PAGE TOP ↑
eJudo

【ニュース】激戦100kg級はスラマニゼがV、100kg超級もイナネイシヴィリが雪辱果たしてジョージア男子は計4階級を制覇/世界ジュニア柔道選手権2021第4日

(2021年10月10日)

※ eJudoメルマガ版10月8日掲載記事より転載・編集しています。
激戦100kg級はスラマニゼがV、100kg超級もイナネイシヴィリが雪辱果たしてジョージア男子は計4階級を制覇
世界ジュニア柔道選手権2021第4日(男子100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
100kg級決勝、イリア・スラマニゼがスフロブ・ラジャボフから出足払「技有」

イタリア・サルデーニャ島の都市オリビアで行われている世界ジュニア柔道選手権、競技日程第4日目となる9日は、個人戦最後の男女合わせて4階級が行われた。

男子100kg級は6月のブダペスト世界選手権で銅メダル獲得のイリア・スラマニゼ(ジョージア)が優勝。初戦を左背負投「一本」、同国対決となった準々決勝を右体落「技有」に浮落「一本」と順当に勝ち抜くと、山場の準決勝ではマトヴェイ・カニコフスキー(ロシア)とマッチアップ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る