PAGE TOP ↑
eJudo

70kg級小川和紗が銅メダル獲得/東京パラリンピック柔道競技最終日

(2021年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月27日掲載記事より転載・編集しています。
70kg級小川和紗が銅メダル獲得/東京パラリンピック柔道競技最終日
eJudo Photo
小川和紗が銅メダルを獲得した。
(photo: IBSA)

東京パラリンピック柔道競技は最終日の29日、日本武道館で男女合わせて5階級の競技を行い、日本勢は女子70kg級の小川和紗(オー・エル・エム)が銅メダルを獲得した。

小川は1回戦を送襟絞「一本」の快勝、準々決勝は相手選手の欠場でベスト4入り。準決勝はイナ・カルダニ(ジョージア)に燕返「一本」で敗れたが、迎えた3位決定戦では過去未勝利のオリガ・ザブロドスカヤ(ロシア)から一本背負投崩れの左体落「技有」を奪って勝利した。小川は初出場、リオ大会の廣瀬順子に続く日本女子史上2人目のパラリンピックでのメダル獲得。

この階級の優勝はアラナ・マルドナド(ブラジル)が攫った。決勝は左内股から、カルダニの谷落に合わせて振り向き落とし、隅落「技有」で勝利を決めた。

この日の日本勢、他4階級はすべて7位。女子70kg超級の土屋美奈子(ギャラリー・ド・ポップ)、男子100kg級の松本義和(オルソグループ)、100kg超級の正木健人(三菱オートリース)はいずれも未勝利の2敗。90kg級の廣瀬悠(SMBC日興証券)は初戦を「指導3」で勝利したが、準々決勝と敗者復活戦はともに一本負けを喫した。

eJudo Photo
70kg超級決勝。ドゥルサダフ・カリモワが全試合一本勝ちで金メダル獲得。(photo: IBSA)

女子70kg超級はドゥルサダフ・カリモワ(アゼルバイジャン)が全試合一本勝ちで優勝。準々決勝はアナスタシア・ハルニク(ウクライナ)を1分半の間に払巻込で2度投げて合技の一本勝ち。山場と目された準決勝はメグ・エメリッチ(ブラジル)から浮落「技有」先行も、隅落「技有」を奪われてタイスコア。しかし3分5秒、得意の捨身技に打って出、浮技「一本」で勝ち越した。決勝はザリナ・バイバチナ(カザフスタン)から一本背負投「一本」を奪った。今大会好調のアゼルバイジャンはこれで女子4つ目の金メダル獲得。

男子90kg級は、2018年まで一般のワールドツアーに出場していたバヒド・ヌーリ(イラン)が優勝。準々決勝はアルトゥール・カバウカンテ=ダ=シウバ(ブラジル)を送襟絞「一本」、準決勝はエリオス・ラチュマナヤ(フランス)をGS延長戦の「技有」で破り、決勝はエリオット・スチュワート(イギリス)の右小外掛を得意の左内股に切り返し、一本勝ちで金メダルを決めた。

eJudo Photo
100kg超級決勝。モハンマドレザ・ヘイルッラーザデーが崩上四方固「一本」で勝利した。(photo: IBSA)

100kg級はクリストファー・スケリー(イギリス)が優勝。もっとも障害が重いB1クラスの選手でありながら的確な進退を見せ、準々決勝はシャリフ・ハリロフ(ウズベキスタン)から腕挫十字固「一本」、準決勝はオリバー・ウプマン(ドイツ)から小外掛「一本」と快勝。決勝はベン・グッドリッチ(アメリカ)から巴投で「技有」を奪って初の金メダルを決めた。

100kg超級はモハンマドレザ・ヘイルッラーザデー(イラン)がスケールの大きい柔道で全試合一本勝ち。準々決勝はシアドル・サバ(ジャマイカ)を体落と上四方固の合技「一本」、準決勝はチェ・グァングン(韓国)を支釣込足と横四方固の合技「一本」で破った。決勝は相手のレバズ・チコイゼ(ジョージア)が中途で足を負傷した模様、小外刈を当てると耐えきれず頽れ、そのまま崩上四方固に抑え込んで一本勝ちした。

