜高専高)から試合が始まるなり打点高い右外巻込で「技有」、そのまま後袈裟固に抑え込んで僅か25秒合技「一本」。続いて3回戦では瀬戸美咲(奈良・天理高)を1分58秒崩上四方固「一本」に斬って落とし、準々決勝ではこちらも3試合連続の一本勝ち、「秒殺」を連発して来た椋木とマッチアップ。この試合は相手の払巻込の掛け潰れに食いつくと握りを作りながらローリング、そのまま肩固に抑え込んで2分59秒「一本」。準決勝ではいよいよ橋口と対戦、事実上の決勝との観測もあったこの大一番は1分過ぎに相手の片襟払腰を素早い反応で叩き落として隅落「技有」。さらに焦った橋口が両袖で下方向に絞って一瞬待ちに出たところを、その絞りを利用して腕をまとめながらの右内股で投げ切り、2分17秒2つ目の「技有」獲得。最難関と目された試合を合技「一本」で完勝してみせた。一段も二段も違う強さを見せ、いよいよ締めの決勝の畳に臨む。

eJudo Photo
3回戦、朝原寿天良が鹿島楓から右内股「技有」

逆サイドからは、こちらも素晴らしい内容で朝原寿天良(岐阜・中京高)が決勝進出。2回戦は川本果歩(島根・明誠高)を1分8秒の間に右内股巻込と右内股で2度投げつけて合技「一本」の快勝。3回戦は鹿島楓(千葉・木更津総合高)を2分32秒右内股と右払巻込の合技「一本」に沈めてベスト8入り。準々決勝は齊藤海憂(大阪・大産大附高)に「指導」差2-1の僅差優勢(GS0:34)と苦労したが、準決勝は山口ひかる(愛知・大成高)を相手にせず僅か34秒、右払巻込と袈裟固の合技「一本」で勝利。4戦して3つの一本勝ちという好内容で決勝の畳に辿り着いた。

全国中学校大会2連覇者の大高ひかり(東京・帝京高)は団体戦に続いて欠場。記録上は初戦敗退となった。

eJudo Photo
決勝、新井が右払巻込で「技有」。このまま抑え込んで勝負を決めた。

【決勝】
新井万央(埼玉・埼玉栄高)○合技[払巻込・崩袈裟固](1:41)△朝原寿天良(岐阜・中京高)

新井、朝原ともに右組みの相四つ。開始直後、新井が釣り手で奥を叩くと、朝原は嫌っていきなり畳に伏せてしまう。この攻防に両者の力関係は明らか。29秒に新井が再び奥を得て右内股を仕掛けると、朝原再び畳に伏せてしまい、35秒早くも朝原に消極的の「指導」。これを受けて朝原はまず技を打ち返さねばと組み際に右払巻込を仕掛けるが、新井は動ぜず。49秒には再び奥を叩かれて伏せてしまった朝原に、消極的試合姿勢の咎で2つ目の「指導」が加えられる。この時点でほぼ勝負は決した感あり。

両者組み合っての攻防を経た1分30秒間際、新井が奥襟を得て右内股を仕掛ける。この技は相手の頭が抜けてしまって決め切れなかったが、新井は動きを止めず、釣り手を肩越しに持ったまま今度は右払腰に飛び込む。またもや入りが深すぎて自ら体勢を大きく崩してしまったが、軸足の膝を着きながらも釣り手を離して右払巻込に連絡、強引に巻き込み切って「技有」を得る。投げ終わりの時点ですでに腕を抱えた崩袈裟固の形が出来上がっており、そのまま10秒間抑え込み、1分41秒、合技「一本」。新井が盤石の試合運びで優勝を飾った。

新井は圧倒的な強さを披露。アスリートタイプの長身・大型という身体的記号とそれに見合った体の強さを前面に押し出して「強いがゆえに勝つ」試合を繰り広げていた中学時代の新井が、一段アップグレードして帰って来たという印象だった。全国高校選手権無差別を制した橋口茉央は今大会徹底マークに遭って苦しんだが、変わらぬ強さと柔道の気風の良さを見せつけ、同大会2位の椋木美希も前評判に違わぬ良い柔道で強さを見せてくれた。近年稀に見る充実陣容。日本の最重量級の今後に、大きな希望の持てる大会であった。

入賞者と新井のコメント、準々決勝以降の結果は下記。全試合結果は記録ページを参照のこと。

eJudo Photo
全試合一本勝ちで優勝を決めた新井万央

eJudo Photo
準決勝の橋口茉央戦、新井は絞られた袖を使用して右内股。2つ目の「技有」を得る。

【入賞者】
(エントリー48名)
優 勝:新井万央(埼玉・埼玉栄高)
準優勝:朝原寿天良(岐阜・中京高)
第三位:橋口茉央(佐賀・佐賀商高)、山口ひかる(愛知・大成高)
第五位:椋木美希(岡山・創志学園高)、細野いづみ(大分・柳ヶ浦高)、齊藤海憂(大阪・大産大附高)、吉井なつみ(長野・佐久長聖高)

新井万央選手のコメント
「組み合わせが決まって、準々決勝で高校選手権2位、準決勝で1位の選手と戦うことになった。厳しい組み合わせだと思ったのですが、おかげで強い相手を倒しての優勝が出来た。予想以上の出来で、自分、ちょっと格好いいなと思いました(笑)。この試合に限らず2回戦も相手が大きかったですし、全部の試合『負けるかも』と思ってやったら案外出来た。『取れてラッキー』という試合の連続で決勝まで進んだ印象です。(―きょうの柔道について)自分は立ち技の選手だと思っていたのですが、大会3日間寝技の方が切れていたので、こちらのほうが出来るのではないかと思いました。(―勝因は?)普段から中学の男子、超級の子や力がある子と練習させてもらっていたこと。男子とバチバチやれて力が上がったなと思います。また、詰めの2か月はトレーニングも中学生と一緒にやって、体も心も1年前よりも強くなっている。埼玉栄は独特のトレーニングがあるんですが、それで心も上がりました。(―一緒に叫んだり?)はい!(笑)。(―細かい技術が上手くなっていると感じました。変えた部分は?)転校前は組み手をしっかりやっていて、中学より出来るようになったけどそのぶん力が落ちてなかなか勝てなくなっていた。パワーを取り戻したことで、学んだ組み手が生きるようになったと思います。(―憧れの選手は?)81kg級の佐々木健志選手です。立ち技から寝技への速さとか、組み手の速さとか。(-今後の目標は)まず全日本ジュニア、その後は皇后盃もあります。1つ1つ勝っていきたいです。」

【準々決勝】
新井万央(埼玉・埼玉栄高)○肩固(2:59)△椋木美希(岡山・創志学園高)
橋口茉央(佐賀・佐賀商高)○GS技有(GS0:07)△細野いづみ(大分・柳ヶ浦高)
朝原寿天良(岐阜・中京高)○GS僅差(GS0:34)△齊藤海憂(大阪・大産大附高)
山口ひかる(愛知・大成高)○GS技有(GS8:34)△吉井なつみ(長野・佐久長聖高)

【準決勝】
新井万央(埼玉・埼玉栄高)○合技(2:17)△橋口茉央(佐賀・佐賀商高)
朝原寿天良(岐阜・中京高)○合技(0:34)△山口ひかる(愛知・大成高)

【決勝】
新井万央(埼玉・埼玉栄高)○合技[払巻込・崩袈裟固](1:41)△朝原寿天良(岐阜・中京高)

※ eJudoメルマガ版11月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る