PAGE TOP ↑
eJudo

【ニュース】男子はヘイダロフとグリガラシヴィリが順当に優勝、女子63kg級はレスキが好内容で制す/グランプリ・ザグレブ第2日

(2021年9月26日)

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。
【ニュース】男子はヘイダロフとグリガラシヴィリが順当に優勝、女子63kg級はレスキが好内容で制す
グランプリ・ザグレブ第2日 (男子73kg級、81kg級、女子63kg級、70kg級)
eJudo Photo
73kg級決勝、ヒダヤット・ヘイダロフがヴィクトル・ステルプから浮落「一本」。相手の体力を削り続けた末のヘイダロフらしい一撃だった。

クロアチアの首都ザグレブで開催されているグランプリ・ザグレブ大会。第2日の25日は男子2階級(73kg級、81kg級)、女子2階級(63kg級、70kg級)の競技が行われた。

今大会屈指の激戦階級となった男子73kg級はヒダヤット・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)が優勝、2019年5月のグランプリ・フフホト以来2年4ヶ月ぶりのワールドツアー制覇を果たした。ノーシードからのスタートだったが、2回戦でペトル・ペリヴァン(モルドバ)に横四方固「一本」(4:00)、準々決勝でアレクサンドル・ライク(ルーマニア)に横四方固「技有」、準決勝でマフマドベク・マフマドベコフ(ロシア)に横四方固「技有」としぶとい寝技を原動力に実力者に連勝しての勝ち上がり。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る