各階級の入賞者と全試合の結果は下記。

■ 女子70kg級
eJudo Photo
70kg級メダリスト。
(photo: IBSA)

(エントリー10名)

【入賞者】
1.MALDONADO, Alana (BRA)
2.KALDANI, Ina (GEO)
3.OGAWA, Kazusa (JPN)
3.RUVALCABA ALVAREZ, Lenia Fabiola (MEX)
5.ZABRODSKAIA, Olga (RPC)
5.ULUCAM, Raziye (TUR)
7.LAURIA, Matilde (ITA)
7.ALIBOEVA, Vasila (UZB)

【成績上位者】
優 勝:アラナ・マウドナド(ブラジル)
準優勝:イナ・カルダニ(ジョージア)
第三位:小川和紗、レニア=ファビオラ・ルバルカバ=アルバレス

【1回戦】
ラジエ・ウルジャム(トルコ)○合技[大腰・崩袈裟固](1:17)△ルチヤ・ブレスコビッチ(クロアチア)
小川和紗○送襟絞(1:13)△セオドラ・パスハリドゥ(ギリシャ)

【準々決勝】
アラナ・マウドナド(ブラジル)○内股(0:07)△マティルデ・ラウリア(イタリア)
ラジエ・ウルジャム(トルコ)○優勢[技有・隅落]△オリガ・ザブロドスカヤ(ロシア)
イナ・カルダニ(ジョージア)○送襟絞(1:08)△レニア=ファビオラ・ルバルカバ=アルバレス(メキシコ)
小川和紗○不戦△ワシラ・アリボエワ(ウズベキスタン)

【敗者復活戦1回戦】
オリガ・ザブロドスカヤ(ロシア)○体落・横四方固(2:51)△ルチヤ・ブレスコビッチ(クロアチア)
セオドラ・パスハリドゥ(ギリシャ)○不戦△ワシラ・アリボエワ(ウズベキスタン)

【敗者復活戦2回戦】
オリガ・ザブロドスカヤ(ロシア)○合技[一本背負投・一本背負投](0:40)△マティルデ・ラウリア(イタリア)
レニア=ファビオラ・ルバルカバ=アルバレス(メキシコ)○合技[外巻込・崩袈裟固](0:24)△セオドラ・パスハリドゥ(ギリシャ)

【準決勝】
アラナ・マウドナド(ブラジル)○内股(1:37)△ラジエ・ウルジャム(トルコ)
イナ・カルダニ(ジョージア)○燕返(2:03)△小川和紗

【3位決定戦】
小川和紗○優勢[技有・体落]△オリガ・ザブロドスカヤ(ロシア)
レニア=ファビオラ・ルバルカバ=アルバレス(メキシコ)○谷落(1:50)△ラジエ・ウルジャム(トルコ)

【決勝】
アラナ・マウドナド(ブラジル)○優勢[技有・隅落]△イナ・カルダニ(ジョージア)

【日本代表選手勝ち上がり】

小川和紗(オー・エル・エム)
成績:3位


【1回戦】
小川和紗○送襟絞(1:13)△セオドラ・パスハリドゥ(ギリシャ)

【準々決勝】
小川和紗○不戦△ワシラ・アリボエワ(ウズベキスタン)

【準決勝】
小川和紗△燕返(2:03)○イナ・カルダニ(ジョージア)

【3位決定戦】
小川和紗○優勢[技有・体落]△オリガ・ザブロドスカヤ(ロシア)

■ 女子70kg超級
eJudo Photo
70kg超級メダリスト。
(photo: IBSA)

(エントリー8名)

【入賞者】
1.KARIMOVA, Dursadaf (AZE)
2.BAIBATINA, Zarina (KAZ)
3.EMMERICH, Meg (BRA)
3.COSTA, Carolina (ITA)
5.NYAMAA, Altantsetseg (MGL)
5.HARNYK, Anastasiia (UKR)
7.DAVIS, Katie (USA)
7.TSUCHIYA, Minako (JPN)

