PAGE TOP ↑
eJudo

「パリに向けて良いスタート、次の課題は担ぎ技」/古賀若菜選手コメント要旨/グランドスラム・パリ2021

(2021年10月20日)

※ eJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。
「パリに向けて良いスタート、次の課題は担ぎ技」/古賀若菜選手コメント要旨
グランドスラム・パリ2021
eJudo Photo
優勝を決めた古賀若菜。決勝はメラニー・レグ=クレモン(フランス)を「一本」で下した。

グランドスラム・パリ(16日~17日)の女子48kg級で優勝した日本代表・古賀若菜選手(山梨学院大2年)のコメント要旨は下記。帰国後の20日に報道陣の取材に応じた。

――大会を振り返って。

今回は全試合一本で勝つという内容にこだわって臨んだ。「技有」だけの試合もありましたし、オリンピックに出場した選手もあまりいませんでしたが、グランドスラム・パリという大会でこの内容で優勝出来たことが嬉しいです。3年後のパリに向けて、いいスタートが切れました。

――IJFのインタビューでは会場の雰囲気が楽しかったと仰っていました。本番と同じ会場、五輪をイメージしながら戦えましたか?

どのくらい観客が入るのか気になっていたのですが、コロナ前と変わらないくらいお客さんが入って、凄く盛り上がっていた。気持ちが昂っていい試合が出来たと思います。

――結果を次にどう繋げたいか。

まだ国際大会はいっぱいあると思うので、3年後のパリ見据えて、1つ1つの試合を大事にして、全ての大会で頑張っていきたい。

――試そう、やろうと思っていたことは出来ましたか。

「立ち背負い」を練習していたのですが、思うように出せませんでした。担ぎ技自体は結構出せたのですが。

――高い担ぎ技が出せない理由、どう分析しますか。

もっと練習しないといけない。タイミングはもちろん、立って掛ける背負投は返されるリスクも高くなるので、どうしても怖い。練習してこの部分で自信が持てるようになればいいと思っています。

――今後国内での争いも重要になってくる。

渡名喜さんと角田さんが上にいて、その方たちを倒さないと五輪には出られない。しっかり対策をします。角田さんには3戦3敗。もっと研究して、勝ちたいと思います。

――2人への距離感は。

渡名喜さんとは戦ったことがないですが、実際に戦ってみて、角田さんとは距離があるなと思っています。

――地元のシリーヌ・ブクリ選手と対戦。手ごたえは?また「アウェイ」を感じたか。

過去2試合2勝している選手。ただ勢いが凄いので、背中を持ってくる彼女の柔道の対策をしっかりやって試合に臨みました。応援については、やはり最初は観客席の声がかなり耳に入ったが、試合中は気になりませんでした。

――担ぎ技自体は出せたとのこと。手ごたえがあった部分は?

今回右組み、ケンカ四つの選手が多かった。右組みで背中を持ってくる選手に背負投が入れたことは良かったです。今後はその質を高めることと、やはり立っての担ぎ技も練習したい。

――どんな練習を考えますか?誰かにアドバイスを受けたり?

とにかく、「身に着ける」ことが大事。乱取りでも掛け続けることだと思います。

※ eJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る