PAGE TOP ↑
eJudo

瀬戸勇次郎が銅メダル開幕、かつてのツアー常連シリンリが60kg級で金メダル/東京パラリンピック柔道競技第1日

(2021年8月27日)

※ eJudoメルマガ版8月21日掲載記事より転載・編集しています。
瀬戸勇次郎が銅メダル開幕、かつてのツアー常連シリンリが60kg級で金メダル
東京パラリンピック柔道競技第1日
eJudo Photo
敗者復活戦を戦う瀬戸勇次郎
Photo:IBSA

東京パラリンピック柔道競技が27日、日本武道館で開幕。初日は男女合わせて4階級の競技が行われ、日本勢は男子66kg級の瀬戸勇次郎(福岡教育大)が銅メダルを獲得した。

瀬戸は1回戦を得意の大内刈で一本勝ち。準々決勝で優勝したウチクン・クランバエフ(ウズベキスタン)に大外刈と釣込腰の合技「一本」で敗れたが、アージム・ムンフバト(モンゴル)との敗者復活戦は大内刈「技有」を奪われながらも大内刈「一本」で逆転勝利。ギオルギ・ガムジャシュビリ(ジョージア)を畳に迎えた3位決定戦は37秒に大内刈を返されて万事休したと思われたが、これが「技有」に留まると、1分31秒に隅落「技有」で追いつき、2分6秒には鮮やかな内股透を決めて一本勝ち。初のパラリンピック出場で、堂々銅メダルを獲得した。決勝はクランバエフがセルヒオ・イバニェス バニョン(スペイン)をGS延長戦の外巻込「技有」で破り、初のパラリンピック金メダルを獲得した。

男子60kg級の平井孝明(熊本県立盲学校教)は7位だった。金メダルは2018年までワールドツアーでも活躍し、2017年グランプリ・タシケントでも優勝しているブガル・シリンリ(アゼルバイジャン)が攫った。

eJudo Photo
準々決勝、藤原由衣が内股巻込を仕掛け続けて勝利をもぎ取る
Photo:IBSA

女子48kg級の半谷静香(トヨタループス)と同52kg級の藤原由衣(モルガン・スタンレー・グループ)はともに5位。半谷は初戦(準々決勝)で優勝したシャハナ・ハジエワ(アゼルバイジャン)に送襟絞「一本」で敗れたが、敗者復活戦でエジェム・タスン(トルコ)に「技有」ビハインドを逆転しての一本勝ちで3位決定戦進出。ここで力尽き、ユリア・イバニツカ(ウクライナ)に払巻込「技有」で屈した。

藤原は準々決勝で実力者バスティ・サファロワ(アゼルバイジャン)を相手に粘り続け、試合時間8分4秒を掛けて「指導3」をもぎ取る健闘。準決勝は優勝したシェリン・アブドゥルラウイ(アルジェリア)に払腰で一本負け、3位決定戦はアレシャ・ステパニュク(ロシア)に隅返と崩上四方固「一本」で敗れた。

各階級の入賞者と全試合の結果、日本代表選手の勝ち上がりは下記。

■ 男子60kg級
eJudo Photo
60kg級メダリスト。
Photo:IBSA

eJudo Photo
60kg級決勝、ブガル・シリンリがアヌアル・サリエフから一本背負投「技有」先行
Photo:IBSA

(エントリー12名)

【入賞者】
1.SHIRINLI, Vugar (AZE)
2.SARIYEV, Anuar (KAZ)
3.CIFTCI, Recep (TUR)
3.BOLOGA, Alex (ROU)
5.BLANCO, Marcos Dennis (VEN)
5.NAMOZOV, Sherzod (UZB)
7.HIRAI, Takaaki (JPN)
7.SUKHBAATAR, Yadamdorj (MGL)

【成績上位者】
優 勝:ブガル・シリンリ(アゼルバイジャン)
準優勝:アヌアル・サリエフ(カザフスタン)
第三位:レジェプ・チフトジ(トルコ)、アレックス・ボロガ(ルーマニア)