【成績上位者】
優 勝:ドゥルサダフ・カリモワ(アゼルバイジャン)
準優勝:ザリナ・バイバチナ(カザフスタン)
第三位:メグ・エメリッチ(ブラジル)、カロリナ・コスタ(イタリア)

【準々決勝】
カロリナ・コスタ(イタリア)○合技[隅落・袈裟固](0:29)△ケーティ・デービス(アメリカ)
ザリナ・バイバチナ(カザフスタン)○大内刈(0:54)△アルタンツェツェグ・ニャマー(モンゴル)
メグ・エメリッチ(ブラジル)○体落(0:21)△土屋美奈子
ドゥルサダフ・カリモワ(アゼルバイジャン)○合技[払巻込・払巻込](1:34)△アナスタシア・ハルニク(ウクライナ)

【敗者復活戦】
アルタンツェツェグ・ニャマー(モンゴル)○小外掛(0:13)△ケーティ・デービス(アメリカ)
アナスタシア・ハルニク(ウクライナ)○合技[大外刈・袈裟固](0:33)△土屋美奈子

【準決勝】
ザリナ・バイバチナ(カザフスタン)○合技[隅落・上四方固](1:25)△カロリナ・コスタ(イタリア)
ドゥルサダフ・カリモワ(アゼルバイジャン)○浮技(3:05)△メグ・エメリッチ(ブラジル)

【3位決定戦】
メグ・エメリッチ(ブラジル)○体落(1:22)△アルタンツェツェグ・ニャマー(モンゴル)
カロリナ・コスタ(イタリア)○合技[内股巻込・崩袈裟固](0:54)△アナスタシア・ハルニク(ウクライナ)

【決勝】
ドゥルサダフ・カリモワ(アゼルバイジャン)○一本背負投(2:00)△ザリナ・バイバチナ(カザフスタン)

【日本代表選手勝ち上がり】

土屋美奈子(ギャラリー・ド・ポップ)
成績:7位


【準々決勝】
土屋美奈子△体落(0:21)○メグ・エメリッチ(ブラジル)

【敗者復活戦】
土屋美奈子△合技[大外刈・袈裟固](0:33)○アナスタシア・ハルニク(ウクライナ)

■ 男子90kg級
eJudo Photo
男子90kg級メダリスト。
(photo: IBSA)

(エントリー12名)

【入賞者】
1.NOURI, Vahid (IRI)
2.STEWART, Elliot (GBR)
3.LATCHOUMANAYA, Helios (FRA)
3.NAZARENKO, Oleksandr (UKR)
5.AMANZHOL, Zhanbota (KAZ)
5.CAVALCANTE DA SILVA, Arthur (BRA)
7.BOBOEV, Shukhrat (UZB)
7.HIROSE, Haruka (JPN)

【成績上位者】
優 勝:バヒド・ヌーリ(イラン)
準優勝:エリオット・スチュアート(イギリス)
第三位:エリオス・ラチュマナヤ(フランス)、オレクサンドル・ナザレンコ(ウクライナ)

【1回戦】
ジャンボタ・アマンジョル(カザフスタン)○釣腰(2:47)△ウラジーミル・フェディン(ロシア)
シュフラト・ボボエフ(ウズベキスタン)○優勢[技有・小内刈]△オレグ・クレトゥル(モルドバ)
アルトゥール・カバウカンテ=ダ=シウバ(ブラジル)○不戦△ヘクトル=アルマンド・エスピノサ=ロドリゲス(ベネズエラ)
廣瀬悠○GS反則[指導3](GS1:13)△アブデラハマン・シェトゥアン(アルジェリア)

【準々決勝】
オレクサンドル・ナザレンコ(ウクライナ)○膝車(3:12)△ジャンボタ・アマンジョル(カザフスタン)
エリオット・スチュアート(イギリス)○GS反則[指導3](GS2:04)△シュフラト・ボボエフ(ウズベキスタン)
バヒド・ヌーリ(イラン)○送襟絞(1:21)△アルトゥール・カバウカンテ=ダ=シウバ(ブラジル)
エリオス・ラチュマナヤ(フランス)○合技[肩車・横四方固](1:12)△廣瀬悠

