PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】跳ねて刈って「一本」連発、気風の良い柔道で近藤美月が初優勝/第70回インターハイ柔道競技女子48kg級レポート

(2021年10月29日)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。
跳ねて刈って「一本」連発、気風の良い柔道で近藤美月が初優勝
第70回インターハイ柔道競技女子48kg級レポート
日時:2021年8月11日(水)
会場:長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)

eJudo Photo
3回戦、近藤美月が濵口結実から左大腰「一本」

決勝に進んだのはともに投げ一発が魅力の2人、近藤美月(佐賀・佐賀商高)と宮木果乃(東京・修徳高)。

3月の全国高校選手権2位の近藤は力強い投げを連発、出色の勝ち上がり。2回戦は河口璃香(岐阜・中京高)を2分13秒合技「一本」に仕留めると、3回戦はいかにも近藤らしい大技連発。濵口結実(神奈川・三浦学苑高)を僅か51秒の間に左内股「技有」に左大腰「一本」と2度投げつけて快勝。準々決勝の朝田結衣(京都・京都文教高)戦は1分9秒、いずれも左内股で2つの「技有」を得て一本勝ち。初弾は打点高く回し込んでの強烈な一撃、2つ目は耐えられると見るや頭を着けさせたところから低く巻き込み直し、捩じり倒して決めた。足立美翔(滋賀・比叡山高)との準決勝はGS延長戦19秒、ケンカ四つの腰の差し合いから相手の右内股を外すなり左内股の形で押し付ける。体を預けて無理やり背を着かせたこの内股透「技有」で決勝進出を決めた。

eJudo Photo
1回戦、宮木果乃が西村奏星から左小内刈「一本」

宮木は全国高校選手権の東京代表に推薦されながら、本戦は欠場することとなり畳に立てず。この日はその力を証明すべく奮闘。1回戦は西村奏星(高知・高知高)を1分31秒小内刈「一本」に仕留め、2回戦は池田美優奈(兵庫・神港学園高)を1分46秒上四方固「一本」、3回戦は岩本梨聖(熊本・鎮西高)を1分22秒左背負投「一本」と3戦連続の一本勝ち。準々決勝は宮原青海(愛知・大成高)に開始30秒過ぎに左背負投、耐えられたところを足を上げて押し込み「技有」確保。このポイントを守っての優勢勝ち。準決勝は高校選手権の覇者・池田湖音(埼玉・埼玉栄高)にGS延長戦2分30秒2つ目の「指導」を奪って競り勝ち。見事決勝の畳に進むこととなった。

eJudo Photo
決勝、近藤が大外返「一本」。5試合すべてで投げを決める、素晴らしい内容で優勝を決めた。

【決勝】
近藤美月(佐賀・佐賀商高)○大外返(2:38)△宮木果乃(東京・修徳高)

近藤、宮木ともに左組みの相四つ。釣り手で高い位置を持って左内股や左の腰技を狙いたい近藤に、袖の絞り合いから担ぎ技で攻める宮木という構図。先に引き手を得るのは近藤だが、宮木は近藤が釣り手をしっかり作る前に絞り落とし、左背負投、一本背負投と担ぎ技で鋭く、深く懐に潜り込み続ける。近藤は高い身体能力と反射神経でいずれも避けるが、危うい場面が続く。試合の主導権は宮木にある印象。しかし両者ノースコアで迎えた本戦残り22秒、横変形から近藤が相手の釣り手を噛み殺したまま一瞬展開を止めて誘うと、宮木これに乗って左大外刈で勝負に出てしまう。狙い通りの技が来た近藤は瞬時に反応して大外返で迎撃、釣り手を殺されていた宮木は勢い良く一回転して背中から畳に埋まる。文句なしの「一本」。高校選手権2位の近藤が見事優勝を果たした。

最後まで「投げ」にこだわった力強い柔道。近藤の優勝は正当な結果だった。組み手・寝技・担ぎ技の先手攻撃で仕上がってしまう選手が多い女子軽量級には珍しい、「粗削りだが投げ一発が強い」型。それも腰の強さを生かした跳ね、刈りが主戦武器という、得難い素材である。このスケール感を保ったままどこまで行けるか。伸びしろ一杯の近藤の今後に注目したい。

入賞者と近藤のコメント、準々決勝以降の結果は下記。全試合結果は記録ページを参照のこと。

eJudo Photo
初優勝の近藤美月

eJudo Photo
3回戦、濵口結実から左内股でまず「技有」。

eJudo Photo
準々決勝、朝田結衣から左内股で1つ目の「技有」。

【入賞者】
(エントリー48名)
優 勝:近藤美月(佐賀・佐賀商高)
準優勝:宮木果乃(東京・修徳高)
第三位:足立美翔(滋賀・比叡山高)、池田湖音(埼玉・埼玉栄高)
第五位:朝田結衣(京都・京都文教高)、秋田裕希乃(愛媛・新田高)、原田瑞希(大分・柳ヶ浦高)、宮原青海(愛知・大成高)

近藤美月選手のコメント
「高校選手権の決勝で負けてから、きょうまで必死に日本一を目指して来た。最後に達成出来て最高の気持ちです。(―どんなところを強化しましたか?)絶対に日本一の練習をしている、それだけやっているっていう自信があるから、自分の柔道を貫こうと思っていました。内股などは対策されると思っていましたが、それでも絶対に投げると思っていました。(―自分の柔道とは?)攻めるというか投げに行く柔道。今日は初戦から最後まで攻め切ることが出来たと思います。(―決勝について)自分が苦手な形。不安は少しあったのですが、先生が決勝の前に「自信を持って投げに行くだけだから」と声を掛けて下さり、自分の柔道を貫こうと思いました。(-最後の場面の大外返、横変形を作って誘った?)…体が勝手に動きました。あんまり覚えていないです(笑)。(―オリンピックは見ましたか?)阿部一二三選手の豪快な柔道が格好良くて、自分もああしたいなと強く思いました。この先は、どんな相手がいても、自分の得意な内股、背負投できれいな一本を取れるような選手になりたいです」

【準々決勝】
近藤美月(佐賀・佐賀商高)○合技(1:09)△朝田結衣(京都・京都文教高)
足立美翔(滋賀・比叡山高)○優勢[技有]△秋田裕希乃(愛媛・新田高)
池田湖音(埼玉・埼玉栄高)○GS内股透(GS0:59)△原田瑞希(大分・柳ヶ浦高)
宮木果乃(東京・修徳高)○優勢[技有]△宮原青海(愛知・大成高)

【準決勝】
近藤美月(佐賀・佐賀商高)○GS技有(GS0:19)△足立美翔(滋賀・比叡山高)
宮木果乃(東京・修徳高)○GS僅差(GS2:30)△池田湖音(埼玉・埼玉栄高)

【決勝】
近藤美月(佐賀・佐賀商高)○大外返(2:38)△宮木果乃(東京・修徳高)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る