【1回戦】
平井孝明○合技[巴投・縦四方固](2:32)△ティエゴ・マルケス(ブラジル)
レジェプ・チフトジ(トルコ)○合技[巴投・横四方固](2:06)△ヘンリー・ボルヘス(ウルグアイ)
マルコスデニス・ブランコ(ベネズエラ)○優勢[技有・横分]△イシャク・ウルドクイデル(アルジェリア)
スフバータル・ヤダムドルジ(モンゴル)○合技[巴投・谷落](0:46)△ズラブ・ズラビアニ(ジョージア)

【準々決勝】
アレックス・ボロガ(ルーマニア)○腕挫十字固(2:02)△平井孝明
ブガル・シリンリ(アゼルバイジャン)○合技[背負投・支釣込足](3:38)△レジェプ・チフトジ(トルコ)
マルコスデニス・ブランコ(ベネズエラ)○優勢[技有・出足払]△シェルゾド・ナモゾフ(ウズベキスタン)
アヌアル・サリエフ(カザフスタン)○優勢[技有・一本背負投]△スフバータル・ヤダムドルジ(モンゴル)

【敗者復活戦1回戦】
シェルゾド・ナモゾフ(ウズベキスタン)○袖車絞(0:56)△イシャク・ウルドクイデル(アルジェリア)

【敗者復活戦2回戦】
レジェプ・チフトジ(トルコ)○横四方固(3:06)△平井孝明
シェルゾド・ナモゾフ(ウズベキスタン)○合技[出足払・出足払](2:34)△スフバータル・ヤダムドルジ(モンゴル)

【準決勝】
ブガル・シリンリ(アゼルバイジャン)○GS技有・一本背負投(GS1:24)△アレックス・ボロガ(ルーマニア)
アヌアル・サリエフ(カザフスタン)○合技[一本背負投・隅返](2:22)△マルコスデニス・ブランコ(ベネズエラ)

【3位決定戦】
レジェプ・チフトジ(トルコ)○送襟絞(1:27)△マルコスデニス・ブランコ(ベネズエラ)
アレックス・ボロガ(ルーマニア)○GS反則[指導3](GS2:17)△シェルゾド・ナモゾフ(ウズベキスタン)

【決勝】
ブガル・シリンリ(アゼルバイジャン)○合技[一本背負投・内股](3:40)△アヌアル・サリエフ(カザフスタン)

eJudo Photo
敗者復活戦を戦う平井孝明
Photo:IBSA

【日本代表選手勝ち上がり】

平井孝明(熊本県立盲学校)
成績:7位


【1回戦】
平井孝明○合技[巴投・縦四方固](2:32)△ティエゴ・マルケス(ブラジル)

【準々決勝】
平井孝明△腕挫十字固(2:02)○アレックス・ボロガ(ルーマニア)

【敗者復活戦】
平井孝明△横四方固(3:06)○レジェプ・チフトジ(トルコ)

■ 男子66kg級
eJudo Photo
66kg級メダリスト。優勝はウチクン・クランバエフ(左から2人目)
Photo:IBSA

(エントリー12名)

【入賞者】
1.KURANBAEV, Uchkun (UZB)
2.IBANEZ BANON, Sergio (ESP)
3.SETO, Yujiro (JPN)
3.ABASLI, Namig (AZE)
5.GAMJASHVILI, Giorgi (GEO)
5.KHORAVA, Davyd (UKR)
7.AAJIM, Munkhbat (MGL)
7.RUDENKO, Viktor (RPC)

【成績上位者】
優 勝:ウチクン・クランバエフ(ウズベキスタン)
準優勝:セルヒオ・イバネス=バノン(スペイン)
第三位:瀬戸勇次郎、ナミグ・アバスリ(アゼルバイジャン)

【1回戦】
アージム・ムンフバト(モンゴル)○浮落(1:48)△ウェーン・フィップス(オーストラリア)
瀬戸勇次郎○大内刈(3:00)△エドゥアルド・ガウト=ガレゴス(アルゼンチン)
セルヒオ・イバネス=バノン(スペイン)○袖車絞(2:10)△ルイス=ハブディエル・ペレス(プエルトリコ)
ビクトル・ルデンコ(ロシア)○合技[横分・崩上四方固](1:12)△ロバート・タナカ(アメリカ)

