PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】服部辰成ついに全国制覇、福田大和は再び決勝で惜敗/第70回インターハイ柔道競技・男子66kg級レポート

(2021年10月26日)

※ eJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。
服部辰成ついに全国制覇、福田大和は再び決勝で惜敗
第70回インターハイ柔道競技・男子66kg級レポート
日時:2021年8月9日(月)
会場:長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)

eJudo Photo
3回戦、福田大和が石川大真から袖釣込腰で2つ目の「技有」

eJudo Photo
準々決勝、福田は厨子由陸を内股「一本」に仕留める。

【決勝まで】

好選手打ち揃うこの階級は、これぞと目された4選手が期待に違わず、いずれも素晴らしい勝ち上がりで準決勝に進む非常に面白い展開となった。

その中を決勝まで勝ち上がったのは、福田大和(島根・平田高)と服部辰成(神奈川・東海大相模高)。

もと全日本カデ王者、3月の全国高校選手権でも準優勝している福田の勝ち上がりは抜群。

1回戦は梅屋丞生(愛知・名城大附高)をGS延長戦21秒隅落「技有」で下し、2回戦は宮元琉輝(鹿児島・鹿児島情報高)をGS30一本背負投「一本」に仕留めて波に乗る。3回戦は石川大真(石川・鶴来高)を2分21秒隅落と袖釣込腰の合技「一本」、準々決勝は厨子由陸(岡山・作陽高)を1分54秒会心の内股「一本」に仕留めてベスト4入り。準決勝はこちらもここまで素晴らしい勝ち上がりの顕徳海利(兵庫・神港学園高)とマッチアップ。大激戦となったこの試合はGS延長戦の開始早々に、顕徳が放った乾坤一擲の裏投に素早く被り返して劇的な隅落「技有」奪取。今大会も骨の太い戦いぶりでファイナリストの座を勝ち得た。

eJudo Photo
総試合時間10分半の激戦となった準決勝、服部辰成が工藤泰輝から内股巻込「技有」を得てついに勝ち越し。

2年生世代の旗手・服部は1回戦で柴田勘次郎(奈良・天理高)を1分59秒合技「一本」に沈めて大会をスタート。2回戦は仲條樹(新潟・開志国際高)を2分25秒内股「一本」、3回戦は越知世成(愛媛・新田高)から隅返で「技有」、準々決勝はGS延長戦14秒に柴田渚(山口・高川学園高)から小外掛「一本」を奪って突破する。迎えた準決勝は全国高校選手権3位の工藤泰輝(東京・修徳高)と大激戦。服部がまず左内股、続いて工藤が右背負投とともに「技有」1つをマークして迎えたGS延長戦7分30秒、内股巻込「技有」を得てついに勝ち越し。決勝の畳に進むこととなった。

全国高校選手権の覇者・猪瀬真司(埼玉・埼玉栄高)は欠場。記録上は1回戦敗退となった。

eJudo Photo
決勝、服部が福田から隅落「技有」

【決勝】
服部辰成(神奈川・東海大相模高)○優勢[技有・隅落]△福田大和(島根・平田高)

服部が左、福田が右のケンカ四つ。組み手は服部が内から持って優勢。福田は上から奥を持ち、動きの中で技を狙う。23秒、福田が右内股を仕掛けるも服部耐えて潰し「待て」。続く展開の54秒、福田再び釣り手を上から持ち、横移動から思い切りよく回し込みの右内股を放つ。しかし服部はこれを読んで先回り。一歩踏み込んで位置をずらし、空振った福田を左背負投崩れの隅落で捲り落として「技有」を得る。ビハインドを負った福田は奥を持っての右内股に巴投と激しく追うが、服部は丁寧な組み手で対抗。追い込まれる場面あれど、決して決定的な間合いには入らせず凌ぎ続ける。3分33秒に服部に消極的姿勢の「指導」が与えられたものの、以降はポイント動かずタイムアップ。優勢勝ちで服部が優勝を果たすこととなった。

