PAGE TOP ↑
eJudo

「結果にこだわった大会、五輪までこのまま勝ち続ける」佐々木健志選手コメント要旨/グランドスラム・パリ2021

(2021年10月19日)

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。
「結果にこだわった大会、五輪までこのまま勝ち続ける」佐々木健志選手コメント要旨
グランドスラム・パリ2021
eJudo Photo
全試合一本勝ちで優勝した81kg級・佐々木健選手。

グランドスラム・パリ2021(16日~17日)の男子81kg級で優勝した佐々木健志選手(ALSOK)のコメント要旨は下記。帰国後の19日にオンラインで報道陣の取材に応じた。

*     *     *     *

――結果もさることながら内容も大きなインパクトを残しました

終わってみれば内容もすごく良かったですが、内容よりも結果にこだわって試合をしました。まずは結果を残せて安心しているというのが一番です。

――五輪代表が決まる前と今を比べて成長した部分、手応えを感じた部分は?

まだまだ全然未熟だとは思うのですが、組み手や体捌きの部分は最近意識してやってきました。あとは試合のなかで出来るだけリスクをできるだけ冒さないこと、勝つために何が必要かを、前よりは考えられるようになったと思います。

――そのことで、パワーや体の強さが生きるようになった。

もともと海外の選手にもそれほど体力負けをすることはなかった。戦い方を少しずつ確立出来てきたことが、プラスに働いたのかなとは思います。

――五輪は先輩の永瀬選手が金メダル。

正直、最初は代表が決まって、自分がなれなくてすごく悔しい、言葉にできない感情だったのですが、五輪前直前や期間中は永瀬さんなら絶対に勝つ、勝ってほしいなと思っていました。試合を見ているとやっぱり自分にはない、なんと言うのか、それこそリスクを冒さない戦いが出来る。そういうことに関しても、観ていて自分にとってプラスになったかなと思います。」

――新体制がスタート、今回の結果をパリに向けてどう繋げていきたい?

新体制になって初めての国際大会ということに関しては、自分自身はそんなに意識していなかった。久々の国際大会なので絶対に結果を出そう、一番良い結果をなんとしても出す、ということを意識していました。まずはそれが出来て良かったと思います。内容がすごく良かったので周りからすごく良く言ってもらえるのですが、内容よりも結果にこだわっていました。これからもコンスタントに結果を残し続けることが一番大事。それを第一に勝ち続けていきたいです。

――現状で、永瀬選手との距離感は。

五輪で金メダルを獲ったという事実はすごく大きいものだと思います。今回グランドスラム・パリに優勝しましたが、自分は一度もフル代表になったことはない。差が縮まったと全く思っていません。しっかりここから勝ち続けて世界選手権の代表を取って、そこで結果を出すということからスタートしていかないと、話にならないと思っています。

――実際に試合をやったら?

オリンピック前だったり、今回の大会の前だったり、同じ筑波大で稽古をしているので、当然見ることはあるし、試合を想定して乱取りをやる、稽古をつけてもらうこともありました。それのなかでこんな展開になるのかなという想定はあります。でも、永瀬さんも自分も練習と試合では全然違う。どれだけ自分の長所を出せるかが重要になってくると思います。

――今大会の前も練習した?アドバイスなどは貰ったか。

何本か稽古をつけてもらいました。アドバイスを貰ったりはないですが、試合前に関しては遠慮せずどんどん乱取りしようと言ってもらいました。学生が試合があったりして、練習相手(の確保)がなかなか難しくて、そうやって言って貰ったことは凄くありがたかったです。

――鈴木監督からは。

内容も結果も良かったと言葉を掛けていただきました。勢いだけで勝つのは誰でもあることだけど、コンスタントに勝ち続けることが大事だと言葉を掛けて頂きました。それは本当に、心に響きました。。

――先程から結果を出さないと話にならないと繰り返しています。東京五輪を目指すなかで、足りなかったのはそこという認識。

東京五輪に向けてシニアで国際大会に出るようになって、結果を出したとき、勝ったときは内容も抜群に良いところがありました。ただ、抜群に良い内容で優勝か、まったく勝てないかの両極端だった。安定して結果を残せなかったことが東京五輪に出られなかった原因だと思っています。ここで結果を出し続けることが、パリ五輪に出るために大事なことだと思っています。

――気をつけていることは?

自分の長所を前面に出していくことが、安定して勝ち続けることに繋がっていくと思います。そこは意識してやっていきたいです。

――新たな進化の方向性は?

もちろん新しい技術、戦い方を身に着けて変化していくことも大事だと思っています。ただそのなかでも新しいものを取り入れるだけではなく、その状況に応じてしっかり最善の選択をすることがまずは第一と思っています。

――内股透は狙っていた?

あの体勢になったらみんなだいたい内股を掛けてくるので、あれは狙っていました。

――パリ五輪まで残り3年を切っている。佐々木選手にとってこれはまだ、なのか、もう、なのか。

4年に比べたら短いとは思う。ただコロナの状況のなかでも意識や考え方が変わったり、色々なことがあった。その経験を通じて、3年弱という時間のなかで自分はまだまだ成長できると思えるようになっています。課題をひとつひとつ洗い出して明確にしていけば、短いとは思わないというか、自分が五輪で金を獲るために時間が足りないとは思っていません。

――どのように意識が変わった?

当たり前のようにできていた練習が出来なくなりましたし、今後急に出来ない状況が起こることもあり得る。いろいろなことを経験して、自分のなかで優先順位をつけて、これをやっていれば大丈夫と、自分の選択に自信が持てるようになりました。それが一番だと思います。

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る