PAGE TOP ↑
eJudo

【ニュース】男子代表新監督に鈴木桂治氏、「井上時代」路線の継承を表明/強化委員長・男女両監督コメント要旨

(2021年9月28日)

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。
男子代表新監督に鈴木桂治氏、「井上時代」路線の継承を表明
強化委員長・男女両監督コメント要旨
eJudo Photo
報道陣の求めに応じて手を重ねる。左から増地監督、金野強化委員長、鈴木新監督。

全日本柔道連盟は28日に行われた理事会で、パリ五輪を戦う日本代表監督を選任。男子は、任期満了に伴って退任する井上康生監督の後任に、鈴木桂治氏を決めた。鈴木氏は直後の会見で、大きな変更や改革をする考えはない。今まで培ってきたものを深掘りしたい」と、コーチとして務めた「井上時代」路線の継承を表明。パリ五輪の目標に全7階級の金メダル獲得を掲げ、中でも「最大の目標」と最重量級制覇に強い意欲を見せた。

強化委員長は金野潤氏が留任、女子監督は東京五輪で金メダル4個の戦果を残した増地克之氏が引き続き務める。

金野強化委員長と、鈴木・増地両監督のコメントおよび質疑応答の要旨は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る