PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】強豪次々撃破、激戦階級は2年生新井道大が制す/第70回インターハイ柔道競技100kg級レポート

(2021年10月27日)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。
強豪次々撃破、激戦階級は2年生新井道大が制す
第70回インターハイ柔道競技100kg級レポート
日時:2021年8月10日(火)
会場:長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)

eJudo Photo
準々決勝、中山康が宮本力玖から内股「一本」

【決勝まで】

才能ある選手が集った、これも激戦階級。決勝に勝ち上がったのは中山康(愛知・大成高)と新井道大(埼玉・埼玉栄高)の2人。

中山は2018年全国中学校大会90kg級の覇者、3年生世代を代表する選手の1人。この日は比較的組み合わせに恵まれたこともあり快勝続き。1回戦は植松恭平(佐賀・佐賀商高)を51秒小外掛「一本」に屠り、2回戦は髙橋幸汰(宮城・東北高)を1分48秒内股と内股透の合技「一本」で一蹴。3回戦は2分9秒、田窪育明(島根・開星高)を小外刈と崩袈裟固の合技「一本」で下し、勝負どころと目された宮本力玖(兵庫・神戸国際附高)との準々決勝は2分6秒会心の内股「一本」でクリア。準決勝は金子竜士(神奈川・東海大相模高)をGS延長戦39秒「指導3」で退け、順当に決勝まで勝ち進むこととなった。

eJudo Photo
準々決勝、新井道大が齋五澤凌生から内股「一本」

2年生の新井は極めて厳しい山から、こちらも抜群の内容で勝ち上がり。1回戦は野村晟也(静岡・加藤学園高)を2分11秒隅落と崩袈裟固の合技「一本」、2回戦は村戸朱斗(広島・崇徳高)を僅か55秒、大外刈と大内刈の合技「一本」で下すと、3回戦からは優勝候補と連戦。まず全国高校選手権無差別3位の桑原悠吾(福岡・福岡大大濠高)を相手に払腰「技有」をリードされながらも、1分44秒隅落と崩袈裟固の合技「一本」で逆転勝ち。続く準々決勝は同じ2年生世代の強者・齋五澤凌生(栃木・白鴎大足利高)を1分20秒会心の内股「一本」に沈めて会場を沸かせる。迎えた準決勝は団体戦で強さを見せつけた平見陸(奈良・天理高)と試合時間7分を変える大消耗戦。粘りに粘り、最後は焦れた平見の右内股巻込を交わし、縦に捲り回して隅落「技有」(GS4:14)。倒すべき相手をすべて倒したという印象、堂々インターハイ決勝の舞台に駒を進めることとなった。

eJudo Photo
決勝、新井が独特のタイミングで左大外刈。しぶとく投げ切って決勝点となる「技有」確保。

【決勝】
新井道大(埼玉・埼玉栄高)○合技[大外刈・袈裟固](2:26)△中山康(愛知・大成高)

新井、中山ともに左組みの相四つ。両者正面からずれて横変形での組み合いとなる。28秒、新井が左大内刈から追い込んで投げ、肩から勢い良く畳に落とす。ポイント級の技だったが、あと一歩押し込みが足りなかったか得点には至らない。どうやら地力は新井が上。中山は横変形に噛み殺して凌ぎながら得意の膕狙いの左小外刈を狙うも、新井は動じない。どころか逆に支釣込足で伏せさせ、崩上四方固で抑え込む場面も作りだす。これは逃してしまうが、「待て」の掛かった1分45秒には中山に消極的姿勢の「指導」。新井優位で迎えた2分15秒、中山が左大内刈で追い込むと、新井は刈り足を外すなり左大外刈を打ち返す。中山伏せて耐えるが、新井はそのまま左内股様に乗り越えて投げ切って決定的な「技有」。投げ終わりの形のまま袈裟固で抑え込むと中山もはや動けず、2分26秒、合技「一本」。2年生の新井が先輩・長濱に続いて優勝を飾った。

新井は素晴らしい出来。全6試合のうち5試合を一本勝ち、それも実力の証明とされる(アクシデントではない)合技「一本」を4つマークするという堂々たる内容。まだまだ粗さは目立つが、若竹のような芯の強さとしなやかさ、そしてスケールの大きさが印象的だった。

中山は全国高校選手権の不調から立ち直ったかに思われたが、決勝は同大会同様生命線のケンケン小外刈で崩しきれず、自らバランスを崩す場面が目立った。作りの問題か、ボディバランスの狂いか。コロナ禍突入直前に見せていた輝きを、このインターハイでも取り戻すには至らなかった。

入賞者と新井のコメント、準々決勝以降の結果は下記。全試合結果は記録ページを参照のこと。

eJudo Photo
新井道大は2年生にしてインターハイを制覇。

eJudo Photo
2回戦、新井が村戸朱斗から大内刈で2つ目の「技有」

【入賞者】
(エントリー48名)
優 勝:新井道大(埼玉・埼玉栄高)
準優勝:中山康(愛知・大成高)
第三位:金子竜士(神奈川・東海大相模高)、平見陸(奈良・天理高)
第五位:林旺佑(千葉・木更津総合高)、宮本力玖(兵庫・神戸国際附高)、岩本賢武(山口・高川学園高)、齋五澤凌生(栃木・白鴎大足利高)

新井道大選手のコメント
「優勝したことよりも、まずこのコロナ禍でインターハイが出来たこと、試合をさせて頂いたことが嬉しい。感謝しています。(―涙が見られました)高校に入ってから勝てない時期が長かった。辛い期間が長くて、そのことを思い返していました。決勝はなんとしても決め切る、優勝するという気持ちで戦いました。(―直前に同じ畳で長濱選手が優勝)尊敬する先輩。『団体戦の代わりに、優勝しよう』と声を掛けて頂いたので、自分も絶対に勝たなければいけないと思いました。(―今後の目標は)まずは来年もインターハイで優勝すること。夢は、オリンピックの金メダルです。」

【準々決勝】
金子竜士(神奈川・東海大相模高)○GS僅差(GS5:38)△林旺佑(千葉・木更津総合高)
中山康(愛知・大成高)○内股(2:06)△宮本力玖(兵庫・神戸国際附高)
平見陸(奈良・天理高)○体落(1:58)△岩本賢武(山口・高川学園高)
新井道大(埼玉・埼玉栄高)○内股(1:20)△齋五澤凌生(栃木・白鴎大足利高)

【準決勝】
中山康(愛知・大成高)○GS反則[指導3](GS0:39)△金子竜士(神奈川・東海大相模高)
新井道大(埼玉・埼玉栄高)○GS技有(GS4:14)△平見陸(奈良・天理高)

【決勝】
新井道大(埼玉・埼玉栄高)○合技(2:26)△中山康(愛知・大成高)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る