【準々決勝】
ダビド・ホラワ(ウクライナ)○一本背負投(3:45)△アージム・ムンフバト(モンゴル)
ウチクン・クランバエフ(ウズベキスタン)○合技[大外刈・釣込腰](0:55)△瀬戸勇次郎
セルヒオ・イバネス=バノン(スペイン)○GS技有・隅落(GS1:29)△ナミグ・アバスリ(アゼルバイジャン)
ギオルギ・ガムジャシビリ(ジョージア)○一本背負投(1:49)△ビクトル・ルデンコ(ロシア)

【敗者復活戦1回戦】
ナミグ・アバスリ(アゼルバイジャン)○腕挫十字固(1:07)△ルイス=ハブディエル・ペレス(プエルトリコ)

【敗者復活戦2回戦】
瀬戸勇次郎○大内刈(3:23)△アージム・ムンフバト(モンゴル)
ナミグ・アバスリ(アゼルバイジャン)○優勢[技有・一本背負投]△ビクトル・ルデンコ(ロシア)

【準決勝】
ウチクン・クランバエフ(ウズベキスタン)○崩上四方固(2:43)△ダビド・ホラワ(ウクライナ)
セルヒオ・イバネス=バノン(スペイン)○合技[肩車・肩車](0:43)△ギオルギ・ガムジャシビリ(ジョージア)

【3位決定戦】
瀬戸勇次郎○内股透(2:06)△ギオルギ・ガムジャシビリ(ジョージア)
ナミグ・アバスリ(アゼルバイジャン)○優勢[技有・横落]△ダビド・ホラワ(ウクライナ)

【決勝】
ウチクン・クランバエフ(ウズベキスタン)○GS技有・外巻込(GS0:27)△セルヒオ・イバネス=バノン(スペイン)

【日本代表選手勝ち上がり】

瀬戸勇次郎(福岡教育大)
成績:3位


【1回戦】
瀬戸勇次郎○大内刈(3:00)△エドゥアルド・ガウト=ガレゴス(アルゼンチン)

【準々決勝】
瀬戸勇次郎△合技[大外刈・釣込腰](0:55)○ウチクン・クランバエフ(ウズベキスタン)

【敗者復活戦】
瀬戸勇次郎○大内刈(3:23)△アージム・ムンフバト(モンゴル)

【3位決定戦】
瀬戸勇次郎○内股透(2:06)△ギオルギ・ガムジャシビリ(ジョージア)

■ 女子48kg級
eJudo Photo
48kg級優勝のシャハナ・ハジエワ。決勝で連覇を狙うサンドリーヌ・マルティネ(フランス)を破った。
Photo:IBSA

(エントリー9名)

【入賞者】
1.HAJIYEVA, Shahana (AZE)
2.MARTINET, Sandrine (FRA)
3.POTAPOVA, Viktoriia (RPC)
3.IVANYTSKA, Yuliia (UKR)
5.LEE, Kai Lin (TPE)
5.HANGAI, Shizuka (JPN)
7.LI, Liqing (CHN)
7.TASIN, Ecem (TUR)

【成績上位者】
優 勝:シャハナ・ハジエワ(アゼルバイジャン)
準優勝:サンドリーヌ・マルティネ(フランス)
第三位:ビクトリア・ポタポワ(ロシア)、ユリア・イワニツカ(ウクライナ)

【1回戦】
ビクトリア・ポタポワ(ロシア)○GS技有・浮技(GS1:54)△カルメン・ブルシヒ(ドイツ)

【準々決勝】
サンドリーヌ・マルティネ(フランス)○横四方固(0:33)△リ・リチン(中国)
ユリア・イワニツカ(ウクライナ)○優勢[技有・大外返]△リ・カイリン(台湾)
シャハナ・ハジエワ(アゼルバイジャン)○送襟絞(0:48)△半谷静香
ビクトリア・ポタポワ(ロシア)○GS反則[指導3](GS0:58)△エジェム・タシュン(トルコ)

【敗者復活戦1回戦】
エジェム・タシュン(トルコ)○GS腕挫十字固(GS1:07)△カルメン・ブルシヒ(ドイツ)

【敗者復活戦2回戦】
リ・カイリン(台湾)○不戦△リ・リチン(中国)
半谷静香○合技[一本背負投・横四方固](3:55)△エジェム・タシュン(トルコ)