【敗者復活戦】
ジャンボタ・アマンジョル(カザフスタン)○不戦△シュフラト・ボボエフ(ウズベキスタン)
アルトゥール・カバウカンテ=ダ=シウバ(ブラジル)○合技[外巻込・横四方固](1:39)△廣瀬悠

【準決勝】
エリオット・スチュアート(イギリス)○優勢[技有・払巻込]△オレクサンドル・ナザレンコ(ウクライナ)
バヒド・ヌーリ(イラン)○GS技有・隅落(GS1:34)△エリオス・ラチュマナヤ(フランス)

【3位決定戦】
エリオス・ラチュマナヤ(フランス)○縦四方固(1:04)△ジャンボタ・アマンジョル(カザフスタン)
オレクサンドル・ナザレンコ(ウクライナ)○内股(0:15)△アルトゥール・カバウカンテ=ダ=シウバ(ブラジル)

【決勝】
バヒド・ヌーリ(イラン)○内股(1:57)△エリオット・スチュアート(イギリス)

【日本代表選手勝ち上がり】

廣瀬悠(SMBC日興証券)
成績:7位


【1回戦】
廣瀬悠○GS反則[指導3](GS1:13)△アブデラハマン・シェトゥアン(アルジェリア)

【準々決勝】
廣瀬悠△合技[肩車・横四方固](1:12)○エリオス・ラチュマナヤ(フランス)

【敗者復活戦】
廣瀬悠△合技[外巻込・横四方固](1:39)○アルトゥール・カバウカンテ=ダ=シウバ(ブラジル)

■ 男子100kg級
eJudo Photo
100kg級を制したクリストファー・スケリー。
(photo: IBSA)

eJudo Photo
決勝は得意の巴投で「技有」を奪って勝利。(photo: IBSA)

(エントリー10名)

【入賞者】
1.SKELLEY, Christopher (GBR)
2.GOODRICH, Ben (USA)
3.KHALILOV, Sharif (UZB)
3.SHEVCHENKO, Anatolii (RPC)
5.DA SILVA, Antonio Tenorio (BRA)
5.UPMANN, Oliver (GER)
7.MATSUMOTO, Yoshikazu (JPN)
7.BASOC, Ion (MDA)

【成績上位者】
優 勝:クリストファー・スケリー(イギリス)
準優勝:ベン・グッドリッチ(アメリカ)
第三位:シャリフ・ハリロフ(ウズベキスタン)、アナトリー・シェフチェンコ(ロシア)

【1回戦】
シャリフ・ハリロフ(ウズベキスタン)○GS大外返(GS0:23)△ケナン・アブドラハンル(アゼルバイジャン)
イオン・バソク(モルドバ)○優勢[技有・隅落]△エルラン・ウテポフ(カザフスタン)

【準々決勝】
クリストファー・スケリー(イギリス)○腕挫十字固(1:13)△シャリフ・ハリロフ(ウズベキスタン)
オリバー・ウプマン(ドイツ)○小外刈(0:31)△松本義和
アントニオ=テノリオ・ダシ=ウバ(ブラジル)○隅落(3:54)△イオン・バソク(モルドバ)
ベン・グッドリッチ(アメリカ)○GS技有・小外掛(GS1:48)△アナトリー・シェフチェンコ(ロシア)

【敗者復活戦】
シャリフ・ハリロフ(ウズベキスタン)○内股(1:14)△松本義和
アナトリー・シェフチェンコ(ロシア)○巴投(0:36)△イオン・バソク(モルドバ)

【準決勝】
クリストファー・スケリー(イギリス)○小外掛(1:57)△オリバー・ウプマン(ドイツ)
ベン・グッドリッチ(アメリカ)○GS崩上四方固(GS3:32)△アントニオ=テノリオ・ダシ=ウバ(ブラジル)

