PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】東郷丈児が初優勝、力強い柔道で全試合「一本」/第70回インターハイ柔道競技男子81kg級レポート

(2021年10月27日)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。
【レポート】東郷丈児が初優勝、力強い柔道で全試合「一本」
第70回インターハイ柔道競技男子81kg級レポート
日時:2021年8月10日(火)
会場:長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)

eJudo Photo
準々決勝、東郷丈児が長谷川大翔を崩袈裟固に抑え込む。

eJudo Photo
準決勝、東郷は天野開斗の内股の作用足を高い位置で外し、会心の内股透「一本」

【決勝まで】

激戦を縫って決勝まで勝ち上がったのは、東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)と伊澤直乙斗(千葉・市立習志野高)の2人。

東郷は全国中学校大会3位、3月の全国高校選手権では準優勝している強者。体の強さ、得意の寝技の技術ともに春より一段レベルを上げてこの日は出色の勝ち上がり。2回戦は重松泰進(奈良・天理高)を袖釣込腰と一本背負投の合技「一本」、僅か46秒で一蹴。続く3回戦は山崎優太(新潟・新潟第一高)をこれもほぼファーストコンタクトで勝負を決め、39秒縦四方固「一本」。準々決勝は長谷川大翔(茨城・つくば秀英高)を1分8秒合技「一本」で仕留め、ここまで3試合はすべて事実上の「秒殺」。

迎えた準決勝の相手は激戦ブロックを勝ち上がって来た天野開斗(神奈川・東海大相模高)。天野は高校選手権の覇者長澤篤希(静岡・静岡学園高)が消えた(※2回戦で長崎・瓊浦高の松田基裕に内股で一本負け)ブロックの勝者。ここまで佐藤周也(宮崎・延岡学園高)を1分37秒内股透「一本」、中里侠斗(長野・佐久長聖高)を43秒内股「一本」、岸田耕平(栃木・白鴎大足利高)を2分0秒払巻込「一本」とこちらの勝ち上がりも素晴らしい。

両者全試合一本勝ちで迎えたこの試合は2分4秒、東郷が天野得意の内股を絶妙の体捌きで透かし、高く揚げた足を外すなり引き手を利かせて大きく乗り込み2分4秒内股透「一本」。東郷大一番に快勝、みごと決勝への勝ち上がりを決めることとなった。

eJudo Photo
準々決勝、伊澤直乙斗が今野健太郎から背負投「一本」

一方、伊澤も混戦ブロックから非常に良い勝ち上がりを見せた。1回戦は武嶋俊樹(山口・高水高)を1分2秒横四方固「一本」で一蹴、2回戦は川北遥路(滋賀・比叡山高)をGS延長戦2分5秒内股透「技有」を奪って退け、3回戦は前戦で2018年の全中王者菊池駿星(愛知・大成高)を大内刈「一本」で下している後藤達人(福島・田村高)を僅か46秒、背負投と縦四方固の合技「一本」で撃破。準々決勝は今野健太郎(秋田・秋田工高)を開始20秒の背負投「一本」で「秒殺」、準決勝はこの日大暴れの大沼朴(宮城・仙台育英高)をこれも僅か46秒横四方固「一本」に仕留めてみごと決勝進出権を得た。

eJudo Photo
決勝、東郷が伊澤をガッチリ抑え込む。

【決勝】
東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)○合技[崩袈裟固・横四方固](3:00)△伊澤直乙斗(千葉・市立習志野高)

東郷、伊澤ともに左組みの相四つ。伊澤がまず先んじて攻め、20秒に右袖釣込腰、31秒に低い左体落と技を重ねる。一方の東郷も全く譲らず、57秒に左背負投に深く潜り込んで伏せさせ、所謂「国士舘返し」からの抑え込みを狙う。しかし、これは伊澤が自ら転がって回避「待て」。ここからは厳しい組み手争いとなり、袖の絞り合いが続く。1分41秒、東郷が巴投を狙うも不発。残り49秒、組み手争いのさなかに伊澤が左大内刈を仕掛けると、東郷、大内返で伏せさせ素早く寝技を展開する。帯に手を絡めて括り、「国士舘返し」から足を抜いて崩袈裟固で抑え込む。「技有」の段階で足を絡まれ一度逃してしまうが、再び崩袈裟固で抑え込み、最後は横四方固に移行して3分0秒、合技「一本」。東郷、高校選手権に続く2度目の決勝挑戦で念願の高校柔道日本一達成となった。

東郷は鹿児島県勢初のインターハイ個人戦制覇。高校選手権の蹉跌以来、「パワーを磨いた」とのこと。その成果が存分に表れた全試合一本勝ち、「力強い」との形容が似合う柔道だった。

入賞者と東郷のコメント、準々決勝以降の結果は下記。全試合結果は記録ページを参照のこと。

eJudo Photo
優勝した東郷丈児。鹿児島県勢初のIH個人戦制覇。

【入賞者】
(エントリー48名)
優 勝:東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)
準優勝:伊澤直乙斗(千葉・市立習志野高)
第三位:大沼朴(宮城・仙台育英高)、天野開斗(神奈川・東海大相模高)
第五位:原海人(埼玉・埼玉栄高)、今野健太郎(秋田・秋田工高)、岸田耕平(栃木・白鴎大足利高)、長谷川大翔(茨城・つくば秀英高)

東郷丈児選手のコメント
「高校選手権では決勝で負けてしまい、このインターハイで絶対に優勝するんだという気持ちが強くなりました。パワーが足りないと感じたので、以後は力を増すことと、技術的には泥臭く立ち技から寝技への繋ぎを意識して練習して来ました。(―パワーは、ウエイトトレーニングで?)あまりウエイトはやらず、階段ダッシュとかの走り込みが中心です。決勝は相四つで、組み合った状態でなかなか技が掛けられなかった。最後は自分の組み手に持って行って崩す、狙い通りの組み立てになりました。(―県勢初の高校日本一)鹿児島で初めてというのは率直に嬉しいです。そして、負けをきっかけに自分なりに努力し、改善して来たことの結果が出たことがとても良かった。勝った瞬間はその苦労を思い出して、胸がいっぱいでした。」

【準々決勝】
大沼朴(宮城・仙台育英高)○GS小外掛(GS2:18)△原海人(埼玉・埼玉栄高)
伊澤直乙斗(千葉・市立習志野高)○背負投(0:20)△今野健太郎(秋田・秋田工高)
天野開斗(神奈川・東海大相模高)○払巻込(2:00)△岸田耕平(栃木・白鴎大足利高)
東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)○合技(1:08)△長谷川大翔(茨城・つくば秀英高)

【準決勝】
伊澤直乙斗(千葉・市立習志野高)○縦四方固(0:46)△大沼朴(宮城・仙台育英高)
東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)○内股透(2:04)△天野開斗(神奈川・東海大相模高)

【決勝】
東郷丈児(鹿児島・鹿児島情報高)○合技(3:00)△伊澤直乙斗(千葉・市立習志野高)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る