【準決勝】
サンドリーヌ・マルティネ(フランス)○横四方固(2:08)△ユリア・イワニツカ(ウクライナ)
シャハナ・ハジエワ(アゼルバイジャン)○袖釣込腰(0:21)△ビクトリア・ポタポワ(ロシア)

【3位決定戦】
ビクトリア・ポタポワ(ロシア)○腕挫十字固(1:04)△リ・カイリン(台湾)
ユリア・イワニツカ(ウクライナ)○優勢[技有・払巻込]△半谷静香

【決勝】
シャハナ・ハジエワ(アゼルバイジャン)○GS合技[隅落・大内刈](GS0:40)△サンドリーヌ・マルティネ(フランス)

eJudo Photo
3位決定戦を戦う半谷静香。
Photo:IBSA

【日本代表選手勝ち上がり】

半谷静香(トヨタループス)
成績:5位


【準々決勝】
半谷静香△送襟絞(0:48)○シャハナ・ハジエワ(アゼルバイジャン)

【敗者復活戦】
半谷静香○合技[一本背負投・横四方固](3:55)△エジェム・タシュン(トルコ)

【3位決定戦】
半谷静香△優勢[技有・払巻込]○ユリア・イワニツカ(ウクライナ)

■ 女子52kg級
eJudo Photo
52kg級決勝、シェリーヌ・アブデラウィがプリシラ・ガニェを攻める
Photo:IBSA

(エントリー9名)

【入賞者】
1.ABDELLAOUI, Cherine (ALG)
2.GAGNE, Priscilla (CAN)
3.STEPANIUK, Alesia (RPC)
3.NIKOLAYCHYK, Nataliya (UKR)
5.FUJIWARA, Yui (JPN)
5.BRUSSIG, Ramona (GER)
7.CARDOSO, Karla (BRA)
7.SAFAROVA, Basti (AZE)

【成績上位者】
優 勝:シェリーヌ・アブデラウィ(アルジェリア)
準優勝:プリシラ・ガニェ(カナダ)
第三位:アレシア・ステパニュク(ロシア)、ナタリア・ニコライチク(ウクライナ)

【1回戦】
ナタリア・ニコライチク(ウクライナ)○合技[大外刈・崩上四方固](0:21)△メティニ・ウォンチョムハー(タイ)

【準々決勝】
プリシラ・ガニェ(カナダ)○優勢[技有・大内返]△アレシア・ステパニュク(ロシア)
ラモーナ・ブルシヒ(ドイツ)○合技[背負投・背負投](1:11)△カルラ・カルドゾ(ブラジル)
シェリーヌ・アブデラウィ(アルジェリア)○合技[裏投・横四方固](4:00)△ナタリア・ニコライチク(ウクライナ)
藤原由衣○GS反則[指導3](GS4:04)△バスティ・サファロワ(アゼルバイジャン)

【敗者復活戦】
アレシア・ステパニュク(ロシア)○体落(3:28)△カルラ・カルドゾ(ブラジル)
ナタリア・ニコライチク(ウクライナ)○送襟絞(0:31)△バスティ・サファロワ(アゼルバイジャン)

【準決勝】
プリシラ・ガニェ(カナダ)○外巻込(0:23)△ラモーナ・ブルシヒ(ドイツ)
シェリーヌ・アブデラウィ(アルジェリア)○払腰(1:09)△藤原由衣

【3位決定戦】
アレシア・ステパニュク(ロシア)○合技[隅返・崩上四方固](1:56)△藤原由衣
ナタリア・ニコライチク(ウクライナ)○横四方固(0:56)△ラモーナ・ブルシヒ(ドイツ)

【決勝】
シェリーヌ・アブデラウィ(アルジェリア)○合技[小内刈・巴投](1:06)△プリシラ・ガニェ(カナダ)

【日本代表選手勝ち上がり】

藤原由衣(モルガン・スタンレー・グループ)
成績:5位


【準々決勝】
藤原由衣○GS反則[指導3](GS4:04)△バスティ・サファロワ(アゼルバイジャン)

【準決勝】
藤原由衣△払腰(1:09)○シェリーヌ・アブデラウィ(アルジェリア)

【3位決定戦】
藤原由衣△合技[隅返・崩上四方固](1:56)○アレシア・ステパニュク(ロシア)

※ eJudoメルマガ版8月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る