PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】小野日向が圧勝、全試合一本勝ちで高校日本一攫う/第70回インターハイ柔道競技・男子60kg級レポート

(2021年10月26日)

※ eJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。
小野日向が圧勝、全試合一本勝ちで高校日本一攫う
第70回インターハイ柔道競技・男子60kg級レポート
日時:2021年8月9日(月)
会場:長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)

eJudo Photo
3回戦、中川悠良が白金宏都から背負投「一本」

eJudo Photo
準決勝、小野日向が上村洸太から大内刈「技有」

eJudo Photo
準々決勝、五十嵐健太が田窪剛共から一本背負投「一本」

【決勝まで】

高校選手権で驚きの優勝を遂げた白金宏都(長野・佐久長聖高)は3回戦で敗退。1回戦は橋間愛斗(和歌山・初芝橋本高)に合技「一本」、2回戦は野上涼太(大分・杵築高)にGS延長戦の「指導3」と2試合を勝ち上がったが、中川悠良(三重・四日市中央工高)にGS延長戦1分48秒背負投「一本」で敗れた。地元のインターハイでの入賞は惜しくもならず。

決勝に進んだのは小野日向(東京・足立学園高)と五十嵐健太(神奈川・桐蔭学園高)の2人。

2年生の小野は2019年の全国中学校大会王者。プレビュー記事でも優勝候補一番手に推させて頂いた、世代きっての大物である。この日は手堅く全試合「一本」で駆け抜けた東京都予選同様、確実に勝つことにフォーカスし、「腹包み」を起点に早い時間の寝勝負で試合を決め続けた。1回戦は中家輝太(岐阜・中京高)を41秒横四方固「一本」、2回戦は佐藤礼(山形・東海大山形高)を59秒袈裟固「一本」、相手のハードル上がったかに思われた3回戦も福田大和(滋賀・比叡山高)を1分47秒横四方固「一本」、準々決勝はここまで豪快な袖釣込腰連発で快進撃の永田大和(青森・弘前高)を1分36秒横四方固「一本」に仕留めてベスト4入り。相手と立って勝負している時間ほとんどないまま、抑えに抑え続けて他を一切寄せ付けず。準決勝は上村洸太(北海道・札幌山の手高)から2分59秒大内刈と崩袈裟固の合技「一本」でクリア、余裕を持って決勝進出。

五十嵐は3月の全国高校選手権で3位入賞の猛者。1回戦で2019年全国中学校大会2位の井手凱王(奈良・天理高)との注目対決をGS延長戦2分26秒「指導3」で制し、2回戦は宮田大聖(福井・福井工大福井高)をGS延長戦2分16秒得意の背負投に捕まえて一本勝ち。3回戦は住谷蓮(愛知・大成高)をGS延長戦の末に「指導3」で退け、準々決勝は田窪剛共(島根・開星高)から2分1秒会心の一本背負投「一本」で勝利。準決勝では松永烈(福岡・福岡大大濠高)との競り合いをGS延長戦2分51秒「指導」奪取で乗り切り、決勝の畳へとたどり着いた。

eJudo Photo
決勝も小野は盤石の戦い。1分22秒、縦四方固「一本」で優勝を決めた。

【決勝】
小野日向(東京・足立学園高)○縦四方固(1:22)△五十嵐健太(神奈川・桐蔭学園高)

小野、五十嵐ともに左組みの相四つ。袖の絞り合いから小野が奥を叩くとこれを嫌った五十嵐が左背負投で展開を切りに掛かる。しかし相手が伏せたこのチャンスを小野は逃さず、素早く引き込み返して大きく展開、絡まれた足を抜いて縦四方固で抑え込む。体勢安定すると見るや以後無駄な動きは一切行わず、抜いた足を相手の腰位置に留める実に練れた抑え込み。五十嵐ほとんど動けぬまま20秒が経過し「一本」。試合時間1分22秒、ここで小野の優勝が決まった。

小野は全試合一本勝ち。準決勝の合技「一本」を含めて全てが抑込技によるフィニッシュ。「一本」に要する時間が自動的に20秒プラスされるにも関わらず、5試合のうち4試合が2分以内、2試合を1分掛からずに終わらせるという圧倒的な内容だった。豪快な投げを決め捲った全中制覇時とはまったく違う勝ち方だが、本人曰く「確実に、ミスなくしっかり勝つために寝勝負を選んだ」とのこと。勝つのは当然、万が一の取りこぼしをなくすために戦型を変えるこの戦い方は2年生のものではない。小野が持ち前の投げ勘を全面に押し出して勝負せねばならぬ状況、その天井を見せてくれることになるであろう上位カテゴリの試合が早くも楽しみだ。

入賞者と小野のコメント、準々決勝以降の結果は下記。全試合結果は記録ページを参照のこと。

eJudo Photo
優勝した小野日向。

eJudo Photo
2回戦、佐藤礼から袈裟固「一本」。

eJudo Photo
準々決勝、永田大和から横四方固「一本」

【入賞者】
(エントリー48名)
優 勝:小野日向 (東京・足立学園高)
準優勝:五十嵐健太 (神奈川・桐蔭学園高)
第三位:上村洸太(北海道・札幌山の手高)、松永烈(福岡・福岡大大濠高)
第五位:永田大和(青森・弘前高)、中川悠良(三重・四日市中央工高)、田窪剛共(島根・開星高)、髙橋侑雅(兵庫・社高)

小野日向選手のコメント
「優勝出来て、安心しました。自分はまだ2年生でタイトルも取ってない。チャレンジャーの気持ちで戦えて、プレッシャーもさほどありませんでした。観客もいないですし、歓声もあまりないので、実感が湧かないですね。(―都大会同様、早い展開で腹包みで抑えにいく戦い方でしたね?)自分から持ってガンガン攻めていくのが本来の自分のスタイル。投げたかったですが、寝技でも取れるようになったらいいと思って練習しています。抑え込み、最近わかるようになってきました。(―確実に勝つという意志を感じました)はい。勝ちたかったです。優勝はミッションだと考えていました。(目指す柔道は?)投げても、寝技でも、しっかり『一本』取れる柔道です。次も全国大会を獲って、世界で勝てる選手になりたいです。」

【準々決勝】
小野日向(東京・足立学園高)○横四方固(1:36)△永田大和(青森・弘前高)
上村洸太(北海道・札幌山の手高)○優勢[技有]△中川悠良(三重・四日市中央工高)
五十嵐健太(神奈川・桐蔭学園高)○一本背負投(2:01)△田窪剛共(島根・開星高)
松永烈(福岡・福岡大大濠高)○優勢[技有]△髙橋侑雅(兵庫・社高)

【準決勝】
小野日向(東京・足立学園高)○合技(2:59)△上村洸太(北海道・札幌山の手高)
五十嵐健太(神奈川・桐蔭学園高)○GS僅差(GS2:51)△松永烈(福岡・福岡大大濠高)

【決勝】
小野日向(東京・足立学園高)○縦四方固(1:22)△五十嵐健太(神奈川・桐蔭学園高)

※ eJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る