【3位決定戦】
シャリフ・ハリロフ(ウズベキスタン)○GS合技[大外刈・隅落](GS1:47)△アントニオ=テノリオ・ダシ=ウバ(ブラジル)
アナトリー・シェフチェンコ(ロシア)○横落(3:15)△オリバー・ウプマン(ドイツ)

【決勝】
クリストファー・スケリー(イギリス)○優勢[技有・巴投]△ベン・グッドリッチ(アメリカ)

【日本代表選手勝ち上がり】

松本義和(オルソグループ)
成績:7位


【準々決勝】
松本義和△小外刈(0:31)○オリバー・ウプマン(ドイツ)

【敗者復活戦】
松本義和△内股(1:14)○シャリフ・ハリロフ(ウズベキスタン)

■ 男子100kg超級
eJudo Photo
100kg超級優勝のドゥルサダフ・カリモワ。
(photo: IBSA)

(エントリー10名)

【入賞者】
1.KHEIROLLAHZADEH, Mohammadreza (IRI)
2.CHIKOIDZE, Revaz (GEO)
3.ZAKIYEV, Ilham (AZE)
3.CHOI, Gwang Geun (KOR)
5.SHARIPOV, Shirin (UZB)
5.FERNANDEZ SASTRE, Yordani (CUB)
7.SUBBA, Theador (JAM)
7.MASAKI, Kento (JPN)

【成績上位者】
優 勝:モハンマドレザ・ヘイルッラーザデー(イラン)
準優勝:レバズ・チコイゼ(ジョージア)
第三位:イルハム・ザキエフ(アゼルバイジャン)、チェ・グァングン(韓国)

【1回戦】
イルハム・ザキエフ(アゼルバイジャン)○GS技有・浮技(GS2:29)△ジャック・ホジソン(イギリス)
ヨルダニ・フェルナンデス=サストレ(キューバ)○大内刈(0:07)△ウィリアンス・アラウジョ(ブラジル)

【準々決勝】
モハンマドレザ・ヘイルッラーザデー(イラン)○合技[体落・上四方固](1:48)△シアドル・サバ(ジャマイカ)
チェ・グァングン(韓国)○GS技有・払巻込(GS3:13)△イルハム・ザキエフ(アゼルバイジャン)
シリン・シャリポフ(ウズベキスタン)○GS技有・隅落(GS0:18)△ヨルダニ・フェルナンデス=サストレ(キューバ)
レバズ・チコイゼ(ジョージア)○合技[裏投・上四方固](2:16)△正木健人

【敗者復活戦】
イルハム・ザキエフ(アゼルバイジャン)○送襟絞(2:05)△シアドル・サバ(ジャマイカ)
ヨルダニ・フェルナンデス=サストレ(キューバ)○合技[一本背負投・一本背負投](1:33)△正木健人

【準決勝】
モハンマドレザ・ヘイルッラーザデー(イラン)○合技[支釣込足・横四方固](3:24)△チェ・グァングン(韓国)
レバズ・チコイゼ(ジョージア)○GS反則[DH](GS0:22)△シリン・シャリポフ(ウズベキスタン)
※立ち姿勢から腕挫腋固の形で体を捨てたことによる

【3位決定戦】
イルハム・ザキエフ(アゼルバイジャン)○不戦△シリン・シャリポフ(ウズベキスタン)
チェ・グァングン(韓国)○隅落(1:29)△ヨルダニ・フェルナンデス=サストレ(キューバ)

【決勝】
モハンマドレザ・ヘイルッラーザデー(イラン)○崩上四方固(2:40)△レバズ・チコイゼ(ジョージア)

【日本代表選手勝ち上がり】

正木健人(三菱オートリース)
成績:7位


【準々決勝】
正木健人△合技[裏投・上四方固](2:16)○レバズ・チコイゼ(ジョージア)

【敗者復活戦】
正木健人△合技[一本背負投・一本背負投](1:33)○ヨルダニ・フェルナンデス=サストレ(キューバ)

※ eJudoメルマガ版8月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る