PAGE TOP ↑
eJudo

「課題の3階級で優勝、大きな収穫」増地克之監督コメント要旨/グランドスラム・パリ2021

(2021年10月19日)

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。
「課題の3階級で優勝、大きな収穫」増地克之監督コメント要旨
グランドスラム・パリ2021
eJudo Photo
増地克之・女子日本代表監督

東京五輪終了後、初の海外遠征となるグランドスラム・パリ(16日~17日)の指揮を終えた、日本代表・増地克之女子監督のコメント要旨は下記。帰国後の19日、報道陣の取材に応えた。

――五輪後初の国際大会、全体の総括をお願いします。

7名の選手いずれも、本当に、パリ五輪に向けて良いスタートを切ろうという強い気持ちで準備し、臨んだ大会と思います。結果については、優勝したものも初戦で敗れたものもいましたが、それぞれ課題が明確になったはずです。しっかりその課題を振り返り、克服し、成長してくれるものと思っています。

――優勝した3選手について

今回優勝したのは古賀、舟久保、新添。古賀の48kg級と舟久保の57kg級は、東京五輪で優勝を逃した階級。70kg級も新井が引退して誰がこの階級を牽引していくのかという状況がある中で、3人の優勝は今後に向けて大きな収穫です。いずれも6月の世界選手権でも個人、あるいは団体で世界を経験している選手。今回の顔ぶれを見る限り、勝って当然とまでは言わないですが、自分の力をしっかり発揮してくれたと思っています。

――古賀選手。周囲のメンバーからすれば、しっかり力を出せれば大丈夫という大会だったと見られている。どう評価しているか。

古賀は6月の世界選手権を経験している(2位)。ああいう大会でメダルを獲ると海外勢はしっかり研究してくるのですが、その不利を感じさせない戦いでした。準々決勝のブクリも世界ジュニアでは勝ったもののギリギリの戦い、今回どういう試合をするかと思って見ていましたが、非常に落ち着いて戦えていました。世界選手権で銀メダルを獲ったことで、少し海外勢への自信も感じられた。寝技についても非常に良いものが出ている。我々が目指している柔道をしっかり出してくれたと思います。

――新添選手に関して。新井選手が引退してこの階級の一番手は空位。今回大野選手に勝って、これからは新添選手が先頭に立っていく?

ポテンシャルは高いものを持っていましたが、これまでは代表になるという自覚がなかなか見えない部分がありました。今回、新井が引退した、それでは誰が代表になるんだというところで、意思をしっかり見せてくれました。年齢的にもこれから柔道が熟してきますし、非常に楽しみな選手です。大野は新添に直接対決で敗れはしましたが、この2人が中心になって70kg級を引っ張っていくのではと考えています。

――東京五輪が終わり、海外勢に戦い方や日本人への対策など変化はありましたか?

特にそういう感じはなかった。階級によってはこれまでの階級から下げていた選手がいたり、パリに向けてリセットして戦い始めているのだとは実感しました。あまり有力選手は出場していなかったが、そのなかでも3年後力をつけてくるであろう選手がいた。その新たな勢力に十分注意を払いながら強化を図っていくことが、この先必要になってきます。日本の選手、また年明けに欧州遠征があって4月には選抜体重別。試合が詰まった状態で次の世界選手権を目指さなければいけない。疲労もある。そのなかでどのように実戦を積ませるかが課題です。このあとグランドスラム・バクー、そして年末には皇后盃、年明けには講道館杯、そして2月にはパリ、テルアビブ。選手たちにとってはかなりハードなスケジュールただし、この秋の国際大会、そしてそのあとの講道館杯に勝つことが来年の世界選手権に繋がることはよくわかっているはず。きついとは思うが、オリンピックの金メダリストに追いつくためには試合を選んでというわけにはいかない。まずは怪我をさせずに万全の状態でそれぞれの試合に臨めるように、所属と情報を共有しながらやっていきたい。

――舟久保選手について評価をお願いします。

これまで世界ジュニアを3連覇していて、若いときから注目されてきた選手。なかなか最終的に勝ち切れないところがあったが、今年の選抜体重別、そして今回のグランドスラム・パリでの優勝で、彼女自身も手ごたえを掴んだはず。これまでは寝技が武器だったが、立技も進化をしていきたいという気持ちが普段の練習から非常によく見える。立技については、今回組み手で後手に回ることがあったので、この部分で軸を作ることができれば代表に絡んでくると思っています。非常に期待している選手で、楽しみです。

――新井千鶴選手が引退、ジュニアコーチに入りました。

将来的に指導者を目指したいと話しておりまして、彼女がこれまでやってきたこと、技術的な部分、柔道に掛けるものを、若い世代、そしてパリよりもさらに先のロサンゼルスの世代にぜひとも伝えてもらいたいという気持ちで、ジュニアのアシスタントコーチを打診しました。彼女自身も勉強したいということで、快く引き受けてくれました。実力もあり、人間的な部分でも素晴らしい彼女のような指導者が、将来全日本の女子の監督を務められることを視野に入れて、育てていきたいと考えています。

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る