小学生時代から常に全国優勝候補に挙げられながら、なかなか勝ち切れなかった世代きっての才能がついに全国制覇。全国中学校大会で2位入賞した中学2年以降、ノンタイトルながらすべての選手にターゲットとしてマークされる厳しい包囲網に晒され続けた大物が、1つ大きく階段を上った大会となった。

勝ち名乗りを受け、目に光るものを見せた服部は畳を降りると、入れ替わりで決勝の畳に上がる後輩・木原慧登とハイタッチ。名門・東海大相模の復活はもちろん、1・2年生に好選手が続出したこの日を象徴するシーンだった。

入賞者と服部のコメント、準々決勝以降の結果は下記。全試合結果は記録ページを参照のこと。

eJudo Photo
66kg級を制した服部辰成

eJudo Photo
1回戦、服部が柴田勘次郎から浮落「技有」

eJudo Photo
2回戦、仲條樹から内股「一本」

【入賞者】
(エントリー48名)
優 勝:服部辰成 (神奈川・東海大相模高)
準優勝:福田大和 (島根・平田高)
第三位:顕徳海利(兵庫・神港学園高)、工藤泰輝(東京・修徳高)
第五位:大坪奨武(佐賀・佐賀工高)、厨子由陸(岡山・作陽高)、岩川優吾(千葉・木更津総合高)、柴田渚(山口・高川学園高)

服部辰成選手のコメント
「(―優勝して涙を見せた)全国大会でいつもギリギリのところで、なかなか結果が出なかったので、今度こそ日本一を取って、自分のことを応援してくれている人、勝てると信じてくれている人に恩返ししたかった。思わず涙が出ました。(―試合を振り返って)自分はオーソドックスな王道の柔道、大きな柔道を目指しています。でも今日を振り変えれば、勝ちにこだわった情けない柔道でした。ただ、上に繋がる勝利であったと思うので、次はチャレンジャーとして自分の柔道を貫いてみたい。(-中学時代から注目され、なかなか結果が出なかった。今回全国大会に臨むにあたって意識したことは?)GS延長戦でも指導1つの差でも勝つつもり。自分の弱点は泥臭い部分、苦しいところでめげずにやれるかどうかというところだと思ったので、そこにフォーカスして追い込んだ練習をしてきました。技で投げることよりも、苦しい時に力を出せるかどうか自体にフォーカスしてきたつもりです。(―決勝の決まり技について) なんとなく相手が掛けて来そうな技がわかった。返しやすそうな場所に移動したのが嵌りました。内股が来たので、背負投で返しました。(―準決勝が長かった) 一番印象に残った試合。勝てる、投げられると考えた瞬間はなく、自分のやるべきこと、やれることをやって、チャンスが来るまで粘ろうと思っていました。(-自分の柔道のいいところは)今の自分は、足技を中心に、内股、背負投と大きな技で仕留められる大きな柔道を目指しています。自分に恥ずかしくないような柔道をして勝っていきたいです。」

【準々決勝】
顕徳海利(兵庫・神港学園高)○GS僅差(GS4:13)△大坪奨武(佐賀・佐賀工高)
福田大和(島根・平田高)○内股(1:54)△厨子由陸(岡山・作陽高)
工藤泰輝(東京・修徳高)○GS反則[指導3](GS0:59)△岩川優吾(千葉・木更津総合高)
服部辰成(神奈川・東海大相模高)○GS小外掛(GS0:14)△柴田渚(山口・高川学園高)

【準決勝】
福田大和(島根・平田高)○GS技有(GS0:15)△顕徳海利(兵庫・神港学園高)
服部辰成(神奈川・東海大相模高)○GS合技(GS7:38)△工藤泰輝(東京・修徳高)

【決勝】
服部辰成(神奈川・東海大相模高)○優勢[技有]△福田大和(島根・平田高)

※ eJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る